満天星国

満天星国慰霊公園

最終更新:

doudan

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 満天星国慰霊公園 RD:28 評価値:8
    • 大部品: 満天星国慰霊公園の説明 RD:8 評価値:5
      • 部品: 概要
      • 部品: 公園事務所
      • 部品: 慰霊碑の文面
      • 部品: 刻銘碑
      • 部品: ドウダンツツジ並木
      • 部品: 資料館
      • 部品: レストハウス・カフェ
      • 部品: 駐機場
    • 大部品: 慰霊公園設立の経緯 RD:3 評価値:2
      • 部品: 人種間対立と虐殺
      • 部品: 虐殺の起きた原因
      • 部品: 慰霊碑の設置と公園の整備
    • 大部品: 慰霊碑 RD:7 評価値:4
      • 部品: 慰霊碑の概要
      • 部品: 素材
      • 部品: 刻まれた碑文
      • 部品: 献花
      • 部品: 設置場所
      • 部品: 継承
      • 部品: 汚さない傷つけない
    • 大部品: 満天星国慰霊式典 RD:10 評価値:5
      • 部品: 慰霊式典の概要
      • 部品: 藩王演説
      • 部品: あえての挙行
      • 部品: 警備体制
      • 部品: 各種メディアでの伝達
      • 部品: 恒例行事化
      • 部品: 黙祷
      • 部品: 慰霊の演奏
      • 部品: 式典の日の国民
      • 部品: デモへの対応



部品定義


部品: 概要

満天星国慰霊公園は、満天星国の立国直後に起きた人種間対立と虐殺の犠牲者の追悼施設として、整備された公園である。
敷地は広大であり、慰霊碑を中心に緑地や休憩施設などが広がっている。

部品: 公園事務所

公園事務所の職員は、緑地や公園内施設の維持・点検・補修、公園内の巡視や清掃等の業務を行う。公園内において催し物を行う際には政庁の許可が必要であり、公園事務所が許認可の窓口となる。

部品: 慰霊碑の文面

「かつてこの地を信じながら散った初心の御霊と
 かつて融和を夢見ながらも犯してしまった都築の過ちに懸け
 満天の星をこの空に輝かせることを誓う」

部品: 刻銘碑

満天星国での虐殺における犠牲者は700万人にのぼる。
公園内には犠牲者名を刻んだ石碑がずらっとならんだ区画があるが、空間的な制約として、
忍びないことではあるが一人ひとりの名前の字は大変に小さい。
それを補うため、犠牲者名を記した帳簿は、公園内の資料館において自由に閲覧することができるようになっている。

部品: ドウダンツツジ並木

公園内、慰霊碑の周辺にはNW森林組合Fairy Forestの事業により植樹されたドウダンツツジの並木が広がっている。
白く可憐なドウダンツツジが視界いっぱいに広がる様子はたいへんに美しく、人気のスポットとなっている。

部品: 資料館

資料館では、虐殺犠牲者の氏名を記した名簿が閲覧できる。
また、人種間対立と虐殺についての資料を展示し、歴史的教訓を次代へ継承する役割を担っている。

部品: レストハウス・カフェ

慰霊公園内にはレストハウスやカフェが散在しており、公園利用者が休息や軽い食事をとれるようになっている。

部品: 駐機場

慰霊公園には、慰霊式典やドウダンツツジの開花シーズンには大勢の人出がある。そのため、らうーるカー等の広大な駐機スペースが用意されており、繁忙期は車両の誘導にあたる職員の配置を増やして対応する。

部品: 人種間対立と虐殺

ビギナーズ王国と都築藩国の合併の後、都築系国民による初心系国民虐殺が起きた。
犠牲者数は700万人にのぼり、その多くが女性と子供であった。

部品: 虐殺の起きた原因

虐殺が引き起こされた原因には、一部都築系国民が合併により地位や権力を失うことに危機感を抱き、
先手をとってあらゆるものを独占しようとした、という背景があると言われている。

