The end of 1996 H.K.

The end of 1996 H.K.

収録作品:ガメラ2000 [PS]
作曲者:ZUNTATA(中澤秀一郎高木正彦、中西宗博)

概要

ステージ6の「NEO HONG KONG」で流れるBGM。
疾走感のあるトランステクノと力強いエキゾチックなコーラスが組み合わさった楽曲。
さらに曲の後半に入ると香港の雑踏を思わせるような環境音が入り込んでくる。
香港特有のイメージに合ったサイバー感と民族情緒が入り混じった曲であり、
夜の香港の高層ビル街や、ネオンが妖しく輝く繁華街などを背景にしたステージとよく馴染んでおり人気が高い。
ZUNTATAのライブでもよく演奏されていたので、ゲームではなくライブからこの曲を知った人も多いだろう。

作曲は中澤秀一郎氏、高木正彦氏、中西宗博氏の3名による共作。
曲のベースは高木氏と中西氏が製作。中西氏が元となるアイディアを作って高木氏が曲の肉づけを行った。
中澤氏はマニピュレーターやデータ管理などの打ち込みの他に、スネアロールなどを担当したという。

なお『ガメラ2000』が発売された1997年は、香港がイギリスから中国へ返還された年。
この「The end of 1996 H.K.」というタイトルも、一つの時代の終わりを迎える香港にちなんで付けられたと思われる。

過去ランキング順位


サウンドトラック

ガメラ2000 ~オリジナルサウンドトラックス~