満天星国

民生用エアバイク「らうーるカー」

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 民生用エアバイク「らうーるカー」 RD:14 評価値:6
    • 部品: 概要
    • 部品: 搭乗資格
    • 大部品: 機体の特徴 RD:6 評価値:4
      • 部品: 軽快な運動性能
      • 部品: 上質な乗り心地
      • 部品: 操縦のしやすさ
      • 部品: 軍用エアバイクと変わらない地形踏破能力
      • 部品: 低燃費
      • 部品: ハンドルについて
    • 大部品: 構造 RD:6 評価値:4
      • 部品: フレーム構造
      • 部品: 前部風防・カウル
      • 部品: シート・タンデムシート
      • 部品: 重力制御機構
      • 部品: ロケット噴射機構
      • 部品: 姿勢制御用コンピューター



部品定義


部品: 概要

ピケ・アラウンドワールドをベースに偵察用電子機器などいくつかの装備をオミットしつつ機体バランスの調整が施され、走行中の安定性が向上した民生用エアバイクである。その名称は開発に尽力した摂政の名前に由来する。

部品: 搭乗資格

所属する藩国において所定の期間エアバイクの操縦訓練を受け、民生用エアバイク運転免許を取得していなければならない。軍用エアバイクの場合、操縦訓練を受けるには歩兵として一定の期間、戦闘訓練を受けている事が条件として求められたが、民生用の場合、これは免除される。

部品: 軽快な運動性能

ピケ・アラウンドワールドではピケ・パンツァーをベースに装甲・武装・側車などをオミットすることで高い出力を維持しつつ運動性能を向上させていた。民生用エアバイクでもこの特徴を受け継ぎ、出力は抑えつつも軽量化したフレームとカウルによって軽快な挙動を維持している。

部品: 上質な乗り心地

シート下部にはサスペンションを内蔵し、走行中の振動吸収を図るとともに、ラバーマウントハンドルを採用することで手に伝わる振動を低減し快適な乗り心地を追求している。

部品: 操縦のしやすさ

元来、ピケでは、歩兵が火器を取り回せるようフットペダルとシフトウェイト、補助するコンピューターだけで操縦されていた。民生用エアバイクでもその軽快な操縦性を受け継いでいる。

部品: 軍用エアバイクと変わらない地形踏破能力

宙を浮いて移動するため、基本的に走る場所を選ばないのがエアバイクの最大の特徴であると言えるだろう。民生用エアバイクでもこの特徴は十分に生かされており、山岳地帯のような極端に高低差のある地形でなければ存分にその力を発揮できる。

部品: 低燃費

民生用エアバイクの動作燃料に化石燃料は使用されていない。もっとも、これは軍用であるエアバイク・ピケと共通している。歩兵編成時のコストを抑えるための低燃費を目指した機体設計がそのまま生かされている。

部品: ハンドルについて

民生用にする際の変更点の一つとしてハンドルを設けた点がある。ヘッドライトやクラクションなどいくつかの装置をそちらに分散しており、運転中はハンドルを握ることが推奨される。もちろん通常のバイクとは異なりハンドルを切ることはできない。これは運転中の上体の安定性を考慮して、掴まる場所を用意すべきと判断されたためである。

部品: フレーム構造

アルミ合金から鋳造されたフレームに各種機構が配置される。浮遊機構は機体中央から後方にかけ、搭乗者より若干後ろの位置に配置される。推進装置は前面風防にブレーキ、機体後方にアクセルを主配置としており、これらはピケと基本的には共通である。サブロケットはオミットされている。コンピュータ類は機体制御に関するものが設置され、センサー類など偵察用機器はオミットされている。

部品: 前部風防・カウル

前部風防はシールドのような形状ではあるが、装甲としての機能は無い。透明な強化プラスチックを用いている。それ以外のカウルにはCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)を使用し、同様に軽量化を図っている。

部品: シート・タンデムシート

座面を広く取り、形状やクッション素材にこだわることで良好なフィット感を実現しています。タンデムシートも備わっており、二人乗りも可能です。

部品: 重力制御機構

民生用エアバイクの中核をなす装置。ニュートン式の重力制御によってエアバイクを宙に浮かせている。ニュートン式というのはざっくり言うと、通常の物理法則の範囲内で反重力を発生させている、という意味である。少しだけ細かく説明すると、極小の超高密度に圧縮された物質を内蔵し、そこから発生する引力を重力に対抗する浮力として利用している。

部品: ロケット噴射機構

エアバイクの推進機構である。重力制御機構は浮遊のみに使用されるため、エアバイクの移動はロケット噴射によって行われる。民生用エアバイクではロケット噴射の出力が調整されており、制動性能はそのままだが、加速性能は軍用のものと比べると控えめになっている。また、ノイズキャンセラーが備えられており、ロケット噴射の騒音を抑え、静粛性を高めている。