部品: 慰霊碑の設置と公園の整備

満天星国政府は、虐殺被害者の追悼と、二度と同様の悲劇を繰り返さない誓約として慰霊碑を設置した。
また、慰霊碑を中心に公園の整備を行った。

部品: 慰霊碑の概要

慰霊碑とは、事故や戦争、自然災害で亡くなった人や動物の霊を慰めいたわるために建てられる碑である。
また、犠牲をもたらした原因について、二度とそのようなことが起こらないよう戒め警告する役割を持つ。

部品: 素材

慰霊碑の素材には古くから石がよく使われてきたが、金属やコンクリートで製作されることもある。
永く残って後の世に想いを届けられるよう、丈夫な素材が用いられている。

部品: 刻まれた碑文

慰霊碑には犠牲者の名前と慰霊の言葉が刻まれており、それを見た人々は争うことの悲しみを知り、その心に平和への想いがわきあがる。

部品: 献花

慰霊碑にはしばしば、犠牲者を想って花が供えられる。
古くなった花は、管理事務所等がある場合はそこの職員が、そうでない場合は訪問者や善意の近隣住民が片付けをする。

部品: 設置場所

犠牲者の魂を鎮めるため、街中などの騒がしい場所は好まれない。
郊外や広いスペースのある場所、犠牲者の出た場所に設置される。

部品: 継承

慰霊碑は魂を鎮める以外にも、戒めや警告といった意味も持つ。
起こってしまった出来事を忘れないため、また繰り返さないために、子供たちへ語り継いで行くことも大切だ。

部品: 汚さない傷つけない

慰霊碑は、人々の想いの詰まったモニュメントである。
汚させないことや傷つけさせないことはもちろんであり、そのための管理コストも必要である。
ただし、慰霊碑を訪れる者の一人ひとりがモラルを持って慰霊碑に接することがなにより大切である。

部品: 慰霊式典の概要

慰霊碑の設置後、満天星国は初回の慰霊式典を開催し、虐殺の犠牲者への追悼の意を国家としてあらためて表明した。
式典は厳粛な雰囲気のもととりおこなわれ、犠牲者への敬意と哀悼が国内外に示された。

部品: 藩王演説

初回の式典においては、満天星国藩王都築つらねにより、虐殺被害者への謝罪がなされた。
また、危機にあった国を支えた政府職員やACEへの感謝が述べられ、国民に対しては今一度満天星国の国民として共に生きていこうと呼びかけた。

部品: あえての挙行

情勢不安だった初回式典開催当時、藩王が衆目のもとに姿を現して演説することにはテロや暗殺の恐れが伴った。
しかしそのリスクを飲んでも、犠牲者への謝罪を藩王が直接述べる必要があると判断され、厳重な警備体制構築の上で行われた。

部品: 警備体制

初回の式典開催時は情勢の不安な時期であったため、満天星国警察による厳重な警備体制が敷かれた。
また、国民の里樹澪さんとそのパートナーである里樹妹人さんによる協力も大きな力となった。

部品: 各種メディアでの伝達

慰霊式典の様子は、国営テレビでの放送をはじめ、各種メディアで国民へ伝えられる。このことにより、会場に足を運ばない国民にとっても、式典は虐殺とその犠牲者について思いを馳せる機会となった。

部品: 恒例行事化

慰霊碑設置に合わせて初回の慰霊式典が開催されたのちも、毎年同日に式典が国家行事として行われることと定められた。

部品: 黙祷

初回の式典では、藩王演説の途中で黙祷が捧げられた。
また、第二回以降の式典では、正午に黙祷を捧げるのが恒例となった。
政庁や防災無線により鳴らされるサイレンが合図であるが、緊急放送などとまちがえられないように事前に周知が行われる。

部品: 慰霊の演奏

第二回以降の式典においては、満天星国管弦楽団による犠牲者の慰霊のための曲が演奏されている。『すべての犠牲者に捧げる楽章』などの曲目があり、式典の参列者はしんみりと聴いている。

