満天星国

満天星植物ファクトリー

最終更新:

tsuduki

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 満天星植物ファクトリー RD:20 評価値:7
    • 部品: 設立の歴史
    • 部品: 植物工場とは
    • 部品: 理念
    • 部品: 施設概要
    • 部品: 砂漠の「オアシス」
    • 部品: ニューガラス建材の使用
    • 部品: 太陽光発電による電源確保
    • 部品: バイオマスの再利用研究
    • 部品: 品種保存管理施設
    • 部品: 品種改良研究
    • 部品: クローン技術全般の厳密な管理
    • 部品: 農業関連技術の研究
    • 部品: 栽培土壌管理の研究
    • 部品: 肥料管理の研究
    • 部品: 農薬取扱いの研究
    • 大部品: 様々な栽培品種研究 RD:5 評価値:3
      • 部品: マンテンレンコン
      • 部品: 満天星ポテト
      • 部品: 麦類
      • 部品: 米類
      • 部品: ソバ



部品定義


部品: 設立の歴史

満天星国では藩国砂漠化の対策として、耕作地復興計画に基づいた農産物供給の回復に努めてきた。
その技術を生かしながら、農業用の種苗管理施設として、また更に厳しい環境における植物栽培への挑戦として、植物工場方式の作物生産組織を設立した。

部品: 植物工場とは

植物工場は、工場のような建物施設の内部で植物の生育を行う栽培方式のこと。
光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分などの様々な環境条件を詳細に管理することで、計画的農業を行うことが可能になる。

部品: 理念

満天星植物ファクトリーは、藩国内への食糧・食料供給の安定を主たる目的として設立された。
民族紛争、気候変動といった様々な苦難を乗り越えた藩国における未来への農業の道を模索するため、伝統的な藩国内の品種保存とその改良、また気候変動への適応を視野に入れた挑戦的農業の担い手育成を目的に、研修施設の役割も期待されている。
施設内の研究活動については、自然環境を構成する植物相・フロラに関する研究や、生態系の回復や維持管理などを目的とする様々な植物種の保存と育成も含めた、自然環境保全や生物多様性についての科学的知識と、生命を尊重する謙虚な姿勢が求められる。

部品: 施設概要

植物工場の最大のメリットである生育条件の管理を生かし、太陽光も遮断した完全人工光型の施設を中心に構成されている。
しかし、建物群の中心には自然光方式のドーム型施設が設けられ、藩国の自然環境回復にむけた、伝統的農業への回帰が可能な研究を継続している。

部品: 砂漠の「オアシス」

満天星植物ファクトリーの中心には、透明なドーム型の施設が設置され、自然光を取り入れることが可能なこの施設では、伝統的農作物を中心とした育成が行われている。
完全閉鎖型の工場群の中に、忽然と現れたかのような球形のドームは、その外観と、内部の理想的植物環境に対するイメージから、満天星国の「オアシス」と呼ばれている。

部品: ニューガラス建材の使用

自然光を取り入れる透光性建材として、満天星植物ファクトリーのドーム型施設では、ファインセラミックスの一種であるニューガラスが用いられている。
建材分野への応用はまだ研究段階の部分も多い実験的素材であるが、近赤外域である熱線の選択的に反射する被膜加工や、空気層を中に挟んだ複層構造などの研究も進められている。
原料としては、藩国で産出する石英類の溶融加工が主流となっている。

部品: 太陽光発電による電源確保

植物工場では、その施設内の電源確保についても、実験的施設の運用を行っており、敷地内施設の屋上などを利用した太陽光発電システムが設置されている。
この設備には、宇宙開発拠点コスモスにおいて計画された太陽電池プラント、”満天陽プロジェクト”のパネル技術が使用されている。

部品: バイオマスの再利用研究

植物工場では、工場内で排出される農作物の非食用部について、バイオマス資源として活用する研究も行っている。
微生物分解による堆肥への再生、メタン発酵によるバイオガスとその燃焼による発電システムなどが主な取り組みである。

