第3話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

岩沢さんが好きだからに決まっているだろう

データ

URL:https://www.nicovideo.jp/watch/sm11584630
投稿日:2010/07/17
再生時間:16:40
備考:「Angel_Broly!」タグが正式に使用され始める。

あらすじ

校長室では陽動班リーダー・岩沢まさみがゆりに新曲の披露をしてダメを喰らっていた。
気を取り直して、ゆりは天使エリア侵入作戦のリベンジ計画を発表する。
前回はブロリーが派手に潜入(乱入)して失敗したので、今回はKBCことハンドルネーム・タピオカパンが同行することとなった。
作戦前、音無はGirls Dead Monsterのライブポスターを貼っているユイと出会いガルデモの説明を受ける。
興味が出た音無と一緒にブロリーがガルデモの練習を見に行くと丁度休憩に入る所で、2人は岩沢の生前の話も聞くこととなった。
そして始まったガルデモのライブと天使エリア侵入作戦。
「触るな……それに、それに触るなあああああああ!!!」
教員たちの妨害が入る中、岩沢の叫びにブロリーが覚醒する。


セリフ書き起こし

+scene1:岩沢のバラード
(校長室でギターを弾く岩沢)
パラガス「美しい」
ブロリー「流石岩沢だぁ」
(ニヤリと笑うベジータ)
悟空「ダーメだお☆」
(殴り飛ばされる悟空)
ゆり「なぜ新曲がバラード?」
岩沢「いけない?」
ゆり「陽動にはね」
音無「そのー……陽動ってのh」
岩沢「で? ダメなの?」
ゆり「……バラードはちょっとね」
音無「陽動ってのh」
岩沢「そ、じゃあボツね」
(ニヤつくトランクス)
ゆり「それじゃあ気を取り直して、総員に通達する。今回のオペレーションは、天使エリア侵入作戦のリベンジを行う」
高松「その作戦ですか……ですが、前回は」
(回想:前回)
(ブロリー潜入中)
ブロリー「此処かぁ……フフフ!」
(ドアをぶち破って入るブロリー)
ブロリー「潜入成功!」
(すぐに天使に見つかるブロリー)
ブロリー「ヘアッ!? ま、待て! 話せばわかる! 交渉を! アアアアアア」
(回想終わり)
ブロリー「ンンンン……!」
ゆり「今回は、彼が作戦に同行する」
ブロリー「誰だぁ?」
KBC「Y!△'倍数@& §∇&☆倍数%○#?*!@&%(多分自己紹介的な何か)」
ブロリー「……。○%×$☆♭い#△!r※b(多分挨拶的な何か)ッハッハッハッウ!」
ゆり「前回の侵入作戦では、我々の頭脳の至らなさを露呈させてしまった。しかし! 今回は、天才ハッカーの名を欲しいがままにする彼、ハンドルネーム」
KBC「タピオカパン!」
ゆり「を作戦チームに登用。エリアの調査を綿密に行う!」
音無「でー? 天使エリアってのは?」
日向「天使の住処だ」
音無「天使の住処……どんな所に住んでるんだ?」
(名前を言ってはいけないあの城のイメージ)
ゆり「その何処かに神に通じる手段があるの。ガルデモにはいっちょ派手にやってもらわないとね」
岩沢「フッ……了解」
(気を高めるブロリー)
ゆり「アナタは天使の侵攻を阻止するバリケード班。それぞれ指定のポジションで武装待機」
ブロリー「(´・ω・`)」
(気を高めるベジータ)
ゆり「指定のポジションで武装待機」
ベジータ「なにっ!? こ、殺される……奴は伝説の超サイヤ人なんだぁ! 勝てる訳がないよ!」
