三塁挑戦権


主に長打コースを打って、三塁への進塁を挑戦する時に用いる判定です。


【三塁挑戦権】

基礎 レフト:25% センター:35% ライト:45%


基本こうなってて、三塁に近い方の左翼側ほど判定は楽です。
逆にライトは一番遠いので一番きつい。


例にして出すと大阪桐生戦。
走力Aの真島さんがライト線にツーベース打って三塁に挑戦しました。
対抗判定として用いられたのが司波達也の肩F(当時)です。

基礎:45%

真島走力A―――司波肩F +50%

故に成功率95%、1d100で95以下でセーフです。

こういう計算式。
尚、あまり走塁に積極的でないキャラは基本挑戦権を放棄します。

4スレ目1968から


※ランナー1塁からの安打の時も使う。
最終更新:2018年06月15日 00:31