マキシマムガルーダ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マキシマムガルーダ

アルファベット:mG
タイプ:スタミナ
世代:第3世代(ゴッドレイヤー)

コスト/ステータスデータ
重量/重量コスト 総合攻撃力 ロック 持久力 形状防御 神能力補正 (バースト力) (攻撃力) 総合コスト
9.84g/2 1 0 8 14 10 (1) (1) 41
※バースト力/攻撃力はコスト数値には計算されない(総合攻撃力として統合されている)が、参考に記載している。


バーストシリーズ最大径レイヤー。
その完全に丸い形状や色は過去シリーズのトライピオを彷彿させるが、その性能は逆の意味で期待を裏切るハイスペックスタミナタイプ。
ロック形状も特殊で、そもそもロックの山がなくぬるっと動くだけ。しかしそのロックの緩さも完全なる丸さによってある程度克服する。
ただし、明確な弱点も存在する。あまりに広いレイヤー面積のせいで少しの傾きで相手のレイヤーに潜り込んでしまい攻撃を受けてしまうという点だ。上からの攻撃に対してはほぼ無力と言って良いほどで、容易にバーストさせられてしまう。特に中心付近を陣取ることは上からの攻撃を受けやすくなる。序盤はなるべく外周〜中周を走らせてセンターを譲る動きも必要かもしれない。
一時期は環境を制圧するほどだったが、後発のディープカオスツインネメシスにスタミナ負けしてしまう、さらには環境に大発生しているスプリガンレクイエムにも強いとは言いがたく、瞬く間に個体数を減らしてしまった。
しかしながらほとんどのレイヤーを完封できることには変わりないので、特にデッキバトルなどではまだまだ力を発揮するだろう。
最終更新:2018年06月07日 13:36