(気を高める悟空)
ゆり「武装待機」
悟空「しょうがねぇなぁ~」
パラガス「ひ、避難」
(サスケェ)
パラガス「することはない」
+scene2:ユイにゃん
(ガルデモのポスターを貼るユイ)
ブロリー「なんだ?」
音無「これが例の派手な陽動ってヤツか」
ユイ「うわあ!?」
ブロリー「あぁい!?」
音無「ああごめん、驚かせたか」
ユイ「ああ、アナタでしたか」
ブロリー「はい、ブロリーです」
ユイ「はい!」
ブロリー「はい」
ユイ「はい!」
ブロリー「はい」
ユイ「はい!」
ブロリー「はい」
トランクス「ハイ!」
ブロリー「はiヘアッ!?」
(殴り飛ばされるトランクス)
ユイ「いつもでかい斧持って歩いてる先輩が、奴は災悪をもたらすから注意しろーとかなんとか言ってましたー!」
ブロリー「誰だぁそれ?」
(ポコピー)
ブロリー「お前かぁ!」
ピッコロ「クソマァ!」
ブロリー「人の悪口を言うムシケラは血祭りに上げてやる」
(岩盤に顔を押し付けられるベジータ)
ベジータ「俺じゃない、俺じゃないYO……」
ユイ「今回の作戦は、そうしてでも人を集める必要があると聞きました!」
音無「Girls Dead Monsterねぇ……」
ブロリー「ってなんだ?」
パラガス「ブロリー……ご存知、ないのですか!?」
ブロリー「親父ぃ」
パラガス「ガルデモというものをご教授しよう!」
♪特戦隊 特戦隊
♪リクーム! バータ! ジース! グルド! おっ、ギニュー!
♪み、ん、な、揃、ってー!
♪ギニュー特戦隊!
パラガス「という訳だぁ!」
ブロリー「……!」
トランクス「嘘です!」
ブロリー「……?」
トランクス「全て嘘です!」
ブロリー「!!」
パラガス「全てはトランクスの言う通りだ。その気になっていたお前の姿はお笑いだったぜ」
(激昂するブロリー、ポッドに乗り込むパラガス)
パラガス「光の速さで避難」
ブロリー「出来ると思っていたのか?」
(投げられる一人用のポッド)
音無「ところで、えーっと……」
ユイ「ユイです! まだ陽動班の下っ端ですが」
ブロリー「カワイイ!」
ユイ「あ、でも、それでも満足です!」
ブロリー「ホンットオオオにカワイイ!」
ユイ「ガルデモのお手伝いですよ!? 知ってますか?」
ブロリー「マジカワイイ!」
ユイ「凄いんですよガルデモ!」
ブロリー「ウオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」
パラガス「やめろブロリー! 落ち着けぇ!」
ブロリー「はい」
+scene3:ミンキーモモ
(空き教室で練習するガルデモを覗いている音無)
ひさ子「あっ」
(切れるギターの弦)
\デデーン/
ひさ子「悪い、すぐ張り直す」
岩沢「ふぅ……じゃあ休憩。……?」
ブロリー「やぁ、岩沢。ブロリーです」
岩沢「……」
ブロリー「フフフ! カッコイイしカワイイ岩沢……ん?」
(岩沢に誰かの面影を見るブロリー)
ブロリー「ハマーンか?」
パラガス「落ち着けぇ!」
(テラスで休む岩沢)
音無「すげぇ熱だった。確かに一般生徒が熱狂的になるのも頷けるよ。思わず聴き入った」
ブロリー「クズ(クリリン)とは、一味も二味も違う!」
岩沢「アンタ……記憶がないんだってね?」
音無「まぁな」
ブロリー「え!? そんな話聞いてないぞ!?」
ベジータ「(¬_¬)」
ブロリー「なんだぁその顔は?」
パラガス「やめろベジータ王! その顔やめるんだぁ! このままでは宇宙を破壊し尽くしてしまう! ゆり、お助けください!」
