8100番台

8100番台

8100番台(PJ-LV234N1)は、2007年に登場した大型長尺ワンステップバス。

車両

従来から都内最混雑地区である赤羽駅周辺、とりわけ赤53(赤羽駅西口-ときわ台駅)の乗客に対応するため、座席を削減させて立席定員を増やした6600番台を増備や他営業所から転入させて対策を取ってきた。しかし、これらが限界に達したことから、より多くの乗客を輸送できる車両の増備が決定、8100番台として赤羽に4台が導入された。

導入は4台で終わり、これ以降は新型式の8200番台が増備されることとなった。

外観

6600番台よりホイールベースが長くなったが、基本的には6600番台をそのまま長尺とした形である。

内装

中扉向かい側に当初から座席を設置していない代わりに、後ろから3列目の座席が2人掛けとなっている。

運用

上記の赤53と桐ヶ丘循環に限定投入していたが、後継の8200番台が増備された現在では赤27(赤羽駅東口-西新井駅)などの環七系統をはじめとする管内全路線で運用している。

平成19年度 PJ-LV234N1

社番 所属 登録番号 転属履歴
(最終配置)
摘要 出入口表示 車検月
8101 赤羽 練馬200か1756 SP 7
8102 赤羽 練馬200か1758 SP 7
8103 赤羽 練馬200か1761 SP 7
8104 赤羽 練馬200か1762 SP 7

FrontPage >> 車両配置状況 >> 8100番台