朝12

【朝】系統に戻る.

朝12

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 朝霞駅南口 朝霞市役所・桜ヶ丘・末無川・水道道路入口・朝霞第五小学校 朝霞台駅 2003年11月16日新設 現在運行中 西浦和営業所 土曜・休日運休

路線解説

国際興業バスの全路線で朝霞台駅へ乗り入れる唯一の路線だが、朝霞台駅への乗り入れが開始されたのは1976年12月16日と古い。当時の練馬営業所が下赤01増15に代替廃止)の発着地を志木駅から朝霞台駅南口へ変更したことによるものだったが、同じ時期に西武バス新座営業所が朝霞台駅周辺を担当することとなったため、下赤01の本数は必要最小限に抑えられていた。

下赤01は1984年4月28日に増15(1)へ代替廃止された。朝霞台や朝霞・新座地区における西武バスの勢力が拡大していく中で細々と運行を続けていた国際興業バスも、長距離路線を中心に道路渋滞による遅延が多くなったため、増15(1)も1998年に朝43(朝霞台駅ー朝霞駅ー湯~ぐうじょう)に代替廃止された。

その朝43も2003年11月16日の大規模再編によって朝霞駅で分断、練馬営業所は朝霞地区から撤退したが、その分断された際の南側を引き継いだのがこの朝12である。現在のように平日早朝1往復のみの運行になったのは、朝霞地区のダイヤ改正が実施された2011年3月からである。なお、行先方向幕は相次ぐ路線移管・新設の影響からコマ不足が発生し、系統番号が省略されている。そのため朝霞駅方向は並行する朝11と共用していたが、LED車は当初から往復とも系統番号が表示されている。


朝霞駅発着路線のコマ不足による方向幕共用表(2003年11月16日当時)

系統番号 起点 主要経由地 行先 方向幕共用系統 共用系統との重複区間 路線廃止日
(空欄は2018年現在運行中)
備考
朝11 朝霞駅南口 末無川→水道道路入口 志木駅東口 朝51 全線
志木駅東口 水道道路入口→末無川 朝霞駅南口 朝12 水道道路入口→朝霞駅南口
朝12 朝霞駅南口 末無川→水道道路入口 朝霞台駅 朝52
朝52-3
全線 土曜・休日運休
朝霞台駅 水道道路入口→末無川 朝霞駅南口 朝11 水道道路入口→朝霞駅南口
朝13 朝霞駅南口 末無川/緑ヶ丘 朝霞駅南口 朝霞南口循環(系統番号表示)
朝50 花の木 湯~ぐうじょう 共用系統は無いが番号表示無し
2008年4月1日より朝霞駅東口発着へ変更
朝50-2 花の木→湯~ぐうじょう 西浦和車庫 朝51-2
朝52-2
全線 2010年2月8日 2008年4月1日より朝霞駅東口発着へ変更
朝霞駅を通る入庫系統は全て共通表示
朝51 湯~ぐうじょう 花の木→朝霞駅南口→末無川→水道道路入口 志木駅東口 朝11 朝霞駅南口→志木駅東口 2008年4月1日
朝51-2 志木駅東口 水道道路入口→末無川→朝霞駅南口→花の木→湯~ぐうじょう 西浦和車庫 朝50-2
朝52-2
水道道路入口→西浦和車庫 (旧)志02
朝霞駅を通る入庫系統は全て共通表示
朝52 湯~ぐうじょう 花の木→朝霞駅南口→末無川→水道道路入口 朝霞台駅 朝12
朝52-3
全線 (旧)朝43
朝52-2 朝霞台駅 水道道路入口→末無川→朝霞駅南口→花の木→湯~ぐうじょう 西浦和車庫 朝50-2
朝51-2
水道道路入口→西浦和車庫 (旧)朝43-2
朝霞駅を通る入庫系統は全て共通表示
朝52-3 新開入口 湯~ぐうじょう→花の木→朝霞駅南口→末無川→水道道路入口 朝霞台駅 朝12
朝52
湯〜ぐうじょう→朝霞台駅 (旧)朝43-3