ゆり「必要な犠牲だ」
パラガス「クソォ……運命か」
\デデーン/
(音無からゆりの過去を聞いたと言われた岩沢)
岩沢「アレは最悪だよ。アタシのはそこまで酷くない」
音無「そこまで?」
岩沢「大した話じゃないってば。かつてサイド3を支配していたザビ家の復興をできなかった。それだけ」
ブロリー「ハマーンだ、絶対ハマーンだ!」
パラガス「まさかハマーンなどと。そのようなことがあろうハズがございません」
ひさ子「ハマーン様!」
ブロリー「ヘアッ!?」パラガス「ゑゑゑっ!?」
岩沢「ああ、ひさ子。OK?」
ひさ子「アクシズ、移動を開始します!」
音無「……」
岩沢「記憶なし俗物!」
(ペットボトルを投げ渡す岩沢)
岩沢「今日は楽しかった」
パラガス「……ブロr」
ブロリー「不愉快だな。生の感情を丸出しで戦うなど……こ」
パラガス「落ち着けぇ!」
+scene4:天才ハッカー(物理)
(体育館のライブステージ、幕が上がる)
岩沢「さぁ、派手にやろうぜ!」
(同時刻、天使エリアに侵入するゆりたち)
日向「クリア!」
ゆり「よし、まずは侵入成功ね。ドア閉めなさいよ! 竹山くんはコンピュータの方よろしく」
KBC「アアアアア!! (出番キタコレ!!!)」
(Macrocsoft Winding XO)
KBC「(あぁん!? パスワード!? そんな安いセキュリティで俺は止めらんねぇぞぉぉおぉぉ!!!)」
(complete)
KBC「(キタァァァァァァァァァァァァァァァ!!! 気合入ってきた! 天使ちゃんマジ天使! 天使ちゃんマジ天使! 天使ちゃんマジ天使! 天使ちゃんマジ天使! 天使ちゃんマジt)」
(ブルースクリーン)
KBC「(死ねッッッ!!! 何でこうなった!? 死ぃぃぃいぃねぇぇえぇぇぇ!!! どうしていつもこうなんだよぉぉぉ!?)」
(ライブをするガルデモ:Alchemy)
(盛り上がる館内、ひとりサボっているベジータを踏み潰すブロリー)
ベジータ「うぁああ!?」
教員A「コラァお前たち! 何をしている!?」
教員B「大人しく寮に戻れ!」
ベジータ「なんだ貴様ら?」
ブロリー「指導者どもか。すぐに血祭りに上げてやる!」
悟空「さぁ始めっか!」
ベジータ「甘く見るなよ?」
(飛び掛かる3人に使徒ビームを放つ教員A)
遊佐(通信)「陽動班、取り押さえられました。天使は戻ります」
ゆり「チッ、ここまでね」
KBC「(それはどぉうでしょう? まだ俺は諦めちゃいないZE)。アアアアアア○#?*!@&%」
ゆり「退散するわよ」
KBC「(嫌ぁぁぁぁあぁぁぁあぁぁッッ!!!! まだ終わっちゃいねぇ!!)アアアアアアアアテンノウヘイカバンザアアアア」
(詳細なデータが表示されるPC)
KBC「フゥゥオアアアアアアアアアアア↑↑」
+scene5:本当の僕らを
(ステージ上で取り押さえられるガルデモ、反発するNPCたち、気を失っている悟空、黒髪に戻り目を閉じるブロリー)
ベジータ「勝てっこない……奴は伝説の超ティーチャーなんだ……! 勝てる訳がないよ!」
NPCならず者A「クッソ! ふざけんなよ!」
NPCならず者B「やめたげてぇ!」
NPC生徒A「俺たちのためなんだよ! 放してやってくれよ!」
悟飯ボイス「やめろー! なんて酷いことするんだ!」
(悲しむユイ、)
教員A「今までは大目に見てやってただけだ。図に乗るな!」
トランクス「あんな奴を生かしておいたら、宇宙は破壊し尽くされてしまう!」
(そっと立ち去る天使)
