ゴロネコ藩国@Wiki

国・人について

最終更新:

yot

- view
メンバー限定 登録/ログイン
最終更新 2009-06-0423:25:00

【人】


名称 森国人
要点 長い耳・長い髪(男女とも)・やせぎす・皮の服装
周辺環境 森の中の塔・大水車・一見して森に見える村・河の鉄・高度な瞑想通信
評価 体格0.67(評価−1)・筋力1.00(評価0)・耐久力0.67(評価−1)・外見1.50(評価+1)・敏捷1.50(評価+1)・器用1.00(評価0)・感覚1.50(評価+1)・知識1.50(評価+1)・幸運1.00(評価0)
特殊 ・森国人は一人につきターン開始時に娯楽1万tが増加する代わりに食料1万tを消費する。
   ・森国人は一般行為判定を伴うイベントに出るたびに食料1万tを消費する。
次のアイドレス 猫妖精(職業)・理力使い(職業)・忍者(職業)・整備士(職業)・医師(職業)・観光地(施設)・国歌(絶技)・寮(施設)・食糧生産地(施設)・高位森国人(人)・魔法使い(職業)



(左:最近の主流・右:民族衣装)森国人(作:榊聖)



【国について】

ゴロネコ藩国は、自然にあふれ、一年を通して温暖で暮らしやすい緑豊かな土地に存在する。
国土の大半が、森に覆われている。
森の奥深くは、まだ人の手があまり入っておらず、神秘に満ちている。
時折、森の奥から「もけけー、もけけー」とか、「ぷけー、ぷけー」とか、怪しげな何かの鳴き声が聞こえてきたりする。
国土北部境界ギリギリに山間部が存在し、地下資源などはここから採掘されている。
山中に眠る鉱脈や河から採取される砂鉄は良質で、工場によって加工された後、その大半が他国へと輸出される。
また、砂鉄などとは別に、通称「河の鉄」と呼ばれる河のような形をした鉄の塊がある。
大昔に高熱で溶けた大きな鉄が流れ出し冷えて固まり現在の形に成ったと言われている。
重要な鉱物資源であり、また観光名所でもある。
今でも少しづつ流れ続けているという噂があるが、河の鉄の上でピクニックした時に帽子を忘れて、次の日取りに行ったら100mも下流に流せれてた等、信憑性はあまりない内容である。


国民は、森国人の特徴を多く有している。
が、文化面に関しては、いいかげんな藩王の影響か、それとも交易に来た他国の民の影響か、国固有文化と呼ぶには、どれをとっても個人差があり、ほぼ共通性がなく、画一化しずらいという現状がある。
いい加減というか、柔軟な対応というかで、この国に持つ感情も変わるであろう。

【人々について】

この国の人々は、森国人である。
個体差はあれど、全体的に長い耳と細身(やせすぎとも言う)なのが特徴である。
力仕事には向かない為戦闘職に就くものは少ないが、その生来の器用さから技術職に就くものは多い。
また、髪が長いのが美醜の条件とする風潮がある為、男女共に大抵の国民は、髪を伸ばしている。
なら、種族的に頭髪が失われにくいのかといえば、そうでは無く、他と差はほぼ無い。
その証拠に、人工頭髪と育毛剤の開発・消費量は、かなりのものである。(正式なデータは公表されていないが)


国内生産は皮加工品の服が多い為、布製の服着用者は少数。
細身の体型をごまかす為か、重ね着が最近の主流。
昔は、温暖な気候のためか、露出の高い、まるで南国人のような格好で暮らしていたという。
デザインのこれといった共通点はなく、職業や生活レベルによってまちまちである。
民族衣装は、虎皮ビキニ。今でも普段着として愛用しているものは多い。



建造物について

添付ファイル