【種別】
実験・科目

【初出】
一巻

【解説】
学園都市で日々行われている、人に超能力を発現させ、それを調整・強化していくためのプロセス。
「時間割り(カリキュラム)」とも表現され、学生達は暗記術や記憶術の名目で授業として行っている。

具体的には薬物投与、催眠術による暗示、脳や首筋への直接的な電気刺激など、脳を開発することで脳の構造を変化させて「まともな現実」から切り離し、「自分だけの現実(パーソナルリアリティ)」を誘発・獲得させている。

開発には年齢制限が設けられており、下限は五歳。上限は不明だが少なくとも御坂美鈴の年齢では受けられない。
なお、A.A.Aに接触した琉華は「思春期の心性と薬物作用を網羅した超常誘発方式自体がかの僧院テレマの(以下略)」と呟いており、
どうやら開発を受ける側の年齢も重要であるらしい。「思春期の少年少女」であることが必須のようだが果たして。

授業だけあって高等学校以上では単位扱いされ、被験されるだけでなく座学としても学ぶ。
内容としては使用される薬品についてや、超能力の分類、AIMについてなど。
幼年期から受講するためか、お世辞にも学業が出来るとは言えない上条でさえ
「 薬に関する知識など歴史年表みたいに頭の中に入っている」
らしい。

登場したカリキュラム