渡り鳥無頼

わたりどりぶらい


概要

本作のアウトフィールドマップで流れる曲。
マカロニウェスタンな口笛をメインに据えたフィールド曲であり、曲が進むにつれてコーラスが入って徐々に壮大に、
広がりを感じさせる荒野なメロディへと展開していき、また寂しげな口笛のメロディへと戻る曲調は印象に残りやすい。

荒野が舞台となっている「WA」シリーズだが、『WA3』の世界観は特に荒野である。
フィールドのほぼ全てが荒野な上に、海が砂海(と書いてデューンと読む)である。
他にも馬などの荒野アイテムが配置されており、徹底して荒野を描いている。
さらに言えば、『WA3』の世界が荒野全開であることは、重要な設定としてシナリオに密接に絡んでいる。
そんな荒野感MAXなアウトフィールドと、この口笛を前面に押し出したフィールド曲は非常にマッチしており、
フィールド探索へと臨むプレイヤーの気持ちを高揚させてくれる。
今作は馬に乗ってフィールドを探索することができるため、気分はまさにマカロニウェスタンな西部劇である。

また今作のラスボス最終形態で流れる「原初の終焉」は、なんとこのアウトフィールド曲のアレンジである。
一見するとラスボス曲としては比較的穏やかであるように感じる曲だが、今作のラストバトルはある意味で、
ファルガイアそのものを相手にするシチュエーションであり、その曲がアウトフィールド曲のアレンジというのは中々に深い。

なお曲名「渡り鳥無頼」の『無頼』は「無法な行いをすること」という意味である。
クリアした人にとって感慨深いタイトルであり、これほど『WA3』のフィールド曲として相応しいタイトルもないだろう。

過去ランキング順位


サウンドトラック

ワイルドアームズ アドヴァンスドサード ― オリジナル・サウンドトラック