花(俺の屍を越えてゆけ)

はな

収録作品:俺の屍を越えてゆけ [PS/PSP]
歌:樹原涼子
作詞:樹原涼子
作曲:樹原涼子

概要

『俺の屍を越えてゆけ』の主題歌。
ボーカル・作詞・作曲はピアニストの樹原涼子氏が担当し、樹原氏のバンドである「ごきげんバンド」が演奏している。
ゲームではタイトル画面(PS版のみ)およびエンディングでの歴代の一族表示で流れる。
また主題歌だけあって一族死亡時の「花 散る」など、この曲のメロディーをモチーフにしたBGMも多い。

この曲はもともとこのゲームの為に制作されたものではなく、ゲーム発売前から樹原氏の持ち歌として披露されていた。
そこにプロデューサーである桝田省治氏が樹原氏のコンサートで初演の「花」を聴き、樹原氏に頼み込んでこの曲をゲームの主題歌として採用した。
当時本作はまだ企画書の段階で、それなのに桝田氏はこの曲が自分の構想と完全にマッチしている直感し、まさに運命的な出会いだったという。

桝田氏によると「花」は「品がいいのにアグレッシブ、そこから伝わるメッセージは極めて強烈で断固」と評しており、
この時点で完成していなかった本作のあらゆる要素が 「花」の影響を受けることになったという。
『俺屍』を牽引したのは「花」である、と言っても過言ではない、とも語っておりそれほどまでにこの曲が本作で果たした役割は大きかった。

ピアノとアコースティックギターが織り成す繊細なメロディーと、それを引っ張る力強い歌声が心を揺さぶられる一曲で、
特にエンディングにて、短い命を燃やし尽くした歴代の一族が表示される画面でこの曲がこの流れるのは非常に感慨深い。
歌詞を見ても本当にここのシーンのためだけに作られたような曲であり、桝田氏がこの曲をタイトル画面でも使ったのはマズかったと言うほど。
そのためかリメイク版であるPSP版では、タイトル画面の曲は「花」のアカペラバージョンである「花 開く」へと差し替えられた。

過去のランキング順位


歌詞

以下のページを参照
別窓開きます。

サウンドトラック

「俺の屍を越えてゆけ」オリジナル・サウンドトラック


「俺の屍を越えてゆけ」 コンプリート・サウンドトラック ~いつか きっと~



外部リンク

“俺屍”のテーマ曲「花」
アルファシステムのブログ。「花」についての経緯が書かれている。