230制限デッキバトル(3on3)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

230制限基本ルール(暫定)

デッキの総合コストの上限の規定値は230とする。(2019.4.14)
コストの低いベイから順に勝負を行う。
その他のルールは公式の3on3ルールに順ずるものとするが、ルールを使用するバトル主催者の裁量に委ねる。
(3on3ルール:3つベイを用意してバトルを行う。ゴッドチップを除く同じパーツは使用不可、
バトルさせる順番は最初に決め、途中変更は不可、
1つのベイにつきシュートは1度(どちらかがポイントを取った時点で次のバトルに移行)、
ドローの場合は再バトル、3試合で勝敗がつかない場合は再度順番を決め試合を続行。)

コスト計算について

友人がコスト計算機作ってくれました。総合コスト、ベイの単体コスト両方計算できる優れものです。
【ベイコストカリキュレーター】
作成者:Akira Miyauchi-【@miyauchoi】
メタルゴッドチップ、撃ゴッドチップ、レベルチップはコスト数値に影響しません。
また、明らかにロックが硬くなるエラー品パーツを使用する場合、パーツ1つごとにコストを5追加することとする。

ルールの特徴

メリット

  • 所謂「環境ベイ」のような強すぎるベイだけ使えば勝てる、というような状況が起こりにくい
  • 普段見ないパーツと戦える、試せる。
  • 好きなベイを使いやすい
  • 「同じくらいの強さ」のベイと戦える。

デメリット

  • 考えるのに時間がかかる
  • 比較的多めのパーツが必要。特に普段持ち歩かないパーツを使うことになるため、突発的にはこのルールは使いにくい。事前連絡が必要
  • ゴッドシリーズ以降に始めたブレーダーは所持パーツの関係でかなりコストオーバーしやすくなってしまう。(一応、超Z最初の3機アキレス、フォルネウス、ヴァルキリーのパーツのみならば合計229でギリギリ収まるが、ディスクが軽い上に安定感の低いドライバーも含まれているため。超Zシリーズをデッキ内で3つ使用することをまともに考えようと思うと、230制限は少々きつい。)

コスト計算例(デッキ)

ひとまずの例です。「相棒レイヤーに強いパーツ詰め込みまくる」とか、「全体のバランスをよくする」とか人により色々な編成方法があります。ぜひ「自分のやりたいこと」ができるデッキを見つけて見てください。

アタック詰め編成

ウイニングヴァルキリー.トリプル.ボルカニック」=61
ロストロンギヌス.ツー.デストロイ」=81
ゼットアキレス.グラビティ.エクストリーム」=85
合計227
リスクの高いアタック系のドライバーはコストが低めに設定されている。それを利用して強力な攻撃力を3戦全てにおいて発揮する編成。
特にコストが低くなりがち、つまりデュアル・シングルのベイが出てきやすい1戦目にウイニングヴァルキリーを使えるというのは大きなアドバンテージとなる。3戦通してコストのバランスがよく、安定して戦える。

スプリガンレクイエム全振り編成

ゼノエクスカリバー.トゥエルブ.ホールド」=34
キラーデスサイザー.インフィニティ.クロー」=51
スプリガンレクイエム.ゼロバンプ.ベアリング」=145
合計230
前半二つのベイのコストをかなり節約し、スプレクにパーツを全振りしてラストの1ポイントを確実に取れるようにした編成。
使いこなすのが難しいホールドを起用してコストを削減することで、アタックタイプとしてのゼノエクスカリバーの攻撃力も腐らせない。
次鋒として、確実にスプリガンレクイエムにつなぐためにバーストしにくいキラーデスサイザーを起用。

コスト計算例(単体)

あくまでも例です。今後のデータ更新などで数字が変わる場合があります。
ベイステータス早見表と照らし合わせたり、コストカリキュレーターを利用して計算してください。
最終更新:2018年06月05日 23:44