部品: 品種保存管理施設

品種とは、同じ生物種の中でも特定の遺伝的特徴を持つグループのことをさす。
植物工場の密閉性を生かし、満天星植物ファクトリーでは、藩国内の植物品種の保存管理を行っている。
農業用としては、保存した原原種から、病害汚染のない健全な種苗を生産提供して、農地の土壌管理に貢献している。
また、生物多様性の保護に配慮し、広範囲にわたる標本資料の収集に努め、遺伝子バンクとしての役割も期待されている。

部品: 品種改良研究

品種改良の技術とは、農作物や家畜などの遺伝的形質を変化させ、栽培や育成に適した新しい品種を作り出す技術のこと。
優良な形質を持つ個体の選別による品種の確立、形質継承を意図した交雑と子の選別による優良な遺伝子の集積などを行うのが一般的である。
植物の場合は、個体数確保を目的とした接ぎ木や株分けなどの無性生殖も行われる。
満天星植物ファクトリーでは、原則として、安全性の確立された伝統的手法に基づいた品種改良研究を行っている。

部品: クローン技術全般の厳密な管理

科学技術の進歩に応じて、放射線照射やバイオテクノロジーの活用により、人為的な遺伝子変異から新しい品種を得る方法が用いられる場合もある。
生物種は様々な遺伝的要素が密接に関連して成立しており、遺伝的形質の改良には生命の尊厳を守る倫理的側面への配慮が不可欠となる。
満天星植物ファクトリーでは、遺伝子組み換え技術は他に代替手段の無い場合に限って研究が行われ、科学的な必要性判断を行う検討委員会が設置されている。
研究が認められた場合においても、厳重な管理下での研究と流出防止策が徹底される。

部品: 農業関連技術の研究

農耕や牧畜などの農作業に関わる技術の研究。
田畑や牧畜場などの整地や、作業従事者への対応、農作物や家畜などの収穫物加工まで、一連の農業生産作業全般に関わり、収穫物の収量や品質に影響する技術であり、効率的な作業を支える農具や農業機械などの活用が重要になる。

部品: 栽培土壌管理の研究

植物を栽培する土壌の管理を行う技術研究。
土壌は植物栽培の基本となるものであり、土壌の種類や性質の把握、目的に応じた改善と栽培経過に応じた管理を行い、地力の維持や増進に努めることは、植物の育成に対して大きな影響を与える。
特に経年栽培時の障害を低減する土壌含有の必要有機物管理や水分管理は、非常に重要な知識である。また、土壌侵食による栽培地域の環境悪化にも注意が必要とされる。

部品: 肥料管理の研究

植物の生育に必要な栄養素を与え、成長を助ける肥料管理の研究。目的の植物や土壌に適した選定と、適正な使用量や回数管理などが必要となる。
植物の健康な生育や成長速度管理、農作物収穫量の増加などに繋がると同時に、過大な投与や雨水による流出時の濃縮などの悪影響を防止するためにも重要な知識である。
古くから動物の排泄物などを利用した有機質肥料が用いられてきたが、土壌中に不足しがちな窒素、リン、カリウムを主成分とする化学肥料も用いられる。

部品: 農薬取扱いの研究

農業生産に際して使用する薬剤の取扱いに関する研究。
農作物を病虫害から守り、農業生産性を向上させる目的で、殺虫剤、殺菌剤や除草剤が主に用いられ、植物の成長を増進または抑制する薬剤も含まれる。
また駆除目的の害虫に寄生する菌類や、捕食者などの「天敵」も生物農薬として使用されることがある。
農薬は一般的に、他の動植物に対しても毒性を持つものが多く、使用の際には目的や対象農作物、対象地域の環境や気候に応じた適切な選定と厳格な管理が必要である。
天然物由来の農薬も使用されるが、分解されにくい合成化合物を使用する場合は、特に農作物や土壌、周辺水質環境への残留毒性についても十分な対策が必要とされる。

