英雄の証

えいゆうのあかし

収録作品:モンスターハンター[PS2]
作曲者:甲田雅人

概要

人気シリーズである「モンスターハンター」のメインテーマであり、オーケストラを使った勇ましい曲調が特徴。
シリーズの顔とも言える代表曲であり、続編や派生作品、モンスターハンターシリーズのCMなどで原曲やアレンジ曲が使われている。

当初は民族音楽風にしてくれと依頼されたが、作曲の甲田雅人氏はゲームの舞台が壮大であったため、
この曲は是非ともオーケストラにさせてくれと強く頼み込んだという。ゲーム中でも様々なアレンジが使用されており、
特にラオシャンロン戦の最終ステージで本曲のショートバージョンの「最終決戦」が流れる演出はプレイヤーからの評価が高い。

シリーズのオープニングやプロモーションビデオなどで本曲がアレンジされて使われることも多い。
モンスターハンター3』では小見山優子氏によるアレンジバージョンが使用された。
こちらも生のオーケストラによる演奏だが、原曲よりもトランペットが強調されている。
モンスターハンター4』では茅根美和子氏によるアレンジが使用された。
こちらも生のオーケストラによる演奏であり、『モンスターハンター3』のアレンジよりも原曲に近いアレンジとなっている。
他にも『モンスターハンター フロンティア オンライン』やスピンオフ作品のPVなどでも本曲のアレンジが使用されている。

モンスターハンター:ワールド』では本曲も他作品と同様の使い方で使用されているが、『星に駆られて』という曲がPVなどでもメインテーマとして前面に押し出されている。またワールドでは、『星に駆られて』に『英雄の証』を組み込んだアレンジ曲『名もなき狩人の矜持』が存在する。この楽曲もPVにて使用されているが、前半の『星に駆られて』ベースのパートでは新大陸におけるモンスターの生態系や調査団の面々がピックアップされた映像が流れる。しかし、『英雄の証』のフレーズが入ると同時に、ハンター(プレイヤーキャラ)による各武器の見せ場シーンへと移行する構成となっており、『星に駆られて』は舞台となる新大陸のメインテーマ、『英雄の証』をハンター達のメインテーマとして位置付けていると思われる。

余談だがかつてカプコンに所属していた牧野忠義氏はこの曲を聴いて感動し、カプコンに興味を持ったとインタビューで語っている。
バラエティ番組などのBGMとして本曲が使われることがあったり、平成25年度自衛隊音楽まつりのオープニングなどで本曲が演奏されたこともあったりと、
モンスターハンターシリーズをプレイしたことがなくても本曲を知っている人は多いだろう。

過去ランキング順位


サウンドトラック

モンスターハンター サウンドトラック ブック


モンスターハンター 狩猟音楽集


MONSTER HUNTER 2004-2012[LIFE]