部品: 式典の日の国民

会場に足を運べるものは式典に参加し献花を行う。
参加出来ないものも家の軒先にドウダンツツジを用いた花束を飾り、式典の時間には黙とうを捧げる。

部品: デモへの対応

慰霊式典当日には、歴史的経緯により、式典の意図に必ずしも同意しない人々によるデモが行われる場合がある。思想信条の自由に基づきこれらのデモは、公衆の安全を確保するため規模の規制が行われるが、事前の申請を行ったものであれば認められる。



提出書式


 大部品: 満天星国慰霊公園 RD:28 評価値:8
 -大部品: 満天星国慰霊公園の説明 RD:8 評価値:5
 --部品: 概要
 --部品: 公園事務所
 --部品: 慰霊碑の文面
 --部品: 刻銘碑
 --部品: ドウダンツツジ並木
 --部品: 資料館
 --部品: レストハウス・カフェ
 --部品: 駐機場
 -大部品: 慰霊公園設立の経緯 RD:3 評価値:2
 --部品: 人種間対立と虐殺
 --部品: 虐殺の起きた原因
 --部品: 慰霊碑の設置と公園の整備
 -大部品: 慰霊碑 RD:7 評価値:4
 --部品: 慰霊碑の概要
 --部品: 素材
 --部品: 刻まれた碑文
 --部品: 献花
 --部品: 設置場所
 --部品: 継承
 --部品: 汚さない傷つけない
 -大部品: 満天星国慰霊式典 RD:10 評価値:5
 --部品: 慰霊式典の概要
 --部品: 藩王演説
 --部品: あえての挙行
 --部品: 警備体制
 --部品: 各種メディアでの伝達
 --部品: 恒例行事化
 --部品: 黙祷
 --部品: 慰霊の演奏
 --部品: 式典の日の国民
 --部品: デモへの対応
 
 
 部品: 概要
 満天星国慰霊公園は、満天星国の立国直後に起きた人種間対立と虐殺の犠牲者の追悼施設として、整備された公園である。
 敷地は広大であり、慰霊碑を中心に緑地や休憩施設などが広がっている。
 
 部品: 公園事務所
 公園事務所の職員は、緑地や公園内施設の維持・点検・補修、公園内の巡視や清掃等の業務を行う。公園内において催し物を行う際には政庁の許可が必要であり、公園事務所が許認可の窓口となる。
 
 部品: 慰霊碑の文面
 「かつてこの地を信じながら散った初心の御霊と 
  かつて融和を夢見ながらも犯してしまった都築の過ちに懸け 
  満天の星をこの空に輝かせることを誓う」
 
 部品: 刻銘碑
 満天星国での虐殺における犠牲者は700万人にのぼる。
 公園内には犠牲者名を刻んだ石碑がずらっとならんだ区画があるが、空間的な制約として、
 忍びないことではあるが一人ひとりの名前の字は大変に小さい。
 それを補うため、犠牲者名を記した帳簿は、公園内の資料館において自由に閲覧することができるようになっている。
 
 部品: ドウダンツツジ並木
 公園内、慰霊碑の周辺にはNW森林組合Fairy Forestの事業により植樹されたドウダンツツジの並木が広がっている。
 白く可憐なドウダンツツジが視界いっぱいに広がる様子はたいへんに美しく、人気のスポットとなっている。
 
 部品: 資料館
 資料館では、虐殺犠牲者の氏名を記した名簿が閲覧できる。
 また、人種間対立と虐殺についての資料を展示し、歴史的教訓を次代へ継承する役割を担っている。
 
 部品: レストハウス・カフェ
 慰霊公園内にはレストハウスやカフェが散在しており、公園利用者が休息や軽い食事をとれるようになっている。
 
 部品: 駐機場
 慰霊公園には、慰霊式典やドウダンツツジの開花シーズンには大勢の人出がある。そのため、らうーるカー等の広大な駐機スペースが用意されており、繁忙期は車両の誘導にあたる職員の配置を増やして対応する。
 
 部品: 人種間対立と虐殺
 ビギナーズ王国と都築藩国の合併の後、都築系国民による初心系国民虐殺が起きた。
 犠牲者数は700万人にのぼり、その多くが女性と子供であった。
 
