9ボタン

ポップンミュージックのプレイスタイルの1つで、標準のスタイル。
基本的にノーマルハイパーEXの3種類の譜面が存在する。
シリーズの古い作品初出の曲にはハイパーEXが存在しない場合もある。
本来は多人数プレイ用として作られたが、9ボタンを一人で叩く現在のスタイルはユーザーが作り出したものであるという。

  • 5ボタンから9ボタンに移行する際、視野を広げたり押すボタンの数が増えるという2点に対応できないという経験があるかも。
    5ボタンの視野で見ていると「緑が一番端」という認識が染み込んで、本来の両端のポップ君を見落としやすく、ボタンが増えたことによって手に負えなく感じるからである。
    特に黄色ポップ君は見落としがち。
    手元のボタンの配置と、画面における対応するレーンの位置を体と感覚で覚えるのが、初心者から脱出するための第一歩だろう。
  • EASY譜面は、厳密にはプレイ中に押さないボタンがある9ボタン譜面と言える。
  • 譜面はそれぞれボタンの順番に対応した数字で表現される場合もある。左から順に…

    白=1 黄=2 緑=3 青=4 赤=5 青=6 緑=7 黄=8 白=9

    隠し曲の解禁でコマンド入力が必要な場合や、オフライン台での隠し要素解禁のオペレーターコマンドも全てボタンによる数字入力なので、配置と対応する数字を覚えておくとよいだろう。
    また攻略サイトなどで同時押しのボタン配置を言い表す時にも数字を使うこともある。
    例:左端の白黄緑の三角押し=1+2+3(単純に123とも)

関連用語

3ボタン
5ボタン
7ボタン
ノーマル
ハイパー
EX