部品: 姿勢制御用コンピューター

内蔵されたジャイロ機構と連動してエアバイクの姿勢制御を補助してくれる。軽快な挙動と安定した乗り心地を両立するため欠かせない装置である。



提出書式


大部品: 民生用エアバイク「らうーるカー」 RD:14 評価値:6
  • 部品: 概要
  • 部品: 搭乗資格
  • 大部品: 機体の特徴 RD:6 評価値:4
    • 部品: 軽快な運動性能
    • 部品: 上質な乗り心地
    • 部品: 操縦のしやすさ
    • 部品: 軍用エアバイクと変わらない地形踏破能力
    • 部品: 低燃費
    • 部品: ハンドルについて
  • 大部品: 構造 RD:6 評価値:4
    • 部品: フレーム構造
    • 部品: 前部風防・カウル
    • 部品: シート・タンデムシート
    • 部品: 重力制御機構
    • 部品: ロケット噴射機構
    • 部品: 姿勢制御用コンピューター


部品: 概要
ピケ・アラウンドワールドをベースに偵察用電子機器などいくつかの装備をオミットしつつ機体バランスの調整が施され、走行中の安定性が向上した民生用エアバイクである。その名称は開発に尽力した摂政の名前に由来する。

部品: 搭乗資格
所属する藩国において所定の期間エアバイクの操縦訓練を受け、民生用エアバイク運転免許を取得していなければならない。軍用エアバイクの場合、操縦訓練を受けるには歩兵として一定の期間、戦闘訓練を受けている事が条件として求められたが、民生用の場合、これは免除される。

部品: 軽快な運動性能
ピケ・アラウンドワールドではピケ・パンツァーをベースに装甲・武装・側車などをオミットすることで高い出力を維持しつつ運動性能を向上させていた。民生用エアバイクでもこの特徴を受け継ぎ、出力は抑えつつも軽量化したフレームとカウルによって軽快な挙動を維持している。

部品: 上質な乗り心地
シート下部にはサスペンションを内蔵し、走行中の振動吸収を図るとともに、ラバーマウントハンドルを採用することで手に伝わる振動を低減し快適な乗り心地を追求している。

部品: 操縦のしやすさ
元来、ピケでは、歩兵が火器を取り回せるようフットペダルとシフトウェイト、補助するコンピューターだけで操縦されていた。民生用エアバイクでもその軽快な操縦性を受け継いでいる。

部品: 軍用エアバイクと変わらない地形踏破能力
宙を浮いて移動するため、基本的に走る場所を選ばないのがエアバイクの最大の特徴であると言えるだろう。民生用エアバイクでもこの特徴は十分に生かされており、山岳地帯のような極端に高低差のある地形でなければ存分にその力を発揮できる。

部品: 低燃費
民生用エアバイクの動作燃料に化石燃料は使用されていない。もっとも、これは軍用であるエアバイク・ピケと共通している。歩兵編成時のコストを抑えるための低燃費を目指した機体設計がそのまま生かされている。

部品: ハンドルについて
民生用にする際の変更点の一つとしてハンドルを設けた点がある。ヘッドライトやクラクションなどいくつかの装置をそちらに分散しており、運転中はハンドルを握ることが推奨される。もちろん通常のバイクとは異なりハンドルを切ることはできない。これは運転中の上体の安定性を考慮して、掴まる場所を用意すべきと判断されたためである。

部品: フレーム構造
アルミ合金から鋳造されたフレームに各種機構が配置される。浮遊機構は機体中央から後方にかけ、搭乗者より若干後ろの位置に配置される。推進装置は前面風防にブレーキ、機体後方にアクセルを主配置としており、これらはピケと基本的には共通である。サブロケットはオミットされている。コンピュータ類は機体制御に関するものが設置され、センサー類など偵察用機器はオミットされている。

部品: 前部風防・カウル
前部風防はシールドのような形状ではあるが、装甲としての機能は無い。透明な強化プラスチックを用いている。それ以外のカウルにはCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)を使用し、同様に軽量化を図っている。

部品: シート・タンデムシート
座面を広く取り、形状やクッション素材にこだわることで良好なフィット感を実現しています。タンデムシートも備わっており、二人乗りも可能です。

部品: 重力制御機構
民生用エアバイクの中核をなす装置。ニュートン式の重力制御によってエアバイクを宙に浮かせている。ニュートン式というのはざっくり言うと、通常の物理法則の範囲内で反重力を発生させている、という意味である。少しだけ細かく説明すると、極小の超高密度に圧縮された物質を内蔵し、そこから発生する引力を重力に対抗する浮力として利用している。

部品: ロケット噴射機構
エアバイクの推進機構である。重力制御機構は浮遊のみに使用されるため、エアバイクの移動はロケット噴射によって行われる。民生用エアバイクではロケット噴射の出力が調整されており、制動性能はそのままだが、加速性能は軍用のものと比べると控えめになっている。また、ノイズキャンセラーが備えられており、ロケット噴射の騒音を抑え、静粛性を高めている。

