「2011年 アクセンチュアマッチプレー」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

2011年 アクセンチュアマッチプレー」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+*2011年 アクセンチュアマッチプレー
 
+アメリカ合衆国、アリゾナ州マラナにあるザ・リッツ・カールトンGCで毎年開催されている、アクセンチュアの名前がついた大会、「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」。
+マーティン・カイマー(ドイツ)とルーク・ドナルド(イングランド)の2名による18ホールの決勝戦が行われました。結果は、ドナルドが3アンド2でカイマーをたおし、初めてのWGCタイトルを手にしました。
+
+序盤にペースをつかんだドナルドを、中盤カイマーが徐々に脅かしはじめました。後半に入ったところから、ドナルドが前半を再現するかのような好調な波を引き戻し、2ホールを残して勝利を決めました。
+
+なお、同日に行われた3位決定戦は、マット・クーチャーが2アンド1でバッバ・ワトソンを下しています。