部品: マンテンレンコン

満天星国のブランド野菜として普及しているレンコンについて、、特にブランド野菜であるマンテンレンコンの更なる研究が進められている。
収穫量増加や農作業の負担低減、含有栄養素研究などと共に、美しい花や葉を生かした園芸品種の改良、観光向けの商品開発も進んでいる。

部品: 満天星ポテト

過去の耕作地復興計画において栽培されていたジャガイモ、特に利用が進む満天星ポテトの生産研究が行われている。
ジャガイモは病害菌が繁殖しやすいため、土壌管理や種苗管理のための種芋生産が研究されている。

部品: 麦類

北国人の伝統を引き継ぎ、満天星国では主食としての小麦栽培が続けられている。
砂漠化の影響により作付けが困難になった麦類は、植物工場による生産体制の構築がすすめられている。
また、小麦だけでなく、大麦、ライ麦、エン麦といった麦類全般の研究が進み、各種商品開発への利用が進められている。

部品: 米類

満天星国では、東国人由来の伝統的作物である稲作についての研究が行われている。
砂漠化が進む農作地向けの陸稲研究、植物工場を生かした水稲栽培の研究の双方が進められている。

部品: ソバ

救荒作物の研究から発展し、満天星国において新しい作物としての導入が進んでいるのが、ソバである。
ハチミツを採取するための蜜源植物としても利用され、各種の栄養素も豊富なソバは、蒸留酒の原料やダイエタリーフードなど、様々な利用法の研究が進められている。




提出書式


大部品: 満天星植物ファクトリー RD:20 評価値:7
  • 部品: 設立の歴史
  • 部品: 植物工場とは
  • 部品: 理念
  • 部品: 施設概要
  • 部品: 砂漠の「オアシス」
  • 部品: ニューガラス建材の使用
  • 部品: 太陽光発電による電源確保
  • 部品: バイオマスの再利用研究
  • 部品: 品種保存管理施設
  • 部品: 品種改良研究
  • 部品: クローン技術全般の厳密な管理
  • 部品: 農業関連技術の研究
  • 部品: 栽培土壌管理の研究
  • 部品: 肥料管理の研究
  • 部品: 農薬取扱いの研究
  • 大部品: 様々な栽培品種研究 RD:5 評価値:3
    • 部品: マンテンレンコン
    • 部品: 満天星ポテト
    • 部品: 麦類
    • 部品: 米類
    • 部品: ソバ


部品: 設立の歴史
満天星国では藩国砂漠化の対策として、耕作地復興計画に基づいた農産物供給の回復に努めてきた。
その技術を生かしながら、農業用の種苗管理施設として、また更に厳しい環境における植物栽培への挑戦として、植物工場方式の作物生産組織を設立した。

部品: 植物工場とは
植物工場は、工場のような建物施設の内部で植物の生育を行う栽培方式のこと。
光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分などの様々な環境条件を詳細に管理することで、計画的農業を行うことが可能になる。

部品: 理念
満天星植物ファクトリーは、藩国内への食糧・食料供給の安定を主たる目的として設立された。
民族紛争、気候変動といった様々な苦難を乗り越えた藩国における未来への農業の道を模索するため、伝統的な藩国内の品種保存とその改良、また気候変動への適応を視野に入れた挑戦的農業の担い手育成を目的に、研修施設の役割も期待されている。
施設内の研究活動については、自然環境を構成する植物相・フロラに関する研究や、生態系の回復や維持管理などを目的とする様々な植物種の保存と育成も含めた、自然環境保全や生物多様性についての科学的知識と、生命を尊重する謙虚な姿勢が求められる。

部品: 施設概要
植物工場の最大のメリットである生育条件の管理を生かし、太陽光も遮断した完全人工光型の施設を中心に構成されている。
しかし、建物群の中心には自然光方式のドーム型施設が設けられ、藩国の自然環境回復にむけた、伝統的農業への回帰が可能な研究を継続している。