 部品: 虐殺の起きた原因
 虐殺が引き起こされた原因には、一部都築系国民が合併により地位や権力を失うことに危機感を抱き、
 先手をとってあらゆるものを独占しようとした、という背景があると言われている。
 
 部品: 慰霊碑の設置と公園の整備
 満天星国政府は、虐殺被害者の追悼と、二度と同様の悲劇を繰り返さない誓約として慰霊碑を設置した。
 また、慰霊碑を中心に公園の整備を行った。
 
 部品: 慰霊碑の概要
 慰霊碑とは、事故や戦争、自然災害で亡くなった人や動物の霊を慰めいたわるために建てられる碑である。
 また、犠牲をもたらした原因について、二度とそのようなことが起こらないよう戒め警告する役割を持つ。
 
 部品: 素材
 慰霊碑の素材には古くから石がよく使われてきたが、金属やコンクリートで製作されることもある。
 永く残って後の世に想いを届けられるよう、丈夫な素材が用いられている。
 
 部品: 刻まれた碑文
 慰霊碑には犠牲者の名前と慰霊の言葉が刻まれており、それを見た人々は争うことの悲しみを知り、その心に平和への想いがわきあがる。 
 
 部品: 献花
 慰霊碑にはしばしば、犠牲者を想って花が供えられる。
 古くなった花は、管理事務所等がある場合はそこの職員が、そうでない場合は訪問者や善意の近隣住民が片付けをする。
 
 部品: 設置場所
 犠牲者の魂を鎮めるため、街中などの騒がしい場所は好まれない。
 郊外や広いスペースのある場所、犠牲者の出た場所に設置される。
 
 部品: 継承
 慰霊碑は魂を鎮める以外にも、戒めや警告といった意味も持つ。
 起こってしまった出来事を忘れないため、また繰り返さないために、子供たちへ語り継いで行くことも大切だ。
 
 部品: 汚さない傷つけない
 慰霊碑は、人々の想いの詰まったモニュメントである。
 汚させないことや傷つけさせないことはもちろんであり、そのための管理コストも必要である。
 ただし、慰霊碑を訪れる者の一人ひとりがモラルを持って慰霊碑に接することがなにより大切である。
 
 部品: 慰霊式典の概要
 慰霊碑の設置後、満天星国は初回の慰霊式典を開催し、虐殺の犠牲者への追悼の意を国家としてあらためて表明した。
 式典は厳粛な雰囲気のもととりおこなわれ、犠牲者への敬意と哀悼が国内外に示された。
 
 部品: 藩王演説
 初回の式典においては、満天星国藩王都築つらねにより、虐殺被害者への謝罪がなされた。
 また、危機にあった国を支えた政府職員やACEへの感謝が述べられ、国民に対しては今一度満天星国の国民として共に生きていこうと呼びかけた。
 
 部品: あえての挙行
 情勢不安だった初回式典開催当時、藩王が衆目のもとに姿を現して演説することにはテロや暗殺の恐れが伴った。
 しかしそのリスクを飲んでも、犠牲者への謝罪を藩王が直接述べる必要があると判断され、厳重な警備体制構築の上で行われた。
 
 部品: 警備体制
 初回の式典開催時は情勢の不安な時期であったため、満天星国警察による厳重な警備体制が敷かれた。
 また、国民の里樹澪さんとそのパートナーである里樹妹人さんによる協力も大きな力となった。
 
 部品: 各種メディアでの伝達
 慰霊式典の様子は、国営テレビでの放送をはじめ、各種メディアで国民へ伝えられる。このことにより、会場に足を運ばない国民にとっても、式典は虐殺とその犠牲者について思いを馳せる機会となった。
 
 部品: 恒例行事化
 慰霊碑設置に合わせて初回の慰霊式典が開催されたのちも、毎年同日に式典が国家行事として行われることと定められた。
 
 部品: 黙祷
 初回の式典では、藩王演説の途中で黙祷が捧げられた。
 また、第二回以降の式典では、正午に黙祷を捧げるのが恒例となった。
 政庁や防災無線により鳴らされるサイレンが合図であるが、緊急放送などとまちがえられないように事前に周知が行われる。
 