教員A「楽器は全て没収だ」
マッ「待てーッ!」
教員A「誰だお前は!?」
マッ「ガルデモ少女に味方する男、スパイダーマッ!!」
(駆けろ!スパイダーマンイントロ)
マッ「あどけない子どもの命を脅かす鉄十字団……許せん!!」
(使徒ビームを放つ教員A)
教員A「二度とこんなマネはさせんぞ!」
岩沢「ッ!!」
(岩沢のギターを乱暴に持ち上げる教員A)
教員A「フン、これは捨てても構わないなぁ?」
岩沢「触るな……」
教員A「ああ?」
(髪が金色になるブロリー)
岩沢「それに」
(薄っすらと目を開けるブロリー)
岩沢「それに触るなあああああああ!!!」
(フラッシュバックする岩沢の姿、覚醒するブロリー)
(ブロリーのテーマオーケストラアレンジ)
ブロリー「ウオアアアアデヤッ!!」
(岩沢を捕まえていた教員Cを攻撃し、放させるブロリー)
ブロリー「ギィィィィ、ギィ、フウン!」
(教員Aを気弾を持った手で殴り飛ばすブロリー)
教員B「やめんかぁ!」
(頭突きで教員Bから逃げるひさ子)
教員B「待てぇ!」
(北斗飛衛拳で教員Bをコケさせる遊佐、ギターを抱えて壁際に追い付いめられる岩沢)
教員たち「寄越せ!」
(音響室に辿り着くひさ子、ギターを弾き始める岩沢)
NPC「!?」「なんだ!?」
(唖然とする悟空とベジータ、ひさ子の操作で校内に届くMy song、聴き入る人々)
ユイ「新曲……?」
(館内に戻る天使)
ゆり「ッ、竹山くん!」
竹山(KBC)「はいタピオカパンとお呼びください!」
(ブルースクリーン)
岩沢(コレがアタシの人生なんだ……)
(喧嘩している両親と耳を塞ぐ岩沢、CDショップで試聴のためヘッドフォンを付ける岩沢、路上ライブをする岩沢、雨のゴミ置き場でギターを拾う岩沢)
(ステージでギターを弾き、歌っている岩沢)
岩沢(やっと見つけた……!)
(ステージ上に落ちるギター、唖然とする一同、見届けて立ち去る天使)
ひさ子「岩沢……?」
+scene6:条件
(自販機で飲み物を買う音無)
日向「わかったことをまとめてくれ、ゆりっぺ」
ゆり「竹山くんは犠牲になったのだ……古くから続く因縁、その犠牲にな……」
(※竹山はキーボードを完膚無きまでに破壊した瞬間、実に満足した顔で"消"えました)
高松「では、もう一つの案件です。岩沢さんは、何処に消えてしまったのか?」
(肩を落としているブロリー)
パラガス「只今一生懸命行方を調査させています。もうしばらくお時間を!」
ベジータ「影も形もなかった」
悟空「オラにもわかんねぇ。サイヤ人の気を追って……」
(キレるブロリー)
悟空「急ぎの用事ができちまったんで……オラ、ちょっくら行ってウアアアアア」
野田「天使に消されたんじゃないのか?」
ベジータ「ダニィ!?」
パラガス「そのようなことがあろうハズがございません」
日向「ライヴ中だぞ!?」
野田「じゃあ何が起きたって言うんだ」
大山「誰が一体、岩沢さんを……」
(ポコピーして登場した瞬間\デデーン/されるピッコロ)
ゆり「……誰も。あの子は犠牲になったのだ……それだけの話よ」
音無(消える条件は、天使の言いなりになって正しい学生生活を送る、それだけじゃなかったんだ……)
+ED:Brave Song
♪いつもひとりで歩いてた
♪振り返ると
マッ「孤独な少年のために戦う男、スパイダーマッ!」
(駆けろ!スパイダーマンイントロ)
(無視して進むベジータ)
♪孤独さえ愛し笑って
最終更新:2020年02月08日 19:01