部品: 砂漠の「オアシス」
満天星植物ファクトリーの中心には、透明なドーム型の施設が設置され、自然光を取り入れることが可能なこの施設では、伝統的農作物を中心とした育成が行われている。
完全閉鎖型の工場群の中に、忽然と現れたかのような球形のドームは、その外観と、内部の理想的植物環境に対するイメージから、満天星国の「オアシス」と呼ばれている。

部品: ニューガラス建材の使用
自然光を取り入れる透光性建材として、満天星植物ファクトリーのドーム型施設では、ファインセラミックスの一種であるニューガラスが用いられている。
建材分野への応用はまだ研究段階の部分も多い実験的素材であるが、近赤外域である熱線の選択的に反射する被膜加工や、空気層を中に挟んだ複層構造などの研究も進められている。
原料としては、藩国で産出する石英類の溶融加工が主流となっている。

部品: 太陽光発電による電源確保
植物工場では、その施設内の電源確保についても、実験的施設の運用を行っており、敷地内施設の屋上などを利用した太陽光発電システムが設置されている。
この設備には、宇宙開発拠点コスモスにおいて計画された太陽電池プラント、”満天陽プロジェクト”のパネル技術が使用されている。

部品: バイオマスの再利用研究
植物工場では、工場内で排出される農作物の非食用部について、バイオマス資源として活用する研究も行っている。
微生物分解による堆肥への再生、メタン発酵によるバイオガスとその燃焼による発電システムなどが主な取り組みである。

部品: 品種保存管理施設
品種とは、同じ生物種の中でも特定の遺伝的特徴を持つグループのことをさす。
植物工場の密閉性を生かし、満天星植物ファクトリーでは、藩国内の植物品種の保存管理を行っている。
農業用としては、保存した原原種から、病害汚染のない健全な種苗を生産提供して、農地の土壌管理に貢献している。
また、生物多様性の保護に配慮し、広範囲にわたる標本資料の収集に努め、遺伝子バンクとしての役割も期待されている。

部品: 品種改良研究
品種改良の技術とは、農作物や家畜などの遺伝的形質を変化させ、栽培や育成に適した新しい品種を作り出す技術のこと。
優良な形質を持つ個体の選別による品種の確立、形質継承を意図した交雑と子の選別による優良な遺伝子の集積などを行うのが一般的である。
植物の場合は、個体数確保を目的とした接ぎ木や株分けなどの無性生殖も行われる。
満天星植物ファクトリーでは、原則として、安全性の確立された伝統的手法に基づいた品種改良研究を行っている。

部品: クローン技術全般の厳密な管理
科学技術の進歩に応じて、放射線照射やバイオテクノロジーの活用により、人為的な遺伝子変異から新しい品種を得る方法が用いられる場合もある。
生物種は様々な遺伝的要素が密接に関連して成立しており、遺伝的形質の改良には生命の尊厳を守る倫理的側面への配慮が不可欠となる。
満天星植物ファクトリーでは、遺伝子組み換え技術は他に代替手段の無い場合に限って研究が行われ、科学的な必要性判断を行う検討委員会が設置されている。
研究が認められた場合においても、厳重な管理下での研究と流出防止策が徹底される。

部品: 農業関連技術の研究
農耕や牧畜などの農作業に関わる技術の研究。
田畑や牧畜場などの整地や、作業従事者への対応、農作物や家畜などの収穫物加工まで、一連の農業生産作業全般に関わり、収穫物の収量や品質に影響する技術であり、効率的な作業を支える農具や農業機械などの活用が重要になる。

部品: 栽培土壌管理の研究
植物を栽培する土壌の管理を行う技術研究。
土壌は植物栽培の基本となるものであり、土壌の種類や性質の把握、目的に応じた改善と栽培経過に応じた管理を行い、地力の維持や増進に努めることは、植物の育成に対して大きな影響を与える。
特に経年栽培時の障害を低減する土壌含有の必要有機物管理や水分管理は、非常に重要な知識である。また、土壌侵食による栽培地域の環境悪化にも注意が必要とされる。