 部品: 慰霊の演奏
 第二回以降の式典においては、満天星国管弦楽団による犠牲者の慰霊のための曲が演奏されている。『すべての犠牲者に捧げる楽章』などの曲目があり、式典の参列者はしんみりと聴いている。
 
 部品: 式典の日の国民
 会場に足を運べるものは式典に参加し献花を行う。
 参加出来ないものも家の軒先にドウダンツツジを用いた花束を飾り、式典の時間には黙とうを捧げる。
 
 部品: デモへの対応
 慰霊式典当日には、歴史的経緯により、式典の意図に必ずしも同意しない人々によるデモが行われる場合がある。思想信条の自由に基づきこれらのデモは、公衆の安全を確保するため規模の規制が行われるが、事前の申請を行ったものであれば認められる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "満天星国慰霊公園",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "満天星国慰霊公園の説明",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "概要",
             "description": "満天星国慰霊公園は、満天星国の立国直後に起きた人種間対立と虐殺の犠牲者の追悼施設として、整備された公園である。\n敷地は広大であり、慰霊碑を中心に緑地や休憩施設などが広がっている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "公園事務所",
             "description": "公園事務所の職員は、緑地や公園内施設の維持・点検・補修、公園内の巡視や清掃等の業務を行う。公園内において催し物を行う際には政庁の許可が必要であり、公園事務所が許認可の窓口となる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "慰霊碑の文面",
             "description": "「かつてこの地を信じながら散った初心の御霊と \n かつて融和を夢見ながらも犯してしまった都築の過ちに懸け \n 満天の星をこの空に輝かせることを誓う」",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "刻銘碑",
             "description": "満天星国での虐殺における犠牲者は700万人にのぼる。\n公園内には犠牲者名を刻んだ石碑がずらっとならんだ区画があるが、空間的な制約として、\n忍びないことではあるが一人ひとりの名前の字は大変に小さい。\nそれを補うため、犠牲者名を記した帳簿は、公園内の資料館において自由に閲覧することができるようになっている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ドウダンツツジ並木",
             "description": "公園内、慰霊碑の周辺にはNW森林組合Fairy Forestの事業により植樹されたドウダンツツジの並木が広がっている。\n白く可憐なドウダンツツジが視界いっぱいに広がる様子はたいへんに美しく、人気のスポットとなっている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "資料館",
             "description": "資料館では、虐殺犠牲者の氏名を記した名簿が閲覧できる。\nまた、人種間対立と虐殺についての資料を展示し、歴史的教訓を次代へ継承する役割を担っている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "レストハウス・カフェ",
             "description": "慰霊公園内にはレストハウスやカフェが散在しており、公園利用者が休息や軽い食事をとれるようになっている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "駐機場",
             "description": "慰霊公園には、慰霊式典やドウダンツツジの開花シーズンには大勢の人出がある。そのため、らうーるカー等の広大な駐機スペースが用意されており、繁忙期は車両の誘導にあたる職員の配置を増やして対応する。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "慰霊公園設立の経緯",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "人種間対立と虐殺",
             "description": "ビギナーズ王国と都築藩国の合併の後、都築系国民による初心系国民虐殺が起きた。\n犠牲者数は700万人にのぼり、その多くが女性と子供であった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "虐殺の起きた原因",
             "description": "虐殺が引き起こされた原因には、一部都築系国民が合併により地位や権力を失うことに危機感を抱き、\n先手をとってあらゆるものを独占しようとした、という背景があると言われている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "慰霊碑の設置と公園の整備",
             "description": "満天星国政府は、虐殺被害者の追悼と、二度と同様の悲劇を繰り返さない誓約として慰霊碑を設置した。\nまた、慰霊碑を中心に公園の整備を行った。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "慰霊碑",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "慰霊碑の概要",
             "description": "慰霊碑とは、事故や戦争、自然災害で亡くなった人や動物の霊を慰めいたわるために建てられる碑である。\nまた、犠牲をもたらした原因について、二度とそのようなことが起こらないよう戒め警告する役割を持つ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "素材",
