FF3.5 @ ウィキ

特化研究

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

始めに

FF3.5にはレベルアップ時の使用ジョブや、ボーナスアビリティ等でステータスの成長が変化する。
それらを利用し、目的別に育成する理論とは別で伸ばすステータスをほぼ固定や完全に特化していく育成についてこのページを編集したい。
周回クリアや必要アイテム確保などのやりこみ前提での話であり、
夢を追うもの、浪漫である。

それぞれ特化には個人の趣向と目的があるので編集時には該当カテゴリにて自分の編集項目にタイトルをつけて下さい。
【体力特化ソードマスター】【力特化乱打モンク・・・ラスボスカンスト調整】等。
タイトルで育成最終着地点が解るように出来ると読み手が迷い辛い。

  • 体力特化
  • 力特化
  • 魔力特化
  • 早さ特化
  • HPMP伸ばし
  • 目標能力計算、計算依頼


体力特化

【体力特化ソードマスター】
◆特化の目的、解説
体力特化ソードマスターに爪装備をセットし格闘家の体力補正を付加、さらにMPターボでダメージを1.6倍にしアルテマソードの最高ダメージを追求していく。
アルテマソードの与えダメージは体力にある程度ステータスを振れば乱数次第で5桁カンストは可能。
しかし若干ダメージにブレがあるため体力完全特化+MPターボの1.6倍を利用してアベレージの底上げを図る。

MPターボにより消費MPが198と非常に高く無振りのMP587では2発しか打てない。
そこでコマンドアビリティ調理をセット、したこやきによるMPリジェネで連発を狙うパターンや
ブレイバーでの魔法剣アスピルでMP回復を挟む等して対応して行く。
魔法剣アスピルでエンドオブハートをした場合、475×4程吸収出来る。

体力特化には剣技の威力以外のメリットとして、
リジェネ関係の回復量にも影響している。体力無振りの回復量は1000にも満たないが特化育成の場合4200程回復する。
HPリジェネはもちろん、たこ焼き(MPリジェネ)も体力依存なので一回の自動回復で60ほど回復する。
MPターボをサポートアビリティにセットしている場合MPリジェネの回復が2倍になり、
アルテマソードのダメージも1.5倍になるので非常に相性が良い。

HPは無振りなのでそれほど高くはないが、リジェネのそれもあってHPは数字ほど低くないと思っていい。

最高ダメージ追求としては、トランスや他キャラの歌うアシスト(ちから、たいりょくの歌)もあるがラスボスの手数や長期具合から実用的ではない。
低レベルクリアや縛りプレイ時には大いに役立つ戦術ではある。

◆育成の流れ
LV1~99 体力ボーナス

◆最終ステータス
ジョブアビリティ補正あり
HP 5714
MP 587
29
魔力 6
体力 260
早さ 18

ジョブ補正なし(見習い戦士)
HP 4396
MP 587
22
魔力 22
体力 144
早さ 23

◆使用ジョブ、アビリティ
ジョブ ソードマスター
コマンド 調理、ブレイバー、トランス等
サポート MPターボ
リアクション なし
エクイップ 爪装備
マイナス 獲得EXPダウン

◆戦術
目的、解説の項目で書いたが、非常に高い火力があり敵キャラを瞬殺可能。
体力特化による遅さやHPの低さによる防御面の頼りなさはパーティのサポートや装備、調理などで補完するのが良い。
早さの高いキャラのクイックを利用し、アルテマソードを連発したり
アダマンアーマー装備による防御面確保でクイック一本に頼る戦法が非常に強い。
調理の焼き肉によるプロテス+シェル+リジェネ、魔人の鍋によるバマジク+バオルで自家発電も可能。

早さ特化の項目にもあるが見習い戦士連続全魔法キャラにマサムネを装備させ、
さきがけヘイスガ、リジェネウォールバオル+クイック等の補助連続魔で防御面を確保するのがセオリーか。

余談だが体力特化キャラを利用してコロシアムのマニアックを安定してクリアする方法もある。
見習い戦士 アビリティ
コマンド1 剣技
コマンド2 セーバー
サポート 追加効果
リアクション カウンター
エクイップ リボン装備
マイナス サークル
(追加効果でフォースシールドの効果があがるかも?)
をセットし、装備を
  • フォースシールド
  • リボン
  • げんじのよろい
  • まもりのゆびわ
にする。
開幕セーバーで盾持ちブレイブブレイドを成立させる。そのまま順に撃破していき、
Gオニオンをカウンターで倒し、テュポーンにはフォースシールドでウォールLv1を回避
フォースシールドが発動しなくても、まもりのゆびわのリジェネでほぼ死なない。
ウォールを喰らったあとの状態異常は万能薬で十分。
もっとうまい攻略方法はあるだろうが簡単で楽です。本当に余談でした。