部品: 肥料管理の研究
植物の生育に必要な栄養素を与え、成長を助ける肥料管理の研究。目的の植物や土壌に適した選定と、適正な使用量や回数管理などが必要となる。
植物の健康な生育や成長速度管理、農作物収穫量の増加などに繋がると同時に、過大な投与や雨水による流出時の濃縮などの悪影響を防止するためにも重要な知識である。
古くから動物の排泄物などを利用した有機質肥料が用いられてきたが、土壌中に不足しがちな窒素、リン、カリウムを主成分とする化学肥料も用いられる。

部品: 農薬取扱いの研究
農業生産に際して使用する薬剤の取扱いに関する研究。
農作物を病虫害から守り、農業生産性を向上させる目的で、殺虫剤、殺菌剤や除草剤が主に用いられ、植物の成長を増進または抑制する薬剤も含まれる。
また駆除目的の害虫に寄生する菌類や、捕食者などの「天敵」も生物農薬として使用されることがある。
農薬は一般的に、他の動植物に対しても毒性を持つものが多く、使用の際には目的や対象農作物、対象地域の環境や気候に応じた適切な選定と厳格な管理が必要である。
天然物由来の農薬も使用されるが、分解されにくい合成化合物を使用する場合は、特に農作物や土壌、周辺水質環境への残留毒性についても十分な対策が必要とされる。

部品: マンテンレンコン
満天星国のブランド野菜として普及しているレンコンについて、、特にブランド野菜であるマンテンレンコンの更なる研究が進められている。
収穫量増加や農作業の負担低減、含有栄養素研究などと共に、美しい花や葉を生かした園芸品種の改良、観光向けの商品開発も進んでいる。

部品: 満天星ポテト
過去の耕作地復興計画において栽培されていたジャガイモ、特に利用が進む満天星ポテトの生産研究が行われている。
ジャガイモは病害菌が繁殖しやすいため、土壌管理や種苗管理のための種芋生産が研究されている。

部品: 麦類
北国人の伝統を引き継ぎ、満天星国では主食としての小麦栽培が続けられている。
砂漠化の影響により作付けが困難になった麦類は、植物工場による生産体制の構築がすすめられている。
また、小麦だけでなく、大麦、ライ麦、エン麦といった麦類全般の研究が進み、各種商品開発への利用が進められている。

部品: 米類
満天星国では、東国人由来の伝統的作物である稲作についての研究が行われている。
砂漠化が進む農作地向けの陸稲研究、植物工場を生かした水稲栽培の研究の双方が進められている。

部品: ソバ
救荒作物の研究から発展し、満天星国において新しい作物としての導入が進んでいるのが、ソバである。
ハチミツを採取するための蜜源植物としても利用され、各種の栄養素も豊富なソバは、蒸留酒の原料やダイエタリーフードなど、様々な利用法の研究が進められている。