部品: 姿勢制御用コンピューター
内蔵されたジャイロ機構と連動してエアバイクの姿勢制御を補助してくれる。軽快な挙動と安定した乗り心地を両立するため欠かせない装置である。




インポート用定義データ


[
{
"title": "民生用エアバイク「らうーるカー」",
"description": "Default Root",
"children": [
{
"title": "概要",
"description": "ピケ・アラウンドワールドをベースに偵察用電子機器などいくつかの装備をオミットしつつ機体バランスの調整が施され、走行中の安定性が向上した民生用エアバイクである。その名称は開発に尽力した摂政の名前に由来する。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "搭乗資格",
"description": "所属する藩国において所定の期間エアバイクの操縦訓練を受け、民生用エアバイク運転免許を取得していなければならない。軍用エアバイクの場合、操縦訓練を受けるには歩兵として一定の期間、戦闘訓練を受けている事が条件として求められたが、民生用の場合、これは免除される。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "機体の特徴",
"children": [
{
"title": "軽快な運動性能",
"description": "ピケ・アラウンドワールドではピケ・パンツァーをベースに装甲・武装・側車などをオミットすることで高い出力を維持しつつ運動性能を向上させていた。民生用エアバイクでもこの特徴を受け継ぎ、出力は抑えつつも軽量化したフレームとカウルによって軽快な挙動を維持している。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "上質な乗り心地",
"description": "シート下部にはサスペンションを内蔵し、走行中の振動吸収を図るとともに、ラバーマウントハンドルを採用することで手に伝わる振動を低減し快適な乗り心地を追求している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "操縦のしやすさ",
"description": "元来、ピケでは、歩兵が火器を取り回せるようフットペダルとシフトウェイト、補助するコンピューターだけで操縦されていた。民生用エアバイクでもその軽快な操縦性を受け継いでいる。",
"part_type": "part"
},
{
"title": "軍用エアバイクと変わらない地形踏破能力",
"description": "宙を浮いて移動するため、基本的に走る場所を選ばないのがエアバイクの最大の特徴であると言えるだろう。民生用エアバイクでもこの特徴は十分に生かされており、山岳地帯のような極端に高低差のある地形でなければ存分にその力を発揮できる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "低燃費",
"description": "民生用エアバイクの動作燃料に化石燃料は使用されていない。もっとも、これは軍用であるエアバイク・ピケと共通している。歩兵編成時のコストを抑えるための低燃費を目指した機体設計がそのまま生かされている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "ハンドルについて",
"description": "民生用にする際の変更点の一つとしてハンドルを設けた点がある。ヘッドライトやクラクションなどいくつかの装置をそちらに分散しており、運転中はハンドルを握ることが推奨される。もちろん通常のバイクとは異なりハンドルを切ることはできない。これは運転中の上体の安定性を考慮して、掴まる場所を用意すべきと判断されたためである。",
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
},
{
"title": "構造",
"children": [
{
"title": "フレーム構造",
"description": "アルミ合金から鋳造されたフレームに各種機構が配置される。浮遊機構は機体中央から後方にかけ、搭乗者より若干後ろの位置に配置される。推進装置は前面風防にブレーキ、機体後方にアクセルを主配置としており、これらはピケと基本的には共通である。サブロケットはオミットされている。コンピュータ類は機体制御に関するものが設置され、センサー類など偵察用機器はオミットされている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "前部風防・カウル",
"description": "前部風防はシールドのような形状ではあるが、装甲としての機能は無い。透明な強化プラスチックを用いている。それ以外のカウルにはCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)を使用し、同様に軽量化を図っている。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
},
{
"title": "シート・タンデムシート",
"description": "座面を広く取り、形状やクッション素材にこだわることで良好なフィット感を実現しています。タンデムシートも備わっており、二人乗りも可能です。",
"part_type": "part"
},
{
"title": " 重力制御機構",
"description": "民生用エアバイクの中核をなす装置。ニュートン式の重力制御によってエアバイクを宙に浮かせている。ニュートン式というのはざっくり言うと、通常の物理法則の範囲内で反重力を発生させている、という意味である。少しだけ細かく説明すると、極小の超高密度に圧縮された物質を内蔵し、そこから発生する引力を重力に対抗する浮力として利用している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "ロケット噴射機構",
"description": "エアバイクの推進機構である。重力制御機構は浮遊のみに使用されるため、エアバイクの移動はロケット噴射によって行われる。民生用エアバイクではロケット噴射の出力が調整されており、制動性能はそのままだが、加速性能は軍用のものと比べると控えめになっている。また、ノイズキャンセラーが備えられており、ロケット噴射の騒音を抑え、静粛性を高めている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "姿勢制御用コンピューター",
"description": "内蔵されたジャイロ機構と連動してエアバイクの姿勢制御を補助してくれる。軽快な挙動と安定した乗り心地を両立するため欠かせない装置である。",
"expanded": true,
"part_type": "part"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
],
"expanded": true,
"part_type": "group"
}
]