力特化

【力特化乱打モンク・・・ラスボスカンスト調整】
◆特化の目的、解説
モンクの絶対アビリティである格闘を利用し、乱れ打ちで高火力を得るのが目的。
格闘のメリットや解説を箇条書きにすると
  • 格闘は敵を選ばず安定してダメージを得ることが出来る。
  • 格闘を付けた状態での素手攻撃が二刀流の武器扱いとなり、レベル依存で攻撃力が変化する。
  • レベル90~99時にとしゅくうけんという武器になり攻撃力が201になる。
  • アイテム装備なしに201もの高い攻撃力を得ることが出来るので強い装備などを他キャラにまわす事が出来る。
等。そして乱れ打ちでの与ダメージをギリギリカンストに調整し9999×8を安定させていく
ラスボスに格闘乱れ打ち時の与えダメージを9999に調整しておけばゲーム内に出現するボス、雑魚含めほ多くの敵でカンストする(防御魔法のかかった状態やその他特殊状態は含まない)

力の調整が終われば、パーティ次第で何を上げていっても良い。
早さや体力に振り手数や対応力を上げたり、残りを全てHPに振ると9662となり壁の役割を持たせる事も出来る
装備品で力を補う場合はレベルアップボーナスを少し早めに切り上げても良い。

力という使いやすいステータスを伸ばすので他のジョブでも上手く使っていける。
投げるの威力も高くなるので複数の戦略を持てる。

◆育成の流れ
LV1~79 力ボーナス
LV79~99 早さ、HP、体力ボーナス

◆最終ステータス ※残りをHPボーナスで振った場合
ジョブアビリティ補正あり
HP 9662
MP 246
191
魔力 4
体力 29
早さ 22

ジョブアビリティ補正なし(見習い戦士)
HP 5553
MP 587
119
魔力 22
体力 22
早さ 23

◆使用ジョブ、アビリティ
ジョブ モンク
コマンド 乱れ打ち、投げる
サポート なし
リアクション リボン等
エクイップ けいかい、リボン竪琴装備
マイナス 獲得EXP↓、消費MPアップ

◆戦術
特に味方のサポートや準備が必要ないので乱れ打ちをビシバシ打っていけばいい。
与ダメは9999×8=79992と非常に高く敵を選ばずダメージを出してくれるのでパーティの火力の柱となる。
体力特化ソードマスターや早さ特化の高速投げとは違いアイテムやMPを消費しないので便利。
素早さやHPに振るとそれぞれ役割を持たせることが出来、カウンターやカウンターファイナルアタック持ち等の乱れ打ちが恐そうな場合
治療や蘇生、青魔法、薬や投げる等を使っても面白い。
特に投げるは力と早さのステータス依存でダメージを計算しているので高いダメージを得ることが出来る。ちなみに5桁ダメージ可。
モンクのJPはそれほど高くないのでアビリティ選択時に困りがちだが、
エクイップアビリティ格闘さえ付ければその他ジョブでも高威力が見込めるので、ジョブ幅が広い。
力にステータスを振っているので乱れ打ち以外のコマンドアビリティでも高い威力を捻出可能。

力というステータスが多くのダメージ計算に絡んでいるのである意味土台がしっかりしたキャラ育成になる。
力ボーナスでのレベルアップも79で切り上げる事が出来、HPや早さを確保出来るのでそういう意味でも土台が安定する。

魔力特化


早さ特化

【行動速度特化・・・全てを兼ね備えた万能キャラ】
◆特化の目的、解説
行動速度特化による手数や高い対応速度利用し、アビリティや装備を駆使して攻撃魔法補助全て可能な万能キャラ育成を目的とする。
行動速度は早さと体力の和で計算されています。ただし、体力>早さ+10なら、体力=早さ+10となり
体力の純粋特化では早さ+10の値以降全てカットとなり損です。
解りやすく言うと体力200早さ20の場合、体力は30として扱われそれ以降は値は捨てられるので損になるという事です。
逆に早さの純粋特化の場合、他のステータスに比べ半分の成長率しか無いので損になります。
つまりレベル99時に体力を早さ+10に調整するのが最速。という訳です。

体力に多くステータスを振るので各種リジェネの効果に期待が出来ます。
88の体力でHPリジェネ2079 MPリジェネ32の回復量です。

タイトルにもあるように何でもこなせるキャラ育成になりますが、それぞれ型を上げると
  • 見習い戦士+連続魔+全魔法+竪琴装備+早さ+10の体力調整のスーパーサポート
  • 見習い戦士+投げる+薬天使の白衣+アイテム回収+リボン+けいかいの高速投げ
  • 見習い戦士+連続魔+全魔法+杖装備の攻撃補助回復万能魔法使い
  • アウトサイダー+剣技+MPターボ+爪装備のアルテマ剣カンスト狙い