インポート用定義データ


[
{
"title": "満天星植物ファクトリー",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "設立の歴史",
"description": "満天星国では藩国砂漠化の対策として、耕作地復興計画に基づいた農産物供給の回復に努めてきた。\nその技術を生かしながら、農業用の種苗管理施設として、また更に厳しい環境における植物栽培への挑戦として、植物工場方式の作物生産組織を設立した。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "植物工場とは",
"description": "植物工場は、工場のような建物施設の内部で植物の生育を行う栽培方式のこと。\n光、温度、湿度、二酸化炭素濃度、養分などの様々な環境条件を詳細に管理することで、計画的農業を行うことが可能になる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "理念",
"description": "満天星植物ファクトリーは、藩国内への食糧・食料供給の安定を主たる目的として設立された。\n民族紛争、気候変動といった様々な苦難を乗り越えた藩国における未来への農業の道を模索するため、伝統的な藩国内の品種保存とその改良、また気候変動への適応を視野に入れた挑戦的農業の担い手育成を目的に、研修施設の役割も期待されている。\n施設内の研究活動については、自然環境を構成する植物相・フロラに関する研究や、生態系の回復や維持管理などを目的とする様々な植物種の保存と育成も含めた、自然環境保全や生物多様性についての科学的知識と、生命を尊重する謙虚な姿勢が求められる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "施設概要",
"description": "植物工場の最大のメリットである生育条件の管理を生かし、太陽光も遮断した完全人工光型の施設を中心に構成されている。\nしかし、建物群の中心には自然光方式のドーム型施設が設けられ、藩国の自然環境回復にむけた、伝統的農業への回帰が可能な研究を継続している。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "砂漠の「オアシス」",
"description": "満天星植物ファクトリーの中心には、透明なドーム型の施設が設置され、自然光を取り入れることが可能なこの施設では、伝統的農作物を中心とした育成が行われている。\n完全閉鎖型の工場群の中に、忽然と現れたかのような球形のドームは、その外観と、内部の理想的植物環境に対するイメージから、満天星国の「オアシス」と呼ばれている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "ニューガラス建材の使用",
"description": "自然光を取り入れる透光性建材として、満天星植物ファクトリーのドーム型施設では、ファインセラミックスの一種であるニューガラスが用いられている。\n建材分野への応用はまだ研究段階の部分も多い実験的素材であるが、近赤外域である熱線の選択的に反射する被膜加工や、空気層を中に挟んだ複層構造などの研究も進められている。\n原料としては、藩国で産出する石英類の溶融加工が主流となっている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "太陽光発電による電源確保",
"description": "植物工場では、その施設内の電源確保についても、実験的施設の運用を行っており、敷地内施設の屋上などを利用した太陽光発電システムが設置されている。\nこの設備には、宇宙開発拠点コスモスにおいて計画された太陽電池プラント、”満天陽プロジェクト”のパネル技術が使用されている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "バイオマスの再利用研究",
"description": "植物工場では、工場内で排出される農作物の非食用部について、バイオマス資源として活用する研究も行っている。\n微生物分解による堆肥への再生、メタン発酵によるバイオガスとその燃焼による発電システムなどが主な取り組みである。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "品種保存管理施設",
"description": "品種とは、同じ生物種の中でも特定の遺伝的特徴を持つグループのことをさす。\n植物工場の密閉性を生かし、満天星植物ファクトリーでは、藩国内の植物品種の保存管理を行っている。\n農業用としては、保存した原原種から、病害汚染のない健全な種苗を生産提供して、農地の土壌管理に貢献している。\nまた、生物多様性の保護に配慮し、広範囲にわたる標本資料の収集に努め、遺伝子バンクとしての役割も期待されている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "品種改良研究",
"description": "品種改良の技術とは、農作物や家畜などの遺伝的形質を変化させ、栽培や育成に適した新しい品種を作り出す技術のこと。\n優良な形質を持つ個体の選別による品種の確立、形質継承を意図した交雑と子の選別による優良な遺伝子の集積などを行うのが一般的である。\n植物の場合は、個体数確保を目的とした接ぎ木や株分けなどの無性生殖も行われる。\n満天星植物ファクトリーでは、原則として、安全性の確立された伝統的手法に基づいた品種改良研究を行っている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": " クローン技術全般の厳密な管理",
