※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バハムートBahamut


第七霊災を引き起こした古の蛮神
「龍神」の二つ名を持つ。
【以下、壮大なネタバレを含みます】




召喚の経緯

第四星暦末期、始皇帝ザンデの復活により、かつての勢いを取り戻したアラグ帝国は、
世界統一を成すため、南方大陸「メラシディア」への進軍を開始した。
その際、南方大陸の住民たちは次々と蛮神を召喚して対抗。
この内、メラシディアに棲むドラゴン族が召喚したのが「龍神バハムート」であった。

オメガによる討伐

南方大陸の住民が召喚した蛮神に対して、アラグ帝国の軍勢は召喚士や対蛮神兵器を用いて戦った。
特に強力な存在であった「龍神バハムート」に対しては、「オメガ」と呼ばれる対蛮神兵器が用いられ、
生きたまま捕獲することに成功したようだ。
ただし、オメガがどのような存在なのかや戦いの経緯については、現時点では明らかになっていない。

ダラガブへの封印

「龍神バハムート」を捕らえたアラグ帝国の魔科学者たちは、
バインディング・コイルと呼ばれる拘束具で、バハムートの巨体を拘束した。
さらに、これをダークマター製の外殻で包み込み、人工衛星「ダラガブ」を作り上げた。
ダラガブ内には、多数の信者(メラシディアのドラゴンたち)が詰め込まれたうえ、
ラグナロク級拘束艦によって、再生させ続けることで、バハムートの顕現を維持。
バハムートをコアとして用いることで、「太陽の力」を集積し、クリスタルタワーに送信するシステムを作り上げた。
そして、月の衛星軌道上に打ち上げたのである。

第五霊災の発生

バハムートをコアにした人工衛星「ダラガブ」が起動したことで、
莫大な「太陽の力(電力?)」がクリスタルタワーに注ぎ込まれた。
しかし、クリスタルタワーは受け止めきれず、流れ出した力が地殻を崩壊させたことで、大地震が発生した。
これが土属性の霊災である「第五霊災」である。
第五霊災により、栄華を誇ったアラグ文明は崩壊。
「ダラガブ」の存在も忘れ去られ、人々はただの「月の衛星」と考えるようになっていった。

メテオ計劃による目覚め

時は流れ、第六星暦末期。ガレマール帝国の筆頭機工師ミド・ナン・ガーロンドは、
どのような経緯かは不明であるが、「ダラガブ」が人工衛星であることを知る。
そして、その力を利用するために「メテオ計劃」を発動した。
辺境都市「シタデル・ボズヤ」に「交信雷波塔」と呼ばれる施設を築き、ダラガブと交信を試みたのである。
その結果、シタデル・ボズヤは消滅し、ミドたち研究者も全滅してしまう。
これが世に言う「シタデル・ボズヤ蒸発事変」である。
おそらく、交信雷波塔からの通信で再起動されたダラガブが、クリスタルタワーに送ったように、
「太陽の力」を送信した結果、エネルギー受信能力を持たない雷波塔もろとも、都市が焼かれたものと思われる。

ネールのテンパード化

ミドによる「メテオ計劃」の失敗の後、帝国軍第VII軍団長ネール・ヴァン・ダーナスは、
ダーナス家が受け継ぐアラグの知識を利用して、「ダラガブ」を利用することを思い立つ。
ダラガブをコントロールしてエオルゼアへと堕とし、蛮神を呼ぶ蛮族を殲滅するという作戦である。
これが当時の皇帝、ソル・ゾス・ガルヴァスに承認された結果、第二次「メテオ計劃」として動き出す。
だが、ダラガブとの交信の最中、バハムートと接触したネールがテンパード化してしまう。
以後、密かにバハムートの意思を受けて、ネールは動くこととなる。
そして落着地点が、かつてバハムートを捕らえた対蛮神兵器「オメガ」が眠るカルテノー平原に設定され、
第七霊災の日を迎えることになったのである。

第七霊災の真実

ネールの働きにより、ダラガブはカルテノー平原に向かって堕ちた。
そして、上空で外殻が砕け散り、その内部より「龍神バハムート」が現れたのだった。
数千年の長きに渡り、捕らえ続けられていたバハムートの怨みは深く、人が棲まうエオルゼアの地を、
メガフレアの炎で焼き尽くしてしまう。
これに対し、救世詩盟の盟主ルイゾワは、十二神を召喚することで、
「エーテルの檻」を作り上げ、再封印を試みる。
しかしバハムートの力が上回り、エーテルの檻は無残にも砕け散ってしまった。
さらにこの時、周囲に飛散した大量のエーテルが、再生を願う人々とルイゾワの祈りによって、
再生の象徴である幻獣「フェニックス」の顕現を促してしまう。
半神ともいえる状態になったルイゾワ=フェニックスは、大量のエーテルを消費して、エオルゼアを再生(新生)させた。
そして、フェニックスの力で、バハムートを貫き、大きなダメージを与えたのだが、
完全な蛮神と化すことを恐れたルイゾワは、その力を手放し、自ら命を絶つことになる。
その隙を見逃さなかったバハムートは、散りゆくルイゾワのエーテルを喰らい、コアだけの状態となって地中に潜ることになる。

大迷宮バハムート

エオルゼアの地下に潜伏した、バハムートのコアに対して、地上に落下していたラグナロク級拘束艦が動き出す。
拘束艦の使命は、バハムートを「活かし続け、捕らえ続けること」。
そのため、拘束艦は地中を掘り進み、コアを見つけると肉体の再生を開始した。
これがエオルゼア地下空間に存在した、バハムートの正体である。
光の戦士たちは、ルイゾワの孫であるアリゼーと共に、バハムートを消滅させるため、戦うことになる。
最終更新:2014年11月11日 11:25