物理攻撃、魔法攻撃、魔法補助回復、アイテム攻撃、アイテム補助回復、を使える非常に幅の広いキャラクターになります。
それぞれについて解説すると、

【見習い戦士+連続魔+全魔法+竪琴装備+竪琴装備+10体力調整のスーパーサポート】
行動速度に特化し手数と全魔法利用で味方をサポートする型。
回転が非常に早いので対応力に優れる。
主要なサポートとして
  • クイックでアタッカーへのアプローチ(体力特化ソードマスター等)
  • ヘイスガで味方の回転速度アップ
  • 聖魔法全般で属性防御やバオルでの状態異常防御、ウォールでの壁張り
  • 回復魔法全般で仲間を回復。
  • 魔法ゲートで聖魔法と魔法ゲート対属性魔法2重掛けの自己防衛
  • 連続魔アスピルでMP回復
等で味方を鉄壁にしたり足回りの乏しいキャラへのサポートが中心。
攻撃は出来ないが周りのパーティメンバーへ強力なサポートが出来るのでパーティに1人は欲しい。

【見習い戦士+投げる+薬天使の白衣+アイテム回収+リボン+けいかいの高速投げ】
投げるのダメージが早さと力のステータスに依存しており
早さのステータスに多く振っているこの育成では非常に高いダメージを出してくれる。
後列可で限界ダメージ突破の5桁カンスト可。持ち前の行動速度もあって投げるアイテム次第では屈指の攻撃力を誇る。
包丁を投げれば力や早さに完全特化してないこの育成でも99999が可能。
薬と天使の白衣の効果で宇宙のカーテンやエクスポーション、万能薬やユニコーンの角、エリクサーなど上級アイテムも全体掛け出来、
補助回復キャラとしてサポートしていく事も出来る。
ちなみに投げると薬どちらにもアイテム回収の効果があり、薬に関しては効果が発動すると4つのアイテムが残る。

【見習い戦士+連続魔+全魔法+杖装備の攻撃補助回復万能魔法使い】
杖装備の魔力補正と長老の杖のMPターボ効果を利用し攻撃魔法と回復魔法の威力を上げる。
攻撃面では連続魔フレアの防御無視カンスト×2や、
全体化魔法に関しては連続魔バハムート等があり雑魚処理にも困らない。応援をセットすればカンスト可(要サークル)
魔力特化魔法攻撃キャラの限界突破手段であるアルテマは強制的に全体化魔法なので2万~4万程度しかダメージが出ず。
基本1体しかいないボスに対してはあまり効果を成さない。つまりフレアで9999が出れば連続魔で問題ない。
MPターボ時のフレアカンストに必要な魔力は55~で杖装備の補正と装備品などで確保出来る。
仮に満たさない場合でも8000×2もあれば十分だと思われる。

回復面ではイヤリングがあればケアルガ全体掛けで7000を超える。シェルが効いてもその半分なので十分だろう。
攻撃や回復だけではなく本来のサポートとしての機能も果たせるので臨機応変に対応出来る。
ただし、体力=竪琴装備時早さ+10の調整を掛けているこの育成では杖装備時に早さ補正がないので
体力が早さ+10の値を大きく超えてしまい無駄が生じ、行動速度は落ちる。

【アウトサイダー+剣技+MPターボ+爪装備のアルテマ剣カンスト狙い】
体力に大きくステータスを振っており、爪装備時の体力は158。
高い体力を利用して特化キャラのようにアルテマソードで攻撃する。
乱数次第で99999のカンストに届き、各種リジェネの回復量もHP2945 MP45(装備品無し時)と十分だ。
魔法剣を利用して各種属性エンドオブハートで9999×8ダメージやアスピル剣でMP回復に当てるのも良い

マイナスアビリティにサークル必須なので無理をして使う様な型ではい。
あくまでこういう使い方も出来ると認識していれば良い。

◆育成の流れ
LV1~46 早さボーナス
LV46~99 体力ボーナス

◆最終ステータス
ジョブアビリティ補正あり
HP 4396
MP 587
22
魔力 22,38※3
体力 88
早さ 78※1,102※2
※1、竪琴装備時
※2、けいかい時
※3、杖装備時

ジョブアビリティ補正なし
HP 4396
MP 587
22
魔力 22
体力 88
早さ 51

◆使用ジョブ、アビリティ
【見習い戦士+連続魔+全魔法+竪琴装備+早さ+10の体力調整のスーパーサポート】
ジョブ 見習い戦士
コマンド 連続魔、全魔法
サポート なし
リアクション なし
エクイップ 竪琴装備
マイナス -6以上