             "description": "慰霊碑の素材には古くから石がよく使われてきたが、金属やコンクリートで製作されることもある。\n永く残って後の世に想いを届けられるよう、丈夫な素材が用いられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "刻まれた碑文",
             "description": "慰霊碑には犠牲者の名前と慰霊の言葉が刻まれており、それを見た人々は争うことの悲しみを知り、その心に平和への想いがわきあがる。 ",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "献花",
             "description": "慰霊碑にはしばしば、犠牲者を想って花が供えられる。\n古くなった花は、管理事務所等がある場合はそこの職員が、そうでない場合は訪問者や善意の近隣住民が片付けをする。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "設置場所",
             "description": "犠牲者の魂を鎮めるため、街中などの騒がしい場所は好まれない。\n郊外や広いスペースのある場所、犠牲者の出た場所に設置される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "継承",
             "description": "慰霊碑は魂を鎮める以外にも、戒めや警告といった意味も持つ。\n起こってしまった出来事を忘れないため、また繰り返さないために、子供たちへ語り継いで行くことも大切だ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "汚さない傷つけない",
             "description": "慰霊碑は、人々の想いの詰まったモニュメントである。\n汚させないことや傷つけさせないことはもちろんであり、そのための管理コストも必要である。\nただし、慰霊碑を訪れる者の一人ひとりがモラルを持って慰霊碑に接することがなにより大切である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "満天星国慰霊式典",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "慰霊式典の概要",
             "description": "慰霊碑の設置後、満天星国は初回の慰霊式典を開催し、虐殺の犠牲者への追悼の意を国家としてあらためて表明した。\n式典は厳粛な雰囲気のもととりおこなわれ、犠牲者への敬意と哀悼が国内外に示された。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "藩王演説",
             "description": "初回の式典においては、満天星国藩王都築つらねにより、虐殺被害者への謝罪がなされた。\nまた、危機にあった国を支えた政府職員やACEへの感謝が述べられ、国民に対しては今一度満天星国の国民として共に生きていこうと呼びかけた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "あえての挙行",
             "description": "情勢不安だった初回式典開催当時、藩王が衆目のもとに姿を現して演説することにはテロや暗殺の恐れが伴った。\nしかしそのリスクを飲んでも、犠牲者への謝罪を藩王が直接述べる必要があると判断され、厳重な警備体制構築の上で行われた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "警備体制",
             "description": "初回の式典開催時は情勢の不安な時期であったため、満天星国警察による厳重な警備体制が敷かれた。\nまた、国民の里樹澪さんとそのパートナーである里樹妹人さんによる協力も大きな力となった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "各種メディアでの伝達",
             "description": "慰霊式典の様子は、国営テレビでの放送をはじめ、各種メディアで国民へ伝えられる。このことにより、会場に足を運ばない国民にとっても、式典は虐殺とその犠牲者について思いを馳せる機会となった。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "恒例行事化",
             "description": "慰霊碑設置に合わせて初回の慰霊式典が開催されたのちも、毎年同日に式典が国家行事として行われることと定められた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "黙祷",
             "description": "初回の式典では、藩王演説の途中で黙祷が捧げられた。\nまた、第二回以降の式典では、正午に黙祷を捧げるのが恒例となった。\n政庁や防災無線により鳴らされるサイレンが合図であるが、緊急放送などとまちがえられないように事前に周知が行われる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "慰霊の演奏",
             "description": "第二回以降の式典においては、満天星国管弦楽団による犠牲者の慰霊のための曲が演奏されている。『すべての犠牲者に捧げる楽章』などの曲目があり、式典の参列者はしんみりと聴いている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "式典の日の国民",
             "description": "会場に足を運べるものは式典に参加し献花を行う。\n参加出来ないものも家の軒先にドウダンツツジを用いた花束を飾り、式典の時間には黙とうを捧げる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "デモへの対応",
             "description": "慰霊式典当日には、歴史的経緯により、式典の意図に必ずしも同意しない人々によるデモが行われる場合がある。思想信条の自由に基づきこれらのデモは、公衆の安全を確保するため規模の規制が行われるが、事前の申請を行ったものであれば認められる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]