"description": "科学技術の進歩に応じて、放射線照射やバイオテクノロジーの活用により、人為的な遺伝子変異から新しい品種を得る方法が用いられる場合もある。\n生物種は様々な遺伝的要素が密接に関連して成立しており、遺伝的形質の改良には生命の尊厳を守る倫理的側面への配慮が不可欠となる。\n満天星植物ファクトリーでは、遺伝子組み換え技術は他に代替手段の無い場合に限って研究が行われ、科学的な必要性判断を行う検討委員会が設置されている。\n研究が認められた場合においても、厳重な管理下での研究と流出防止策が徹底される。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "農業関連技術の研究",
"description": "農耕や牧畜などの農作業に関わる技術の研究。\n田畑や牧畜場などの整地や、作業従事者への対応、農作物や家畜などの収穫物加工まで、一連の農業生産作業全般に関わり、収穫物の収量や品質に影響する技術であり、効率的な作業を支える農具や農業機械などの活用が重要になる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "栽培土壌管理の研究",
"description": "植物を栽培する土壌の管理を行う技術研究。\n土壌は植物栽培の基本となるものであり、土壌の種類や性質の把握、目的に応じた改善と栽培経過に応じた管理を行い、地力の維持や増進に努めることは、植物の育成に対して大きな影響を与える。\n特に経年栽培時の障害を低減する土壌含有の必要有機物管理や水分管理は、非常に重要な知識である。また、土壌侵食による栽培地域の環境悪化にも注意が必要とされる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "肥料管理の研究",
"description": "植物の生育に必要な栄養素を与え、成長を助ける肥料管理の研究。目的の植物や土壌に適した選定と、適正な使用量や回数管理などが必要となる。\n植物の健康な生育や成長速度管理、農作物収穫量の増加などに繋がると同時に、過大な投与や雨水による流出時の濃縮などの悪影響を防止するためにも重要な知識である。\n古くから動物の排泄物などを利用した有機質肥料が用いられてきたが、土壌中に不足しがちな窒素、リン、カリウムを主成分とする化学肥料も用いられる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "農薬取扱いの研究",
"description": "農業生産に際して使用する薬剤の取扱いに関する研究。\n農作物を病虫害から守り、農業生産性を向上させる目的で、殺虫剤、殺菌剤や除草剤が主に用いられ、植物の成長を増進または抑制する薬剤も含まれる。\nまた駆除目的の害虫に寄生する菌類や、捕食者などの「天敵」も生物農薬として使用されることがある。\n農薬は一般的に、他の動植物に対しても毒性を持つものが多く、使用の際には目的や対象農作物、対象地域の環境や気候に応じた適切な選定と厳格な管理が必要である。\n天然物由来の農薬も使用されるが、分解されにくい合成化合物を使用する場合は、特に農作物や土壌、周辺水質環境への残留毒性についても十分な対策が必要とされる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "様々な栽培品種研究",
"part_type": "group",
"children": [
{
"title": "マンテンレンコン",
"description": "満天星国のブランド野菜として普及しているレンコンについて、、特にブランド野菜であるマンテンレンコンの更なる研究が進められている。\n収穫量増加や農作業の負担低減、含有栄養素研究などと共に、美しい花や葉を生かした園芸品種の改良、観光向けの商品開発も進んでいる。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "満天星ポテト",
"description": "過去の耕作地復興計画において栽培されていたジャガイモ、特に利用が進む満天星ポテトの生産研究が行われている。\nジャガイモは病害菌が繁殖しやすいため、土壌管理や種苗管理のための種芋生産が研究されている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "麦類",
"description": "北国人の伝統を引き継ぎ、満天星国では主食としての小麦栽培が続けられている。\n砂漠化の影響により作付けが困難になった麦類は、植物工場による生産体制の構築がすすめられている。\nまた、小麦だけでなく、大麦、ライ麦、エン麦といった麦類全般の研究が進み、各種商品開発への利用が進められている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "米類",
"description": "満天星国では、東国人由来の伝統的作物である稲作についての研究が行われている。\n砂漠化が進む農作地向けの陸稲研究、植物工場を生かした水稲栽培の研究の双方が進められている。",
"part_type": "part",
"expanded": true
},
{
"title": "ソバ",
"description": "救荒作物の研究から発展し、満天星国において新しい作物としての導入が進んでいるのが、ソバである。\nハチミツを採取するための蜜源植物としても利用され、各種の栄養素も豊富なソバは、蒸留酒の原料やダイエタリーフードなど、様々な利用法の研究が進められている。\n",
"part_type": "part",
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
],
"expanded": true
}
]