【見習い戦士+投げる+薬天使の白衣+アイテム回収+リボン+けいかいの高速投げ】
ジョブ 見習い戦士
コマンド 投げる、薬
サポート アイテム回収
リアクション リボン
エクイップ けいかい
マイナス -1以上

【見習い戦士+連続魔+全魔法+杖装備の攻撃補助回復万能魔法使い】
ジョブ 見習い戦士
コマンド 連続魔、全魔法
サポート 応援
リアクション なし
エクイップ 杖装備
マイナス -6、応援時サークル

【アウトサイダー+剣技+MPターボ+爪装備のアルテマ剣カンスト狙い】
ジョブ アウトサイダー
コマンド 剣技
サポート MPターボ
リアクション なし
エクイップ 爪装備
マイナス サークル

◆戦術
【見習い戦士+連続魔+全魔法+竪琴装備+早さ+10の体力調整のスーパーサポート】
武器をマサムネにし、開幕ヘイスガで回転率アップ。
全体にウォールバオルやバマジクが行き届けば、リジェネや属性防御聖魔法で固めよう。
補助サポートとしての仕事が終われば、クイックを中心にアタッカーへのサポートへ回る。
クイックはアダマンアーマー装備のアタッカーとの相性も非常に良い。
MPが足りなくなれば、アスピルなどで補充していこう。

【見習い戦士+投げる+薬天使の白衣+アイテム回収+リボン+けいかいの高速投げ】
この戦術は早さ特化に2つの意味を持たせる事が出来る。
1つは早さによる単純な手数の確保。もう一つが投げるのダメージ確保。
既に力特化の項目で書いてある事だが投げるは力と早さでダメージ計算をしているので早さにステータスを振る事によってダメージが上がる。
5桁ダメージを与える事が出来、投げるアイテムを包丁に絞れば99999で安定する。
ダメージとその手数を併せて攻撃力は最高ランク。ただしアイテムを消費するので1クリア1品物の包丁を使える様にするには複数周回のクリアが必要。
投げるにはアイテム回収が効くので1品物を投げたい場合セーブロードでアビリティ発動を待ってもいい。
薬での補助もとても便利で連続魔サポートの場合ウォールを全体掛けするのに2ターン掛かるが、
宇宙のカーテンで1ターンで済むのも大きいだろう。その他回復補助のアイテムも充実しているので魔法サポートと変わらない恩恵が得られる。
アビリティのリボンをセットする余裕があり、敵の全体状態異常攻撃が来ても自キャラは大丈夫なので
仲間が被弾しても万能薬やユニコーンの角で即回復が可能。

【見習い戦士+連続魔+全魔法+杖装備の攻撃補助回復万能魔法使い】
スーパーサポート型の早さを落として攻撃力を上げた型。
杖装備で魔力補正がかかり、長老の杖装備で魔力UP&MPターボを身に付ける事が可能。
MPターボにより魔法ダメージが1.6倍になり魔力で特化育成したキャラに遜色のない攻撃力を得られる。
攻撃方法としては連続魔フレア、全体化にはバハムート等がメイン。弱点属性がある場合は各種属性魔法を使っても良い。
MPには無振りなので587しかなく、さらにMPターボで消費が2倍になっているので定期的にアスピルを挟まなければならない。
しかし攻撃力自体が上がっているのでアスピルの回復量も300を超えており、MPの少なさはそれほど目立たない。

バハムート等召喚魔法で攻撃する際ダメージを上げたければ応援をセットしても面白い。
回復面ではイヤリングなどを利用すると全体化で7500程回復する。シェル等が掛かっていても十分な回復量だろう。
装備やアクセサリがほぼ固定なので自由度があまりない。

【アウトサイダー+剣技+MPターボ+爪装備のアルテマ剣カンスト狙い】
完全にサポートを捨て物理攻撃に走った戦術。
1ターン目に魔法剣で準備、2ターン目からの攻撃というコンボキャラ。
MPが無振りなのでアルテマソードは2発しか撃てない。そこで魔法剣アスピル+剣技などでMPを回復していく。
エンドオブハートの一斬あたり475ほど吸収するので回復量は十分。
弱点次第で属性魔法剣乱れ打ちで攻めても良い。

爪装備で体力が上がっているのでリジェネ関係の回復量が高い。HP2945 MP45(装備品無し時)
マイナスアビリティにサークルが必須なので上記の自動回復等を利用して死なないよう気をつけたい


行動速度特化キャラは全ての役割をこなすことが出来、パーティに最低一人は欲しい。
複数いてもキャラ分け使い分けが出来るので便利だろう。

HPMP伸ばし


目標能力計算、計算依頼


  • 管理人さんへ、連続編集回数の縛りで規制がかかってしまいました。もしこちらを見ることがあれば何らかの反応を頂きたいです。 -- 特化研究班 (2009-07-25 08:24:51)
名前:
コメント: