キノウツン藩国 @ ウィキ

みんなで夏祭りにいこう!

最終更新:

kinoutun

- view
だれでも歓迎! 編集
/*/
PC用の記事はコチラ
http://farem.lxl.jp/idresswiki/index.php?%A4%DF%A4%F3%A4%CA%A4%C7%B2%C6%BA%D7%A4%EA%A4%CB%A4%A4%A4%B3%A4%A6%A1%AA
/*/

7月13日:小笠原夏祭りイベント
『みんなで夏祭りにいこう!』


はる@ツン:こんばんわ。小笠原旅行に参りました。
芝村:はい。
芝村:記事をどうぞ。
はる@ツン:ええと、先にメンバーの方呼んでよろしいでしょうか。
芝村:ええ
はる@ツン:最後の1枠が今ようやく決まったところで、鋼が投稿を進めています。
芝村:はい。

高原鋼一郎 が会話に参加しました。
玄霧@参謀長 追加俸禄で色々 が会話に参加しました。
猫野和錆@玄霧藩国 が会話に参加しました。
扇りんく@世界忍者国 が会話に参加しました。
川流鐘音@世界忍者国 が会話に参加しました。
VZA@キノウツン が会話に参加しました。
那限逢真・三影@芥辺境藩国摂政 が会話に参加しました。

芝村:集まった?
鐘音@忍者国:こんばんは。芝村さん。
猫野@玄霧:うわあ、びっくりした(汗 こんばんは~、よろしくお願いいたします
那限逢真@芥:こんばんは
高原@ツン:こんばんは、よろしくお願いします
はる@ツン:リストに浅田が見つからない
芝村:こんばんは
りんく@忍者国:こんばんは、よろしくおねがいします~
VZA@ツン:こんばんはー、今日はよろしくお願いします
玄霧@参謀長:こんばんは、よろしくお願いします
芝村:では記事提出をどうぞ
はる@ツン:どなたか浅田さんを呼んでください
VZA@ツン:はーい
浅田@キノウツン藩国 が会話に参加しました。
芝村:こんにちは。浅田さん
浅田@ツン:こ、こんにちは
芝村:ん? 夜か。
浅田@ツン:ど、どうしていきなり名前をよばれているのでしょう(汗
芝村:つるし上げです。
浅田@ツン:いやーーー!
はる@ツン:お世話になっております。キノウツン藩国ですマイル20と娯楽10万トンを消費して通常イベントをお願いします

●参加者
2300434:はる@キノウツン藩国

2300438:浅田@キノウツン藩国

2300442:高原鋼一郎@キノウツン藩国

2300444:VZA@キノウツン藩国

1000209:川流鐘音@世界忍者国

1000220:扇りんく@世界忍者国

1100230:玄霧@玄霧藩国

1100652:猫野和錆@玄霧藩国

3000565:那限逢真・三影@芥辺境藩国

3000572:双海環@芥辺境藩国


全員E94、95の参加国のため、入学金は免除させていただきます 高原@ツン@キノウツン藩国

猫野@玄霧:つるし・・・(びくり
那限逢真@芥:(ほろり
芝村:マイルはキノウツンの奴を使うのね。
那限逢真@芥:双海さんなのですが、所要で少し遅れるそうです
はる@ツン:マイル20は全部自分のです。双海さんは23時頃に遅れてこられます。よければ遅刻を認めてください。
芝村:はい。遅刻はOK
芝村:太っ腹だな。はる
鐘音@忍者国:本日はありがとうございます。キノウツンの方々。
はる@ツン:たまりすぎて(笑:参謀以外で
玄霧@参謀長:まったくです。お邪魔させていただきます
りんく@忍者国:同じく、お誘いいただきましてありがとうございます~
芝村:はい。呼び出すACEはだれにするんだい?
那限逢真@芥:ありがとうございます。本当に
猫野@玄霧:未だに状況がつかめていません(汗
はる@ツン:ACEですが、こちらは申請中のACEは認められますでしょうか?
VZA@ツン:いやあ、キノウツンだけどありがとう>はる
高原@ツン:ありがとうありがとう>はる
浅田@ツン:ありがとうございます
はる@ツン:ACEですが、こちらは申請中のACEは認められますでしょうか?
芝村:申請中?だれ?
猫野@玄霧:ありがとうございます>はるさん
はる@ツン:ライラプス・香川・善行>玄霧藩国
はる@ツン:です。
芝村:いいですよ。
玄霧@参謀長:(もはや参加人数よりACEのほうが多いとか言う状態がありありと見える)
芝村:?
はる@ツン:少々お待ちを
はる@ツン:青森、源、玖珂ミチコ、エミリオ、岩田、ライラプス、香川、善行、瀧川・石津・月子・チビ・吉田
芝村:ははは。
はる@ツン:月子>芥申請中
芝村:また一杯だね。
はる@ツン:すみません、石津は申請まだだそうです
玄霧@参謀長:あ、しまった
芝村:では石津はアウト
猫野@玄霧:つ、月子!月子ーーーっ!(ぐるぐる
はる@ツン:そしてスイトピー。
那限逢真@芥:イラストはできているのですが、設定文がまだなので……<石津
VZA@ツン:すみません、ACEではないですがタマは呼べませんか? 一応ツンに滞在しているはずですが
玄霧@参謀長:申請中っていうのは、絵とか用意して投下して申請中、でしょうか
玄霧@参謀長:それだとウチぜんめつです(ホロリ
芝村:駄目>VZA
玄霧@参謀長:(次のアイドレスで選んでたらOKとかと勘違いしてたらしい
VZA@ツン:ああ、やはり…
芝村:ええ>玄霧さん
玄霧@参謀長:ではすいません、ライラプス・香川・善行は呼べませぬ
芝村:はい。
芝村:青森、源、玖珂ミチコ、エミリオ、岩田、瀧川・月子・チビ・吉田
はる@ツン:青森、源、玖珂ミチコ、エミリオ、岩田、瀧川、月子、チビ、吉田、スイトピーです。最終メンバー
芝村:はい。
はる@ツン:よろしくお願いします。
芝村:イベント内容は?
はる@ツン:夏祭りです
芝村:OK.
芝村:では2分お待ちください。
りんく@忍者国:よろしくお願いします~(わくわく
はる@ツン:さあ騒ぐぞー。
浅田@ツン:宜しくお願いします。遥ちゃん……
高原@ツン:よろしくお願いします
玄霧@参謀長:皆、死なない程度にはしゃごうぜ
VZA@ツン:では、皆さんよろしくお願いします
那限逢真@芥:よろしくお願いします
はる@ツン:ちょうど20名か~。
猫野@玄霧:ギュイーン、3時間持たないの確定な勢いでテンションMax)
高原@ツン:これは無事に終わるわけが無い、そう感じさせる面子
玄霧@参謀長:むしろ無事ってなんだ
浅田@ツン:めでたしめでたしが最後に付く終わり?
猫野@玄霧:うぉーっ、今から月子の浴衣書くぞー!
玄霧@参謀長:まて、マッドを書け
芝村:/*/
芝村:もはや地獄のような有様であった。
りんく@忍者国:(地獄…!?
玄霧@参謀長:(そりゃあなぁ
猫野@玄霧:(心が乾くんだね
鐘音@忍者国:(∑地獄!
VZA@ツン:(なんという地獄
浅田@ツン:(ある意味天国
はる@ツン:(地獄祭り
那限逢真@芥:(近いうち、地獄第二段があるという予告があったり……
高原@ツン:(紙一重!
芝村:源は既に夏祭りの中を走っていって戻ってこず、
芝村:青森は姿を消し。
はる@ツン:源は期待していないけど、青森ーーー
りんく@忍者国:(Σうわーん<青森
芝村:スイトピーはエミリオと並び、吉田は射的中
那限逢真@芥:(いきなりどこへ(汗
玄霧@参謀長:なんと言う有様よ・・・
高原@ツン:いやまあこうなるでしょうなw
VZA@ツン:「ツンの奴らは落ち着きがないな…」
玄霧@参謀長:(予想通りなんだが)
はる@ツン:「わーい射的だー(童心にかえりつつ)」
芝村:ばらばらもいいところの状況だった。
りんく@忍者国:「あ、青森さん~…(うろうろ)」
猫野@玄霧:男「・・・・」猫「なんだその汗、っていうか顔がさっきから七転八倒してるにゃ」
浅田@ツン:「遥ちゃん射的教えてー」
那限逢真@芥:「あ~。瀧川とチビと吉田と月子の居場所しか分からない……(遠隔知中
玄霧@参謀長:「・・・うん、まぁ、この状況どうしようかワサビくん」
はる@ツン:「折角だから俺は射的に挑戦するぜー! おやじ、一回!!」
鐘音@忍者国:(あたふた
はる@ツン:(遥に良いところ見せてやる!)
猫野@玄霧:男「月子さんにこの浴衣を・・!」猫「だめにゃ、藩王、使い物にならないにゃ」
高原@ツン:「えらいこっちゃなあこれ。」甚平に雪駄履きで喧嘩煙管を差しつつ
りんく@忍者国:「あおもりさーん、あおもりさん~? 迷子の青森さんどこですか~?」
那限逢真@芥:「カオス、だなぁ……」
玄霧@参謀長:「仕方ない、取り合えず綿菓子を買いに行こう」
芝村:月子は咳をしている。
高原@ツン:「旦那のことだからカップ麺食ってるに決まっていますよ」>りんくさん
芝村:遥:「クソゲーだけど、いい?」
那限逢真@芥:「大丈夫ですか?」<月子
芝村:月子:「うん……」
猫野@玄霧:男「・・・!(駆け寄る)大丈夫ですか?お加減が悪そうですが」 猫「わーい、綿飴食べるにゃ」
玄霧@参謀長:(クソゲー・・・確かにコルクがゆるいとそういう感じだけど)
那限逢真@芥:「貴方に何かあったら、私が藩王に暗殺されますので……(ちょっと本気」
りんく@忍者国:「お祭りに来てまでカップ麺…でも、きっとそうですね;」>高原さん
那限逢真@芥:「無理しないでくださいね」<月子
はる@ツン:「クソゲーほど、達成したときに愛が芽生える物さ!」
鐘音@忍者国:「りんくさん。探しにいく?」
高原@ツン:「もしくはカップ焼きソバかカップうどんかカップスパゲッティーを…」
芝村:源はすでにグリンガムと目を丸くして金魚を見ている。
高原@ツン:「あ、あれはヤバイ」(源とグリンガムを見て)
芝村:月子:「うん」
VZA@ツン:「何か面白いものでもあったか?」>源
玄霧@参謀長:「しかし、綿飴と綿菓子の言い方はどこで別れるんだろうな」とかいいつつ岩田を探してみよう
浅田@ツン:「クソゲーでもいいよ。遥ちゃんとなら」
芝村:源:「おうよ」
りんく@忍者国:「はい、鐘音さん。ちょっと青森さんを探しに行ってきます…」
猫野@玄霧:男「・・・。(余計なモノを懐にしまいつつ)お大事になさってください」 猫「綿アメどこにゃ、藩王」
鐘音@忍者国:「お手伝いしますよ。りんくさん」
高原@ツン:「そりゃあ良かった。後で太鼓でも叩かせてもらえるか?」>源&グリンガム
那限逢真@芥:「とりあえず、チビを探しましょう。この人混みでは心配ですし」
芝村:そう言うと源はグリンガムの口を大きく開かせて店主をびびらせると、けっと笑って歩き出した。
浅田@ツン:「だから教えてー。乙女のキスとかもって帰りたい」
はる@ツン:乙女のキス取ってこいと言われてたりw 挑戦できますか?>芝村さん
芝村:遥:「箱の端を狙うと、いいよ。」
玄霧@参謀長:「岩田岩田・・・クネクネしてたら見つかりそうなもんなんだが・・・あ、おっちゃん綿菓子四つ」
りんく@忍者国:「あ、ありがとうございます。ああ、っていうか、もうなんか…! みんなひとつところにいてー!! 子供たちが心配ですから~」(といいつつまずは青森探しに奔走)
浅田@ツン:「うん、やってみる」乙女のキスがあればその箱の端を狙います。
はる@ツン:「源ーーー商売の人に迷惑書けるなーー」
高原@ツン:「迷惑かけて悪いなおっちゃん」とりあえず迷惑代わりに500円支払います
猫野@玄霧:男「・・・(思いつめすぎて何もできない)」 猫「このバカ、完全に目的を忘れてるにゃ。おっちゃん、射的やるにゃ」
芝村:挑戦は出来る。玉は3発。1d6して1ならあたり。 1回の挑戦に娯楽5万t、もしくは5マイルを使う。
浅田@ツン:え、えーっと
芝村:源:「暴れてえなあ」
はる@ツン:浅田一回挑戦しな。
はる@ツン:おれはいいw
浅田@ツン:マイルが4しかなくて・・・・
高原@ツン:「まあ喧嘩祭りじゃないからな。あとでもろ肌縫いで神輿担ぐだけで我慢しろ」>源
VZA@ツン:「……予想通り危険人物になってるな」
猫野@玄霧:男「(やせ我慢絶頂)」猫「ね、猫でも5万tかにゃ」
鐘音@忍者国:「青森さんー」
浅田@ツン:ちょっと相談してみますです
芝村:岩田:「……まずいですね。ククク」
りんく@忍者国:「青森さん~?」
玄霧@参謀長:岩田いたぁー!(感激
芝村:青森:「まずいな」
浅田@ツン:マイルと娯楽の分割でもできますか?>芝村さん
はる@ツン:「どうした、青森さん?」
りんく@忍者国:「あ。青森さん!! って、何がまずいんですか?」
芝村:月子(コウ?)
鐘音@忍者国:「おおっ。見付かった」
芝村:ええ>浅田さん
玄霧@参謀長:「おお、イワッチー。綿菓子たべる?」
高原@ツン:「いやあ、血の気の多い人間がハレの行いに来たらああなるだろ」>VZA
那限逢真@芥:「ん? どうかしました?(射的やろうか悩み中」
はる@ツン:「源ーあまり離れるなよ! このあと花火やるんだからな」
那限逢真@芥:<月子
猫野@玄霧:男「(唇の端から血)」猫「いいからとっとと射撃やるにゃ・・・」
玄霧@参謀長:「えーと、ワサビー。ウチの国庫から5万tはらうから。やりたまへ」
芝村:岩田はクククと笑いながらくねくねしている。
玄霧@参謀長:「但しマッドを仕上げるんだ。取引成立なら此処にサインと血判を」
浅田@ツン:では、自分のマイル4と、国のマイル1を使用します>芝村さん
芝村:OK>浅田さん
那限逢真@芥:「ふむ。折角だから一回やってみるかな。ちょっと待っていてください」
芝村:/*/
VZA@ツン:「おお、射的人気だな。源も見に行かないか?」
猫野@玄霧:(じゃきんと銃を構える)男「・・・ありがとうまじありがとう」 猫「やっぱりお前バカなんだ!?」
那限逢真@芥:では、私も(裏で相談した結果)娯楽5万t使って一度だけ
芝村:ミニゲーム: 射的
那限逢真@芥:<射的
玄霧@参謀長:「(サインと血判の付いた書類を懐に納める)」
芝村:1d6どうぞ>浅田
鐘音@忍者国:「頑張って下さいー」
浅田@ツン:1d6
浅田@ツン:あれ?
りんく@忍者国:がんばって~
はる@ツン:全角
浅田@ツン:あ、はい
浅田@ツン:1d6
浅田@ツン:1d6
玄霧@参謀長:オンじゃなかったオチで一つ
はる@ツン:そういうオチかw
浅田@ツン:あれ、えっと(汗
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 4 = 4
はる@ツン:コピペでいこう>浅田
芝村:動いてるね。ではどうぞ>浅田さん 全角で。
浅田@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] 浅田@ツン : 1d6 -> 4 = 4
浅田@ツン:あぁ・・・・・・
玄霧@参謀長:予言みたいな状況にw
はる@ツン:あと2回
芝村:一発目はずれ
浅田@ツン:ごめん遥ちゃん」
芝村:吉田:「息を吸って、とめる」
芝村:どうぞ。
浅田@ツン:「がんばる。」いきをすってとめます
浅田@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] 浅田@ツン : 1d6 -> 5 = 5
浅田@ツン:(ふがいなくて涙がにじんできたー)
芝村:吉田:「さっきと同じところだ。悪くない」
りんく@忍者国:「ああ、浅田さんおしい。がんばって…!」(祈り)
芝村:吉田:「もう少し、左下に」
那限逢真@芥:「終わったら私やらせてくださいね」
鐘音@忍者国:「ふぁいとです」(念じる)
浅田@ツン:「が、がんばる。遥ちゃんと国に帰るんだから……!」
那限逢真@芥:(双海さんが来たので、お呼びします)
玄霧@参謀長:「(もさもさと綿菓子を食べながら鑑賞)」
芝村:どうぞ。
猫野@玄霧:男「・・・!!がんばれ・・・!」猫「がんばるにゃ!」
:双海環@芥 が会話に参加しました。
芝村:では1d6を。>浅田
双海環@芥:(こんばんわー、遅くなりましたがよろしくお願いします)
浅田@ツン:「(神様……)」
浅田@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] 浅田@ツン : 1d6 -> 5 = 5
浅田@ツン:「あぁ……」
はる@ツン:残念~。
玄霧@参謀長:残念・・・
那限逢真@芥:「残念でしたね」
りんく@忍者国:残念です…
鐘音@忍者国:「あうー」
猫野@玄霧:男「ぐっ・・く」猫「ちょっと先になっただけにゃ・・・きっと次があるにゃ」
芝村:2修正あったけど駄目だったねえ。
浅田@ツン:昔から、ダイスには裏切られてきましたから……
りんく@忍者国:(ああ、ホントに残念~;
玄霧@参謀長:3以下だったらOKだったのだろうか・・・
芝村:吉田:「また、挑戦しようね」
はる@ツン:「遥ちゃん。それは悪魔のささやきだよ(笑」
玄霧@参謀長:流石ミハダイス。恐ろしい子
芝村:青森:「親父。俺もだ」
猫野@玄霧:男「イワッチ・・・力を、貸してくれ・・・」猫「にゃ」
浅田@ツン:「うん、また、いっしょにきたいな」
那限逢真@芥:私もやってよろしいでしょうか?(←折角なのでやってみたい人)<射的
はる@ツン:「青森?」
玄霧@参謀長:「いや、そこでイワッチなのか」
高原@ツン:「(あの旦那の目…マジだな)」
はる@ツン:「敵を取ってくれるのか?」
浅田@ツン:「青森さん、がんばって!」
りんく@忍者国:「青森さん、やるんですか?」(わくわくして見る)
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 2 = 2
芝村:青森:「すこーし、ずれてるな」
りんく@忍者国:「ああ、惜しい…」(がっくり)
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 6 = 6
那限逢真@芥:「惜しいですね。ってあら?」
はる@ツン:「おおはずれじゃw」
玄霧@参謀長:「むぅ、イワッチー、出来そう?」
芝村:青森:「なに、片目をつぶれば……」
りんく@忍者国:「あ、青森さん、がんばってくださ~い!」
芝村:青森:「どん」
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 5 = 5
はる@ツン:「...(見守る」
はる@ツン:「はずしとるw」
高原@ツン:「まあこういう日もありますわな」
芝村:青森は、しばらく黙ったあと、今日は日が悪いとか言い出した。
鐘音@忍者国:「ほうー」
猫野@玄霧:男「(愕然)」猫「おまえじゃあたりっこないかもしれない気がしれないにゃ)
浅田@ツン:「青森さん、でも、私より近かったです。」
はる@ツン:「源~。射撃終わるまでぶらつこうぜ」
芝村:青森:「悪いなじょうちゃん」
VZA@ツン:「青森ーw」
芝村:源:「なんで男なんかと」
はる@ツン:「いいじゃん、グリンガム乗せてくれよ」
玄霧@参謀長:「ガンバレワサビ。乙女のキッスは目の前だぞ」
芝村:岩田:「ククク。あの的は取れないと思いますね」
りんく@忍者国:「青森さん…じゃあ、青森さんと浅田さんには私から残念賞のたこ焼きをプレゼントですv」
はる@ツン:「なーグリンガム。一緒に祭り回ろうぜ」
玄霧@参謀長:「むぅ、あれか、裏からつっかえぼうとか?」>イワッチ
那限逢真@芥:「むう。そうかなのか?」<岩田
高原@ツン:「青春やねえ」
那限逢真@芥:「やってみるかな」
はる@ツン:他に挑戦者はいないの?
VZA@ツン:私がマイルで挑戦します>射的
芝村:もちろん那限逢真は挑戦してもいい。
はる@ツン:ごーごー
高原@ツン:れっつごー
那限逢真@芥:では、やってみます
那限逢真@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 那限逢真@芥 : 1d6 -> 6 = 6
猫野@玄霧:男「取りたいんだ・・・イワッチ・・・!」 猫「なんかいい方法はないかにゃ」
双海環@芥:「私もやろうかな」
はる@ツン:今日だけで娯楽がどんどん消費されそうだw
芝村:OK VZA
りんく@忍者国:「みんな、がんばって~。(残念賞のたこ焼きを準備中)」
那限逢真@芥:「ありゃ。中々難しいな」
高原@ツン:おそらく今までで最大の消費量になる
高原@ツン:そして後でマイル修正する俺が泣く!
VZA@ツン:「感覚11の力見せてやるぜー。 …が、アドバイスは頼むな」>青森、吉田
玄霧@参謀長:「イワッチ、すまんがアドバイスとかやれないかな。こいつスゴイ燃えてるんだ」 あ、うちも娯楽5万tでワサビがやります
浅田@ツン:「みなさん、頑張ってください!」
VZA@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] VZA@ツン : 1d6 -> 6 = 6
那限逢真@芥:「ん~。コツってある?」<吉田
芝村:吉田:「へたくそ」
浅田@ツン:「VZAさん、息を止めて!」
猫野@玄霧:あ、芝村さん、猫野@玄霧も玄霧国の娯楽で1回挑戦させていただきます
芝村:青森:「どんまいどんまい」
鐘音@忍者国:「難しいもんですね」
りんく@忍者国:「ああ、残念…大丈夫、次がありますよ~」
玄霧@参謀長:Aマホならグリードなのにねぇ(苦笑
VZA@ツン:「グリード、コレはグリードだ…!」
芝村:はい。いいのかな。そんな挑戦して(けけけ)
那限逢真@芥:「まぁ、オレ、入院患者だからね」
VZA@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] VZA@ツン : 1d6 -> 4 = 4
那限逢真@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 那限逢真@芥 : 1d6 -> 5 = 5
芝村:青森:「ほら、ほら見ろ」
玄霧@参謀長:まぁ、己の欲求に従うべきかと(苦笑)
猫野@玄霧:マッドは絶賛製作中なので大丈夫・・・!なはず!って、そういうことじゃない?汗)
浅田@ツン:ミハダイスさんは今日は意地悪な時期なのでしょうか・・・・・
那限逢真@芥:「さっきよりは近づいたか」
高原@ツン:「はいはい、旦那の腕のせいじゃないって判ってますから」
りんく@忍者国:みはだいす~;; お願いだから(泣)
鐘音@忍者国:なんか出ませんね
那限逢真@芥:「まぁ、射的は実銃じゃないですからね(苦笑」
芝村:ではどうぞ。
VZA@ツン:「ふう。落ち着いて…」
はる@ツン:残念賞メダルは使えます?w
VZA@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] VZA@ツン : 1d6 -> 3 = 3
芝村:つかえない>はる
玄霧@参謀長:残念賞メダルとかwww
那限逢真@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 那限逢真@芥 : 1d6 -> 5 = 5
芝村:残念。
はる@ツン:娯楽が、娯楽が・・・
芝村:ははは。親父はすんごい嬉しそうだ。
那限逢真@芥:さっきと同じですね(苦笑
りんく@忍者国:「ああ、残念…。では、お二人にもたこ焼きをどうぞ~」
鐘音@忍者国:なんで高い目ばっかり…
玄霧@参謀長:「綿菓子あと二つ・・・青森さん食べます?」
高原@ツン:「お疲れさん」>VZA 那限さん
芝村:ははは。いいぞ。mihaダイス
浅田@ツン:「親父さん……小さい子が来たら、この分オマケしてあげてくださいね」
玄霧@参謀長:ミハダイス、恐ろしいこっ!!
芝村:青森:「もらおうか」
VZA@ツン:「ちぇー、すまんな、浅田」
那限逢真@芥:「ありがとう。中々難しいね」
芝村:親父:「いいよー」
高原@ツン:「さてそういやちみっこ二人はどこに行ったかな」
はる@ツン:「ほーらグリンガム、わたがしって、おまえ食べれるのかな?」
玄霧@参謀長:「後一つか・・・流石に食いきれない。誰か欲しい人ー」
那限逢真@芥:「お待たせしました」<月子
りんく@忍者国:「あ、じゃあ、わたしにくださいなv」<わたがし
浅田@ツン:「どうもありがとうございます。貴重なマイルを使ってくださった、お気持ちだけで十分です。」>VZAさん
双海環@芥:「あ、くださいなー」>たこ焼き
高原@ツン:きょろきょろとエミリオとスイトピーを探してみます
玄霧@参謀長:「うぇー、あぁ、いや、うそうそ。どうぞー」>わたがし
芝村:電話だ>鐘音さん
はる@ツン:ミチコさんもなにをしておられるのだろう。
鐘音@忍者国:はい。出ます
猫野@玄霧:男「いくぞ、俺の男の情熱ー!!」猫「さっさと撃つにゃ」
那限逢真@芥:「さて……瀧川とチビはどこだろう……?」
芝村:エミリオとスイトピーは二人で歩いている。
鐘音@忍者国:「もし、もし」
はる@ツン:おのれ、着実に好感度上げてるな、お子ちゃま二人
浅田@ツン:(とりあえず、遥ちゃんについていきます)
りんく@忍者国:「ありがとうございますv (わたがしをもふもふ食べて)おいしいですね~」
芝村:ミチコ:「賭け事が好きなら、秘密のゲームがあるけど」
高原@ツン:「くっくっく、おっさんとしては青少年の清いお付き合いをきっちり見守りたいところだなあ」
芝村:青森:「いいねえ。若いのは」
鐘音@忍者国:「本当ですか。是非、教えてください」
高原@ツン:「ですな」>青森
玄霧@参謀長:「うむうむ、綿菓子は人生の20%の楽しみを秘めてると誰かが言ってた。残りはりんごあめとベビーカステラらしい」
りんく@忍者国:「青森さんも高原さんも若くないんですか?(笑)」
芝村:岩田:「秘密の匂いがしますね。ククク」
猫野@玄霧:ダイスロールはしばし待ったほうがいいでしょうか)
猫野@玄霧:猫「綿飴うまうまにゃー!」
玄霧@参謀長:「(イワッチの発言を聞いて聞き耳を立てる)」
芝村:ミチコ:「神社の裏に」(ガチャ)
高原@ツン:「30過ぎたら若いも何も関係なくなるんですよ」>りんくさん
猫野@玄霧:男「!?(イワッチの言葉に振り返る)」
鐘音@忍者国:(秘密のゲームにドキドキ)
浅田@ツン:「猫さんがあんまり甘いもの食べ過ぎると体に悪いですよ……」
玄霧@参謀長:「はっはっは、20歳を越えたら年は関係ないんですよ。永遠の20代です」
芝村:ダイスロールしてもいいよ。猫野 娯楽払うならどうぞ
はる@ツン:「電話何だった~?」
双海環@芥:「神社の裏ですか」
りんく@忍者国:「せめて心は少年…とか?」(首傾げつつ)
那限逢真@芥:「(月子にチョコバナナ渡して、瀧川とチビを遠隔知中)」
那限逢真@芥:「なんだろう?<神社の裏」
りんく@忍者国:「青森さんも、神社の裏にいってみませんか?」
猫野@玄霧:(秘密のゲームがなにか確認してからとかセコイことしていいでしょうか)
鐘音@忍者国:「神社の裏だそうです」
芝村:瀧川はチビをおんぶして歩いている。
玄霧@参謀長:「ワサビがやってるあいだにベビーカステラを買いに行こう・・・って、あれ、移動?」
VZA@ツン:「神社の裏…?」
浅田@ツン:「遥ちゃん、ゲームだって。行ってみる?」
芝村:もちろん駄目だよ>猫野
高原@ツン:「おや、瀧川少年。弟かその子は」
猫野@玄霧:でしょうな、女々しいことを申しました)
鐘音@忍者国:「私ちょっといってみます。気になるので…」
芝村:瀧川:「いや。でもいいだろ。俺が親切にしたって」
玄霧@参謀長:ええい、男らしくどっちかえらべ>ワサビ
猫野@玄霧:撃ちます~。
鐘音@忍者国:(神社の裏へ向います
はる@ツン:「なんか、俺らむきのゲームッポいな。いってみるか?>源」
双海環@芥:「あ、私も行くー」>鐘音さん
猫野@玄霧:射的で。
猫野@玄霧:娯楽もお支払いいたします。
芝村:源:「おうよ」
那限逢真@芥:「ああ。いたいた。瀧川、あんまり離れないでくれよ。チビと月子に何かあると藩王に怒られる(苦笑」
はる@ツン:(神社に向かいます)
りんく@忍者国:「青森さん、いきません?」(青森さんを誘って神社の裏へ向かいます)
芝村:ではまず。猫野さんの判定を
猫野@玄霧:では。
鐘音@忍者国:「はい。では興味のある方はご一緒に~」
猫野@玄霧:男「・・・」 猫「おい、みんないっちゃうにゃ」
玄霧@参謀長:「あ、俺も行きますイキマス。ワサビまってあげてー」
猫野@玄霧:1d6
芝村:[mihaDice] 猫野@玄霧 : 1d6 -> 3 = 3
那限逢真@芥:「(などと話ながら、瀧川・チビ・月子・吉田を神社裏に誘ってみる)」
芝村:外れた。
猫野@玄霧:男「ええい、気がちるではないか」 猫「いいわけにゃ」(げしっと蹴りつける
猫野@玄霧:1d6
芝村:[mihaDice] 猫野@玄霧 : 1d6 -> 4 = 4
玄霧@参謀長:ミハダイスは偉い子だから大丈夫
りんく@忍者国:がんばってください~
猫野@玄霧:男「・・・!」(ガーン 猫「お、俺は悪くないにゃ」
芝村:はずれた。
はる@ツン:見える! 大量の娯楽が羽をはやして飛んでいくのが見えるぞ!
芝村:あと1発だ。
鐘音@忍者国:恐ろしいです!はるさん
玄霧@参謀長:そんなことは・・・ありえる!
猫野@玄霧:男「・・・。いくぞ、ワサビ」 猫「いくにゃ、和錆。」
猫野@玄霧:1d6
芝村:[mihaDice] 猫野@玄霧 : 1d6 -> 1 = 1
那限逢真@芥:げんに飛びました(笑<娯楽
はる@ツン:キターー
高原@ツン:デター!
鐘音@忍者国:おおー
りんく@忍者国:おお!
猫野@玄霧:芝村 の発言: ははは。いいぞ。mihaダイス
那限逢真@芥:当った
VZA@ツン:「おおっ」
玄霧@参謀長:キタコレ
猫野@玄霧:うおw
りんく@忍者国:おめでとうございます~
浅田@ツン:「おめでとうございます!」
玄霧@参謀長:流石ミハダイス。我々に優しい子
鐘音@忍者国:「おめでとうございますー」
高原@ツン:「おお見事見事。これは自慢が出来る」
芝村:乙女のチッスを手に入れた。
玄霧@参謀長:(そういえば重要なときはミハダイスが助けてくれる。有難うミハダイス)
猫野@玄霧:男「敵は!」 猫「あらゆる不運!」(がしっ
りんく@忍者国:チッス!?
はる@ツン:ああ、ぱちもんだw
玄霧@参謀長:ぱ、ぱちもんくせぇー!!
双海環@芥:「おめでとうー!」
高原@ツン:パチモン臭がw
りんく@忍者国:ということは、あのレモン味の…
芝村:これを食べると甘酸っぱいものが。
那限逢真@芥:あれ?(笑<チッス
玄霧@参謀長:「ブラボーワサビー。でもパチモン臭いよ!」
鐘音@忍者国:レモン味w
玄霧@参謀長:ヒデェ、あんまりだ(笑)
芝村:感覚が+2される。
双海環@芥:食べ物ですかw>乙女のチッス
玄霧@参謀長:あ、でもいいや
はる@ツン:あんまりだw
りんく@忍者国:おお!
芝村:食べ物だね。
玄霧@参謀長:ウチノクニではツカワナイカンカク・・・
高原@ツン:なるほど
VZA@ツン:「ぐ、それはそれでほしい」
猫野@玄霧:ええええええっ!?
双海環@芥:おおー、すごい!>感覚+2
りんく@忍者国:感覚ならうちの国もほしい…(笑)
玄霧@参謀長:其れはアレですよね、永延にですよね
鐘音@忍者国:ほしいかもw
猫野@玄霧:そ・・・それマジでとですか(プレイヤーマジ泣き
高原@ツン:うちは遠距離特化の国なので>感覚
芝村:親父:「なんならこのぬいぐるみと交換してやろうか?」
玄霧@参謀長:永遠、で
芝村:ええ>永続効果
玄霧@参謀長:ちなみに其のぬいぐるみになにかこうかはありますか
芝村:秘密>効果
那限逢真@芥:感覚しかたよれないうちの藩……(涙
浅田@ツン:「私のマイル……ぐすん」
猫野@玄霧:ぐぐぐ・・・!おのれ、おのれおのれ、許すまいぞ許すまいぞ(何
玄霧@参謀長:ワサビ、君が選んでいいよ
玄霧@参謀長:うわぁ、血涙流してる
高原@ツン:えええw
双海環@芥:「ぬいぐるみ、可愛い?」
猫野@玄霧:うう・・・世界は残酷だ・・・マジで・・・
はる@ツン:ワサビさんが血の涙を流してるw
猫野@玄霧:芝村さん、ぬいぐるみはどんなぬいぐるみでしょうか
芝村:こいつは01ネコリスのぬいぐるみだ。
玄霧@参謀長:おー
浅田@ツン:「わ、かわいい」
玄霧@参謀長:それはそれでほしい
はる@ツン:かわいいー
高原@ツン:ああ小笠原っぽいw
芝村:大きな奴だね。1m近くある。
那限逢真@芥:あ。それはそれでいいですね<ネコリス
はる@ツン:でけーー
りんく@忍者国:「ネコリス! かわいいですねv」
双海環@芥:わーw>ネコリスヌイグルミ
はる@ツン:ほんものよりでけーーー
高原@ツン:既にネコリスじゃねえw
猫野@玄霧:うぐぐぐ~、芝村さんのいけずー!!)
玄霧@参謀長:(リアルに欲しい。どこかで商品化しないかな)
りんく@忍者国:「いいなぁ、おおきなネコリス…」
猫野@玄霧:男「ぬいぐるみをください」 猫「マジかおまえ」
鐘音@忍者国:「プレゼントにいいですねー」
玄霧@参謀長:うむ、お前ならそうすると想った
猫野@玄霧:男「・・・あの人が喜ぶかもしれない」 猫「マジかおまえ?!」
りんく@忍者国:「きっと喜んでもらえますよ~。女の子ならv」
双海環@芥:青の章のイベント思い出しますw>でかいネコリス
玄霧@参謀長:アイに生きる漢、ワサビ。愛なのか哀なのかいまだダレも知る者はいない
猫野@玄霧:男「・・・言うな・・・」 猫「やっぱりおまえバカなんだろ!?」
芝村:ぬいぐるみを貰った。この01ネコリスのぬいぐるみはかわいいもの好きにあげると国に滞在してくれる。
那限逢真@芥:「まぁ……頑張れ(ポンと肩に手を置く)」
高原@ツン:おお
玄霧@参謀長:・・・
はる@ツン:可愛い物好き限定かぁ
玄霧@参謀長:ワサビ、ちょっとうらに
りんく@忍者国:おお。素敵な効果が(笑)
浅田@ツン:「おめでとうございますー」
猫野@玄霧:(その頃無名騎士藩国の某青い悪巧み猫はレモン味のお菓子を食べていたとかいなかったとか)
はる@ツン:参謀長が参謀オーラを
りんく@忍者国:体育館裏!?(違)
鐘音@忍者国:かわいいもの好きって誰がいたでしょう?
那限逢真@芥:……チビ?<可愛い物好き
芝村:誰だろうね(笑)
はる@ツン:世の中の女の子は全員可愛い物好きだと思いたい。
玄霧@参謀長:火焔、火焔、火焔(ダマレ
りんく@忍者国:舞姫かぁ…<可愛い物好き
浅田@ツン:遥ちゃんにプレゼントしたかった……
鐘音@忍者国:ぽむ。舞姫
高原@ツン:あ、渡す場合はその人物に直接会う必要がありますか?
双海環@芥:遥も可愛いもの好きじゃないかな
猫野@玄霧:世界が・・・世界が・・・!!義理と人情としがらみがああああ)
はる@ツン:遥さんなら一人で景品やマホ土手に入れてそうだけどねぇ
那限逢真@芥:チビも幼稚園児ですし好きかも
はる@ツン:といいつつ、神社へゴー
芝村:呼ばないといけないね>高原
玄霧@参謀長:うむ
双海環@芥:あ、そうだった>神社
芝村:はい。では1ゲーム目終了。
高原@ツン:了解しました。現状小笠原限定アイテムですね
玄霧@参謀長:取り合えずぬいぐるみもってゴー
浅田@ツン:取った景品は遥ちゃんのですからね……分けてとはいえない
芝村:2分後に再開します。
はる@ツン:深夜になるとアベックだらけになるぞ(古)
はる@ツン:はーい
りんく@忍者国:はーい。
那限逢真@芥:はい
浅田@ツン:はい
鐘音@忍者国:はい
はる@ツン:娯楽何㌧消費したんだろうw
はる@ツン:考えるの怖いなあ
VZA@ツン:はーい
玄霧@参謀長:はーい。やったぜワサビー。ミハダイス偉い子!
猫野@玄霧:男「(ぬいぐるみを抱きしめる)」 猫「・・・元気だせ」
双海環@芥:はーい
高原@ツン:考えなければいいよ!
高原@ツン:明日の仕事とか(ぉ
芝村:/*/
芝村:さわやかな風が吹いている。
芝村:ポンチョ姿の男がウクレレを弾いている。
高原@ツン:「あーええ風やなあ」
那限逢真@芥:「気持ちいいなぁ……って、どなた?」<ポンチョ
りんく@忍者国:「気持ちいい風ですねぇ」(話しかけてみる)
鐘音@忍者国:「どなたでしょうね?」
はる@ツン:推定1位:知恵者
芝村:吉田(NOT遥):「こうしていると、ベトナムにいたのが嘘のようだ」
玄霧@参謀長:「ウクレレでポンチョ・・・メキシカンハットはあるんだろうか」
高原@ツン:誰だw
浅田@ツン:「……あれ?」
はる@ツン:だれーーー?
双海環@芥:Σ誰
那限逢真@芥:剣王版吉田?
芝村:男だね。
高原@ツン:「あの…失礼ですかどちらさまでしょうか」>NOT遥な吉田さん
猫野@玄霧:先ほどの射的の様子をイクさんがかいてくださいました、せっかくなのでURL張らせていただきたいのですがよろしいでしょうか)
はる@ツン:と言うか舞台はどこだろう...
玄霧@参謀長:しごとはぇぇ!w
高原@ツン:剣王だと浅田遥になるんですよ>那限さん
高原@ツン:浅野だっけ?
はる@ツン:浅田じゃなくて浅野だと思う
高原@ツン:そうだったそうだった
那限逢真@芥:そうなんですか(袋詰めでいつも読めない)
はる@ツン:まだ情報足りないけど>浅野遥?
浅田@ツン:同じ苗字だったら喜びますよー(笑
高原@ツン:混じるんだよなあれ…
りんく@忍者国:「ええと、初めましてこんにちは。素敵なウクレレですね」(にっこり笑って話しかける)
那限逢真@芥:「知り合いかなんか?」<遥な吉田
芝村:吉田(NOT遥):「ヨシフキンとでも呼んでもらおうか」
芝村:遥は激しく首を振ってる。
芝村:遥:「し、しらない。こんな変な人」
鐘音@忍者国:「ふぉ」
高原@ツン:「なるほど、ヨシフキンさんですか。私こういうものです」(懐からフリーライターの名刺を出す)
那限逢真@芥:「(吉田の反応を見て、瀧川と月子にも目で問いかける)」
りんく@忍者国:「ヨシフキン…さん? 私は、りんく@忍者国ともうします。あの、こちらで何をしているんですか?」
玄霧@参謀長:「ヨシフキン・・・なぜだろう。どこか遠い国の谷が見える」
はる@ツン:「ヨシフキンさん、いい風ですね。この辺は潮風が吹くんでしょうかねえ」
双海環@芥:「変だけど、面白そうな人だね」>ヨシフキンさん
玄霧@参謀長:「イワッチー、あの人知ってるかな」
猫野@玄霧:男「・・・・」 猫「燃え尽きてるなあ」
那限逢真@芥:「じゃぁ、オレはナーミンかオーミン?(マテコラ」
芝村:ヨシフキン:「俺を呼んでくるとはいい風だ」
芝村:岩田は目を細めている。
浅田@ツン:「へ、変な人は失礼だよ遥ちゃん……その、趣味が違う人とか」
玄霧@参謀長:「うーむ、其の反応・・・」
那限逢真@芥:「どこからいらしたのですか?」<ヨシフキン
鐘音@忍者国:「風になってます…ヨシフキンさん…」
芝村:遥は浅田の後ろに隠れたが。これではまだ足りないと思ったらしい。
VZA@ツン:「まあ、変な人なのは、たしかにな…」
りんく@忍者国:「青森さん、この方ご存知だったりしませんか?」(こっそり聞いてみる)
芝村:浅田を引っ張って境内に隠れた。
猫野@玄霧:男「・・・(ぼー」 猫「相棒も、目の前の奴も、変にゃ」
高原@ツン:二人きりだw>吉田と浅田
浅田@ツン:「わ、わわ、わ。危ないよ。」遥ちゃんに引っ張られるままついていきます。
芝村:青森:「風の中心を探す者だな。実物は始めてみるが」
双海環@芥:がんばってーw>浅田さん
はる@ツン:「いやいやいや、お父さん認めないよ」
玄霧@参謀長:「(ワサビをみてとても可愛そうなものを見たような顔をする)」
芝村:ヨシフキン:「ゲームでもやらないか」
高原@ツン:「ああなるほど。名前は聞いてましたがああいう方ですか」>青森
りんく@忍者国:「なるほど。お話は聞いていましたが、私もお会いするのは初めてです」>青森さん
はる@ツン:「うほっ、ゲームか」
玄霧@参謀長:「ほう、ゲーム。ベットするものは?」
鐘音@忍者国:「秘密のゲームをご存知でしたか」
りんく@忍者国:「ゲームですか? どんなゲームなんでしょう?」>ヨシフキンさん
那限逢真@芥:「へぇ……。海法さんがいたらよかったのに(苦笑」<風の中心を探す者
那限逢真@芥:「ゲームですか」
芝村:ヨシフキン:「可能性をかけたゲームだ」
浅田@ツン:「遥ちゃん、ゲームだって。いってみようよ」猫の耳で聞きつつ
高原@ツン:「そりゃまたどでかいゲームですな」
双海環@芥:「可能性?」
はる@ツン:「日本語でおk」
高原@ツン:「まるで悪魔とのゲームだ」
芝村:遥は浅田に抱きついている。
那限逢真@芥:「……負けたら死ぬ?」<可能性
鐘音@忍者国:「ごくっ」
りんく@忍者国:「可能性、ですか」
はる@ツン:「浅田! 無事か~」
双海環@芥:「誰の可能性ですか。ヨシフキンさん」
芝村:ヨシフキンは背中から、賞品を取り出した。
はる@ツン:ヨシフキンが美形かどうかだけ気になる。
VZA@ツン:「可能性かあ。面白そうじゃね?」
芝村:並べ始める。
猫野@玄霧:男「・・・・(眼が戻ってくる)・・・何者だ、あの方は」 猫「ああ」
芝村:古いTV、コイン
浅田@ツン:「……怖いなら、一緒にいるから。嫌ならここにいよっか。」どうする?と遥ちゃんに問いかけます
双海環@芥:商品を覗き込みます
鐘音@忍者国:(商品を見ます)
芝村:巻物。タペストリー
那限逢真@芥:「どれどれ……?」
りんく@忍者国:「うわぁ、なんだかわくわくしますねv」(賞品を見ながら)
玄霧@参謀長:「む、これはなんかマジメによさげなものが・・・」
芝村:怪しげな食べ物、地図
芝村:オーマシンボル
玄霧@参謀長:おーましんぼるぅ!?
浅田@ツン:オーマシンボル!?
玄霧@参謀長:(リアル噴いた
那限逢真@芥:∑
りんく@忍者国:Σ
芝村:綺麗な玉。中に液体が入っている?
VZA@ツン:古いTVは吏族ダンパで見たテレビと同じものですか?
玄霧@参謀長:(ちょっとお茶が。ふきんふきん
高原@ツン:なるほど。風渡りなら確かに手に入れる可能性はあるか…
芝村:おっと、結婚式の指輪ぽいのも。
双海環@芥:「綺麗だねー」綺麗な玉
浅田@ツン:「指輪……」
芝村:瓶に入った妖精もいるぞ。
りんく@忍者国:「あ。指輪も、綺麗ですね」
那限逢真@芥:あ。うちの藩王が欲しがりそう<指輪
鐘音@忍者国:妖精ですか?
芝村:あ。眼鏡もある。
那限逢真@芥:「おや。妖精ですか……」
芝村:妖精だね。羽妖精だ。
玄霧@参謀長:眼鏡、眼鏡か。黒ブチですか?
猫野@玄霧:男「(じわり)」 猫「泣くな、男だろうが」
高原@ツン:「どこかで聞いたことのあるような賞品ばかりだな…」
りんく@忍者国:「あ、あの、ヨシフキンさん…どこかでメガネをかけたイエロージャンパーの方にお会いしたとか、ありませんよね…?」
那限逢真@芥:「羽妖精か(興味津々)」
芝村:ヨシフキン:「その眼鏡は真実を見る眼鏡だ」
高原@ツン:「なるほど。蝶子さんがもっているあれと同じものか…」
鐘音@忍者国:「妖精を開放してあげたいですね…」
那限逢真@芥:「君の名前は?(オイマテ」<羽妖精
浅田@ツン:「ね、遥ちゃん。今度は私、一人じゃなくて、遥ちゃんと二人で一緒にゲームがしたいな」
玄霧@参謀長:「なるほど、すぺくとらるなんとかとかそういうやつか」
高原@ツン:「このコインとかはなんですか?」
鐘音@忍者国:「閉じ込めておくのはちょっと…」
芝村:遥は浅田を見た後、ちょっとうなずいた。
双海環@芥:「ヨシフキンさん、いなくなった人を探すアイテムとかありますか? ロストした人でも探せるような」
浅田@ツン:「遥ちゃんは私みたいなへたくそ、いや?」
りんく@忍者国:「たしかに、閉じ込めておくのは心苦しいですね…」
はる@ツン:「んなよくわからないものより、浅田と遥を返せ~」
芝村:遥:「いかさまくさいけど、いいよ」
玄霧@参謀長:因みに確認しておきたいんですが、オーマシンボルの色は何色でしょう
芝村:6色あるねえ。
玄霧@参謀長:うはぁ
りんく@忍者国:「あ。青森さんもご一緒にどうですか?」
高原@ツン:豪勢なセットだ
玄霧@参謀長:何でそんなに品揃えいいねん・・・橙を下さい橙を
那限逢真@芥:ぶぴ<6色
浅田@ツン:「こっちには遥ちゃんがついてるんだから。いかさま見つけたら、いかさまでも勝っちゃえ!」
双海環@芥:ほへー>6色
芝村:10万根源力
高原@ツン:賞品ですか?>根源力
りんく@忍者国:うわ…無理orz リザルト確定しないとそんなにない…;
那限逢真@芥:あったりして……(汗<根源力10万
浅田@ツン:(ということで一緒に皆の所に戻ります)
芝村:オーマシンボルは10万根源力をかけて1d6.
VZA@ツン:ぐふ…
鐘音@忍者国:がふー
那限逢真@芥:ううむ……
玄霧@参謀長:ぐむぅ
芝村:ヨシフキンが振る1d6にかてばもらえる。
はる@ツン:当たったとして効果は当人だけですか?
高原@ツン:なるほど。大博打ですね
鐘音@忍者国:むむむむ
高原@ツン:判定方法はアイドレス形式ですか?
芝村:ただ、ヨシフキンと同じ出目でも負ける。
芝村:いいえ。1d6です>高原
高原@ツン:あ、失礼しました。1←2←3←4←5←6 と言う意味で>アイドレス方式
芝村:出目が大きいほうが強い。
玄霧@参謀長:普通にサイコロ勝負ということで、了解
鐘音@忍者国:効果は手に入れないと分からないですよね。
高原@ツン:さっきの運が欲しいw
芝村:つまりヨシフキンが6を出せば、絶対に勝てないわけだね。
那限逢真@芥:ふむ
りんく@忍者国:(根源力が足りないので応援します。挑戦される方がんばれ~)
玄霧@参謀長:なるほどなるほど
那限逢真@芥:羽妖精の場合はどれくらいでしょう?
玄霧@参謀長:実はオレは12万あるんだ
はる@ツン:じゃ、挑戦するかねえ。
高原@ツン:するか
玄霧@参謀長:やるか
VZA@ツン:「よし、可能性だな。俺も賭ける」
芝村:羽妖精は3万根源力だ。
那限逢真@芥:あ。両方参加できる(爆<13万ある
りんく@忍者国:あ、では指輪はいくつでしょうか?
芝村:吏族なら古いTVに見覚えがある
双海環@芥:するの?w>逢真さん
玄霧@参謀長:芝村さん、申し訳ないんですが・・・必要な根源力一覧とかあったらいいなぁ、とか
那限逢真@芥:両方ってできますか?(考え中
はる@ツン:オーマシンボル挑戦します。
VZA@ツン:「やはり。このTVは近い未来を覗くテレビか」
芝村:指輪はいくつかある。5000根源力、1万根源力、2万根源力だ。
芝村:ない>玄霧
高原@ツン:コインや地図はどういう効果でしょうか
双海環@芥:「おおー、前に見たテレビだ」>元吏族
玄霧@参謀長:了解しました>一覧
高原@ツン:あ、すいません。見覚えがあるようなアイテムかだけお答え願えますでしょうか
はる@ツン:それぞれ、外見、知力、感覚ってところかな。>指輪
芝村:はい。
高原@ツン:「頑張れ、散ったら俺たちが続く」>はる
玄霧@参謀長:(問題は、12万じゃ覚醒しても絶技買えないような感じがする)
芝村:地図は宝の地図くさい。
はる@ツン:「さあ、振れ。ヨシフキンとやら」
那限逢真@芥:オーマシンボルと羽妖精の両方に挑戦しようかと思うのですが、可能でしょうか?
芝村:jコインは残念賞メダルだね。
芝村:挑戦は1個だけだ。
那限逢真@芥:はい(悩
はる@ツン:どれに挑戦しても残念賞ですか?
芝村:指輪は結婚指輪に見える。
高原@ツン:ああなるほど>残念賞メダル
芝村:いえいえ>はる
双海環@芥:結婚指輪かぁ
玄霧@参謀長:残念賞メダルは地味に使い勝手はあるんだよねぇ。ふむ・・・
はる@ツン:ああ、なるほどぉ。
那限逢真@芥:(どっちにしよう……(本気で悩み)
芝村:はい。では何のオーマシンボルを選ぶ>はる
はる@ツン:考えたこと無かったなあ...
はる@ツン:こう、オーマシンボル眺めて自分が引かれそうな色ってあります?
玄霧@参謀長:橙
高原@ツン:青
玄霧@参謀長:(とりあえずこたえてみた)
芝村:はるはなぜか 黄色にひかれた。
高原@ツン:黄色wwwww
那限逢真@芥:黄色(笑
浅田@ツン:黄色ですか。
はる@ツン:黄色か~。ソーマたんとお近づきになれる
玄霧@参謀長:黄色黄色
VZA@ツン:「Gがいるし、黒…って黄色かあ「」
はる@ツン:よし、黄色でお願いします。
高原@ツン:がんばれー
りんく@忍者国:がんばってくださ~い
VZA@ツン:がんばー
玄霧@参謀長:(なんだかこう、かけたお茶碗にダイスをちんちろりんとやってる風景がみえる)
はる@ツン:ソーマ→ソート (訂正)
はる@ツン:自分からふるのですか?
高原@ツン:(いやまちがいなくそれでしょう)>チンチロ
芝村:OK.
芝村:ではどうぞ>はる
猫野@玄霧:男「・・・遠い存在だな」猫「なに。俺たちには必要な力だけあればいい。がんばれ、はるさん」
はる@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] はる : 1d6 -> 6 = 6
高原@ツン:おおおお
はる@ツン:キター
浅田@ツン:おおおおお
那限逢真@芥:おおお
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 5 = 5
双海環@芥:おお!
玄霧@参謀長:キタ
浅田@ツン:おおおおお
那限逢真@芥:おおおおお
はる@ツン:勝った!
りんく@忍者国:おお!
玄霧@参謀長:覚醒オメデトウ
浅田@ツン:すごいや
りんく@忍者国:おめでとうございますvv
鐘音@忍者国:すごいー
双海環@芥:すごい、すごい
高原@ツン:まだヨシフキンのダイスが残ってます
芝村:おめでとう。黄色いオーマシンボルを手に入れた。 戦闘時に使える。
高原@ツン:あれ
はる@ツン:マジックアイテムだけ増えるなあ。
VZA@ツン:おおお
玄霧@参謀長:ヨシフキンは5だったぜー
浅田@ツン:もう振りましたよ>鋼さん
高原@ツン:見逃してたorz
玄霧@参謀長:うーむ、となると此処で覚醒する必要がなくなるか
玄霧@参謀長:羽妖精にチャレンジしていいですか?
芝村:ちなみにシンデレラでなくてもいい。
芝村:3万根源力だ。
玄霧@参謀長:はい、支払います
はる@ツン:使えば覚醒するとみていいのですか?
浅田@ツン:芝村さん、根源力をかける人間と振る人間が違っても、良いですか?
芝村:ええ。>はる
芝村:いいですよ>浅田
玄霧@参謀長:では、ふって宜しいですか?>芝村さん
芝村:どうぞ>ダイス
玄霧@参謀長:いきます。1d6
芝村:[mihaDice] 玄霧@参謀長 追加俸禄で色々 : いきます。1d6 -> 1 = 1
玄霧@参謀長:ちょま
那限逢真@芥:うはぁ
猫野@玄霧:うはぁー
りんく@忍者国:みはだいすがツンだ…!
玄霧@参謀長:今は1じゃなくてええねん
玄霧@参謀長:しゃてきのときやねん・・・
浅田@ツン:うわぁ
VZA@ツン:あら
猫野@玄霧:ギャンブルだねえ・・・マジで・・・・
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 2 = 2
芝村:勝った。
玄霧@参謀長:まぁ、こんなかんじはしてた・・・
那限逢真@芥:「どんまい」<玄霧さん
玄霧@参謀長:「(がっくりとヒザを落とす)」
双海環@芥:玄霧さん;
芝村:ヨシフキンは涼しい笑顔をしている。
鐘音@忍者国:オーマシンボルの賭けはまだ出来ますか?
玄霧@参謀長:「し、ししょうとよばせてください・・・」
猫野@玄霧:男「ヨシフキン殿」 猫「俺たちと、勝負にゃ」
浅田@ツン:では、オーマシンボルへ、誘った私が根源力をかけて、誘われた遥ちゃんがゲームをします。二人でのゲームです。お願いします>芝村さん
芝村:できるよ。>鐘音さん
猫野@玄霧:僕も羽妖精をかけて3万根源力払います~
鐘音@忍者国:ありがとうございます
芝村:ヨシフキン:「オーマシンボルよりも大切なものは多い」
高原@ツン:では結婚指輪を賭けて勝負します。根源力はいくらになりますか?
芝村:2万だ。
りんく@忍者国:「うーんと、ヨシフキンさんのおすすめはどれでしょうかね?」
双海環@芥:「鈴木と佐藤の行方が分かるかもしれないのは、テレビかなぁ。やっぱり・・・ブツブツ」
玄霧@参謀長:「くそう、こういう勝負で負けたのは(本気で)初めてだ。師匠、師匠と呼ばせてください!」>ヨシフキンさん
高原@ツン:では2万支払って挑戦します
浅田@ツン:「一緒に居る時間の少ない相手への、精一杯の女の見えです」
芝村:ヨシフキンは青森をちらりと見た後、一番安っぽい指輪を指差した。
浅田@ツン:見栄
芝村:OK>高原
芝村:ヨシフキンは浅田に微笑んだ。
芝村:OKということのようだ。
りんく@忍者国:「ええと、じゃあ、それをお願いします、ヨシフキンさん」
芝村:どうぞ>高原
浅田@ツン:「遥ちゃん。何色にしようか。」
猫野@玄霧:(皆さんが終わるまで待ちます~)
高原@ツン:「給料三か月分とはいかんが、意地をかけるべき時だ」
高原@ツン:1d6
芝村:[mihaDice] 高原@ツン : 1d6 -> 5 = 5
双海環@芥:「浅田さん、がんばってください!」
猫野@玄霧:おお、高い
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 4 = 4
玄霧@参謀長:おおー
高原@ツン:よし
VZA@ツン:よっし
玄霧@参謀長:やんややんや
那限逢真@芥:おお
猫野@玄霧:おめでとうございます~!
鐘音@忍者国:やったー
双海環@芥:おお、おめでとうございますー
りんく@忍者国:おお、おめでとうございます~
浅田@ツン:おめでとうございます
高原@ツン:「では、いただいていきます」
芝村:この指輪は4 4 評価の時に使うと結婚式イベントが起きる。
高原@ツン:先が長いいいいいいいいいいw
双海環@芥:Σ結婚式
那限逢真@芥:結婚騎士イベント(笑
浅田@ツン:わぁ
りんく@忍者国:(Σ いいなぁ
玄霧@参謀長:凄いのか凄くないのか!
高原@ツン:アイドレス終わって舞
はる@ツン:りんくさんが一番近いんだけど
芝村:ヨシフキンは笑っている。
高原@ツン:終わってまう!
那限逢真@芥:(結婚騎士ってなんだ
那限逢真@芥:(苦笑<終わる
芝村:お、結婚式指輪がいくつか補充された。違う柄だ。
芝村:木で出来た指輪だね。
高原@ツン:こう、新郎新婦が手を合わせて神魂合体と!<結婚騎士
浅田@ツン:どのオーマシンボルにするか、遥ちゃんに選んでもらうことはできますか?>芝村さん
那限逢真@芥:職業4?
那限逢真@芥:<結婚騎士
猫野@玄霧:男「・・・」 猫「ぶっちゃけびびってるにゃ、おまえ?」 男「うるさいぞワサビ」
那限逢真@芥:(魔法使いの天敵だなぁ……)
玄霧@参謀長:ダンナーとオクサーが(ゲフンゲフン
芝村:浅田の肌と合わせて、遥は紅を選んだ。
浅田@ツン:「では、その色で。遥ちゃん、がんばって」
芝村:遥:「勝つね」
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 4 = 4
芝村:遥は4を出した。
芝村:そしてヨシフキンだ。
鐘音@忍者国:ドキドキ
芝村:ヨシフキン:「どうかな」 1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : ヨシフキン:「どうかな」 1d6 -> 5 = 5
那限逢真@芥:惜しい
りんく@忍者国:うわー;;
VZA@ツン:ぐう
高原@ツン:残念・・・
浅田@ツン:「残念だったね。また、今度挑戦しよう」
双海環@芥:残念;
玄霧@参謀長:残念・・・
りんく@忍者国:(数は力…祈りでどうにかならないものかしら;;
芝村:ヨシフキンは笑った後、浅田にポケットから何かを取り出して投げてよこした。
浅田@ツン:「……え?」
芝村:ヨシフキン:「オーマの可能性は貰ったが、いらんかもなあ」
那限逢真@芥:おや
芝村:浅田さんはゲーム終了時にこの何かを見ることが出来る。
玄霧@参謀長:ほほう
鐘音@忍者国:おおー
りんく@忍者国:おお。なんでしょうね。
はる@ツン:「浅田には結婚指輪の方が良かったかもな」
双海環@芥:ほうほう
芝村:さて、どうする?
浅田@ツン:「ヨシフキンさん、ありがとうございます。」
りんく@忍者国:「え、えっと……青森さん、私、がんばってみますね。」(ということで、ヨシフキンさんおすすめの指輪を賭ける根源力はいくつでしょうか?)
猫野@玄霧:男「・・・」 猫「(ぬいぐるみをもってとててて)」
那限逢真@芥:「次はオレがやろう。羽妖精をかけて勝負だ。 確かにオーマシンボルは欲しいが、瓶詰めにされているのを放っておくのはオレの理念にも藩国の理念にも逆らう」
芝村:根源力は5000だ。 しかしりんくの目は結婚指輪ぽいペアリングを見ている。
双海環@芥:「逢真さん、がんばれー!」
芝村:30000根源力だ>三影
芝村:1d6どうぞ。
那限逢真@芥:13万(とちょい)ありますので、払えます
那限逢真@芥:「助けてやるからな(羽妖精に笑いかける)」
りんく@忍者国:「うう……や、やっぱりこっち。この、ペアリング…を賭けて、勝負をしてください」
那限逢真@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 那限逢真@芥 : 1d6 -> 4 = 4
玄霧@参謀長:「くぅー、何か楽しそうだなぁ。ギャグ見たいな敗北は一発ネタにしかならんと言うのかイワッチー」
はる@ツン:「ほら、青森。りんくちゃんが指輪欲しがってるぞ。男だろ?」
那限逢真@芥:微妙だ(汗
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 2 = 2
鐘音@忍者国:おおー
双海環@芥:お
那限逢真@芥:あ。勝った
はる@ツン:おめーー
りんく@忍者国:おおー。
浅田@ツン:おめでとうございますー!
VZA@ツン:おお、おめでとうございます
芝村:妖精が入った。
りんく@忍者国:おめでとうございます~
鐘音@忍者国:おめでとうございます
猫野@玄霧:(あら、藩王の仇はとりそこねたか)
猫野@玄霧:おめでとうございます。
那限逢真@芥:ありがとうございます
高原@ツン:おめでとうございます
双海環@芥:おめでとう、逢真さん
玄霧@参謀長:ぬーん。ワサビー他のヤツやったらいいんじゃない?
芝村:この妖精は貴方の傍でなにかにつけて世話してくれる。
鐘音@忍者国:おおー
りんく@忍者国:可愛くていいですねぇ
芝村:幸運に+4されるぞ。
那限逢真@芥:名前とか、アイドレス的な設定はあるのでしょうか?
浅田@ツン:わ、すごい
那限逢真@芥:おお<幸運+4
高原@ツン:それは凄い
りんく@忍者国:幸運+4は素敵ですねv
双海環@芥:よかったですね。逢真さん
VZA@ツン:おおー
芝村:妖精(ピクシー・Q):「なんでうちを助けるの?」
那限逢真@芥:人助けはするものですね
那限逢真@芥:「ん? そりゃ、お前さんが可哀相だったからな」
芝村:ヨシフキンは店じまいを始めた。
VZA@ツン:「ちょっとまて」
りんく@忍者国:「え、あの…」
VZA@ツン:「俺がまだ賭けてないぞー」
鐘音@忍者国:まって
那限逢真@芥:「それに、一人でも多くの命を助けるのが、オレたちの理念だからな」
芝村:Q:「ありがとう旦那さん」
はる@ツン:いそげいそげw
芝村:ヨシフキン:「ああ。いそいだがいい」
玄霧@参謀長:「もう少しまってくれ、後何人かいるんだ」>ヨシフキンの旦那
那限逢真@芥:「那限逢真だ。これからよろしくな」
VZA@ツン:「オーマシンボルで頼む」
りんく@忍者国:「すみません、指輪をかけて勝負してください!」
玄霧@参謀長:あぁ、時間切れが近いのか
猫野@玄霧:男「・・・俺の勝負もすませたい。」 猫「月子のそばに行く)」
VZA@ツン:「何色かは……黒がいい。」
芝村:どうぞ。>VZA
鐘音@忍者国:「オーマシンボルを賭けさせて下さい」
VZA@ツン:1d6
りんく@忍者国:(ペアだと根源力おいくつですか?)
芝村:[mihaDice] VZA@ツン : 1d6 -> 5 = 5
はる@ツン:「知恵者の頭は前髪しかないってな。カニ歩きしてるから意味無いけど」
玄霧@参謀長:オーマシンボル大流行
双海環@芥:がんばれー>鐘音さん、VZAさん
玄霧@参謀長:ガンバレー
猫野@玄霧:(なんとなくほしいものを探します、なにか感じるものがありますでしょうか)>芝村さん
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 6 = 6
浅田@ツン:「うわ」
はる@ツン:あははw
双海環@芥:あら
りんく@忍者国:あらら;
高原@ツン:ここでかー
那限逢真@芥:うわ
VZA@ツン:「ふっ、そういう予感はしてたんだ…」
芝村:ヨシフキンは大笑いしてチャンスボールを1個くれた。
はる@ツン:今日のミハダイスは...狙ってるとしか
高原@ツン:「うん、後で飲もう」>VZA
玄霧@参謀長:ミハダイス今日は凄い機嫌だな(笑)
芝村:いやー。根源力はいくらあってもたりんねえ。
VZA@ツン:「ああ、ありがとう、もらっておくよ」>チャンスボール
芝村:ウシシシ
那限逢真@芥:「どんまい(肩にQがとまる)」
りんく@忍者国:(指輪はペアでも5000でしょうか?)>芝村さん
芝村:ペアで1万だよ>りんく
りんく@忍者国:(ぎゃふ。了解です。では、1万払ってふります!)
鐘音@忍者国:「ガンバレーりんくさん」
那限逢真@芥:「頑張れ」
りんく@忍者国:1d6
芝村:[mihaDice] りんく@忍者国 : 1d6 -> 2 = 2
双海環@芥:リンクさん、ふぁいとー
りんく@忍者国:Σがん
芝村:1s6
猫野@玄霧:ぎゃふん
那限逢真@芥:うはぁ
芝村:おっと入れ間違い。うははは1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : おっと入れ間違い。うははは1d6 -> 3 = 3
鐘音@忍者国:くぅーー
芝村:残念(笑)
那限逢真@芥:ぎゃ~す(笑
りんく@忍者国:「うう……
玄霧@参謀長:そして勝つ(笑)
高原@ツン:嫌な差でーーーーー
猫野@玄霧:さすがだ芝村さん・・・
りんく@忍者国:「だめだった…」
双海環@芥:惜しいー
浅田@ツン:毎回2差・・・
芝村:青森:「気にするな」
猫野@玄霧:男「この地図は、いくらだろう」
玄霧@参謀長:「しかしさっきから僅差で勝ち続けるなぁ。流石変な格好をするだけのことはある」
鐘音@忍者国:「次は私ですね。ごくっ」
芝村:青森:「安物でよければ俺が勝ってやるよ」
高原@ツン:「旦那賭けるものあるんすか?」
りんく@忍者国:「え…! あ、ありがとうございます!」>青森さん
芝村:地図は5万だ。
玄霧@参謀長:「おお、青森さん太っ腹」
双海環@芥:「よかったね。りんくさん」
玄霧@参謀長:うぉ、其れ買えない>ワサビー
猫野@玄霧:ぐあっ、全然足りない)
双海環@芥:あ、では私地図に挑戦します
玄霧@参謀長:「・・・(ぽん、とワサビの肩に手を置く)」
りんく@忍者国:「はい、本当に嬉しいです…!」(感激のあまり涙目)
那限逢真@芥:「頑張れ双海さん。(Qの幸運を分けてあげたい……)」
芝村:ヨシフキン:「いいのか。この地図は、一人のものじゃない」
芝村:Q:「がってん」
双海環@芥:「いいですよ。なんのお宝かわかりませんが、みんなで探した方が面白いですもの」
那限逢真@芥:∑ 行けるの!?<Qの幸運分け
芝村:ヨシフキンは笑ってうなずいた。
芝村:ではどうぞ>双海環
双海環@芥:はい
双海環@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 双海環@芥 : 1d6 -> 1 = 1
双海環@芥:あらら
はる@ツン:なんてツンデレ
那限逢真@芥:ありゃ
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 4 = 4
りんく@忍者国:Σ うわ;;
玄霧@参謀長:「・・・(ぽん、と肩に手を置く)」
那限逢真@芥:うは
鐘音@忍者国:なんとー
芝村:残念。
高原@ツン:今日のミハダイスは見事にツン期
猫野@玄霧:男「俺は指輪をもらおう、この安っぽい奴を」 猫「俺たちにぴったりそうだにゃ」
双海環@芥:「ごめん、みんな(てへっと笑う)」
りんく@忍者国:なんてツンなみはだいす…
那限逢真@芥:「どんまい。Qもお疲れ様」
芝村:5000根源力だよ>猫野
りんく@忍者国:「おつかれさまです~」
猫野@玄霧:お疲れ様です・・・・
猫野@玄霧:了解、支払います
芝村:Qはしょげている。
猫野@玄霧:男「さて、いこうか」
VZA@ツン:チャンスボールとか使えませんよね?w
猫野@玄霧:1d6
芝村:[mihaDice] 猫野@玄霧 : 1d6 -> 3 = 3
芝村:つかえる>VZA
那限逢真@芥:「いいさ。こういうこともあるから」<Q
玄霧@参謀長:むぉ、微妙
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 5 = 5
双海環@芥:「まあまあ、Qちゃんのせいじゃないし、次がんばればいいよ」
りんく@忍者国:ああー;;
玄霧@参謀長:(ホロリ
那限逢真@芥:ありゃ
芝村:猫野ぶっ倒れた。
猫野@玄霧:男「足りないか。ありがとうな」
猫野@玄霧:倒れなきゃいけないかっwどてっ
玄霧@参謀長:「うん、飲もう。飲もう、ワサビ」
猫野@玄霧:粋に去りたかった・・・!
VZA@ツン:では先ほどの地図の判定にチャンスボールを
芝村:OK>VZA
VZA@ツン:よし、いってくださいw
玄霧@参謀長:粋だねぇ
浅田@ツン:がんばって
りんく@忍者国:がんばれ~
鐘音@忍者国:がんばれー
高原@ツン:漢ですから
那限逢真@芥:頑張れ~
はる@ツン:がんばれ~
高原@ツン:がんばれー
双海環@芥:いいんですか?
VZA@ツン:「だってもともと負けてもらったもんだからな…」
VZA@ツン:いってくださいw
双海環@芥:ありがとうございます。VZAさん
双海環@芥:では
双海環@芥:1d6
芝村:[mihaDice] 双海環@芥 : 1d6 -> 4 = 4
浅田@ツン:どきどき
那限逢真@芥:「行け。今度こそ」
はる@ツン:いける!
双海環@芥:(く、微妙
高原@ツン:「何、お前さんはそういう漢だ。この行為は無駄にはならんよ」>VZA
玄霧@参謀長:「いけるか・・・」
鐘音@忍者国:いけー
芝村:1d6-1
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6-1 -> 1 = 1 -> 1 - 1 = 0
玄霧@参謀長:すげぇ
双海環@芥:え
芝村:勝った。
りんく@忍者国:おお。
浅田@ツン:わ
鐘音@忍者国:おおー
那限逢真@芥:-修正?
猫野@玄霧:おお?
りんく@忍者国:おめでとうございます~!!
はる@ツン:完全勝利!
鐘音@忍者国:おめでとうございます
VZA@ツン:おおっし
浅田@ツン:おめでとうございます
双海環@芥:VZAさん、本当にありがとう
猫野@玄霧:おめでとうございます!!
芝村:ヨシフキンは片目をつぶった後、地図をくれた。
VZA@ツン:おめでとうございますー
那限逢真@芥:勝ってよかった。本当に
玄霧@参謀長:素晴らしい素晴らしい
双海環@芥:みなさんも、応援ありがとうございます
りんく@忍者国:「よかったぁ…」
双海環@芥:「Qちゃんも、ありがとね」>修正(たぶん
芝村:Qは喜んでいる。胸を張ってダンスしてるぞ
りんく@忍者国:(Qちゃん、可愛い…v)
那限逢真@芥:「お疲れ様(笑」<Q
芝村:はい。
浅田@ツン:(QでQ目標のクーラ思い出しちゃって少しびくびくしている人)
はる@ツン:鐘音さん。
鐘音@忍者国:「すみません。オーマシンボルに賭けさせて頂きます」
芝村:では2ゲーム目終了・・・え。
芝村:ではどうぞ>鐘音さん
玄霧@参謀長:ラストの大勝負ー
鐘音@忍者国:待ってました。すみません
VZA@ツン:さあ、どうなるかなーw
りんく@忍者国:「鐘音さん、がんばって~」
鐘音@忍者国:では
鐘音@忍者国:1d6
芝村:[mihaDice] 鐘音@忍者国 : 1d6 -> 3 = 3
双海環@芥:がんばってー!
鐘音@忍者国:微妙
浅田@ツン:きっと勝てます
高原@ツン:際どい、だが勝てない数字じゃない!
りんく@忍者国:うう…(お願い~)
はる@ツン:勝てる!
玄霧@参謀長:勝てるとも
VZA@ツン:勝つんだー
浅田@ツン:だいすのツンに晒されるのはツン国民だけで十分です……
猫野@玄霧:男「・・・」猫「なんかいけるきがするにゃ?どうしてかにゃ」
鐘音@忍者国:ありがとう。みんな
りんく@忍者国:勝ってー!!
双海環@芥:(デレテあげてー>ミハダイス)
芝村:1d6
芝村:[mihaDice] 芝村 : 1d6 -> 3 = 3
りんく@忍者国:Σ
浅田@ツン:あー
那限逢真@芥:ぐは
鐘音@忍者国:だっはーw
はる@ツン:同点...
双海環@芥:同点かぁ
高原@ツン:ここで同数かー!
玄霧@参謀長:ぐあぁ、同点か・・・
芝村:残念。
はる@ツン:残念賞メダルでちょっとでもずらせないかなあ。
鐘音@忍者国:仕方ないですねw
りんく@忍者国:うう…残念です~;;
鐘音@忍者国:残念だねー
双海環@芥:どんまいです
芝村:ヨシフキンは毎度ありと笑うと、丸々と太って去っていった。
猫野@玄霧:どんまいです・・・(;;
双海環@芥:Σ太って
りんく@忍者国:Σ 太って!?
はる@ツン:食べ物なのかw
高原@ツン:「…やっぱ知恵者なのではあれ」
鐘音@忍者国:はは、仕方ありません。
玄霧@参謀長:「し、ししょー!?」
浅田@ツン:「根源力を食べた……AZANT?」
那限逢真@芥:「太った?」
VZA@ツン:「何者なんだ、アレは…(笑」
双海環@芥:「よくわからないけど、いい人だったね」
那限逢真@芥:「まぁ、いいか。お待たせしました」<瀧川・チビ・月子
りんく@忍者国:「なんだか、不思議な人でしたけどね…」
はる@ツン:「まあ、よくわからあいけど、変な奴」
那限逢真@芥:「おかげで一人助けられました」
はる@ツン:「さあ、夜も深まってきた! こんなところに居座ってたらヤブ蚊が大変だ」
芝村:瀧川:「難だありゃ」
玄霧@参謀長:「謎な人物だった。いやほんと」
浅田@ツン:「え?」
鐘音@忍者国:「残念賞は」
芝村:月子:「(神だ…)」
那限逢真@芥:「……さぁ? よく分からん」<瀧川
鐘音@忍者国:欲しかったかも
はる@ツン:「(ぶっ 神?w」
玄霧@参謀長:神、神なのか
高原@ツン:「さてなあ、まあ妙なおっさんだったがまた会うこともあるだろう」
浅田@ツン:神様?
那限逢真@芥:「ん? 何か気になる点でもありました?」<月子
玄霧@参謀長:「またいずれ会いたいものだ。そして今度こそ勝ぁつ!」
那限逢真@芥:(一応入院患者なので知覚できる……かも)<月子の思考
浅田@ツン:「また遥ちゃんと挑戦したいな……」
りんく@忍者国:(鐘音さん、残念賞もらえなかった…ヨシフキン、戻ってきて残念賞あげてください~)
高原@ツン:「(それにしてもこの指輪、勢いで貰ったがどうしたもんか…)」
猫野@玄霧:男「その、月子さん、ぶしつけではありますがお聞きしたいことが」 猫「かわいいもの、好きにゃ?」
玄霧@参謀長:おお、いくのかワサビ
双海環@芥:(玄霧さんにも、あげてあげてー>残念賞
芝村:月子:「(なんで大柱クラスが?)」
玄霧@参謀長:(いや、なんかもう面白かったからいいや)
芝村:月子は考えている。
高原@ツン:ゲゲェー
浅田@ツン:なんと
はる@ツン:「おれの人徳(嘘)」
猫野@玄霧:(大柱クラスかあ・・・)
りんく@忍者国:ええ!?<大柱
玄霧@参謀長:「前参謀長の人徳(嘘)」
那限逢真@芥:「……もしかして、相当凄い人でしたか?」<月子
高原@ツン:相当えらい神様!
浅田@ツン:大柱って言うと、神産巣日神クラス……?
那限逢真@芥:「……しまったな。お礼を言うべきだった」
双海環@芥:「ですねぇ」>お礼
はる@ツン:「ノリのいい人だったなあ、源。ああいう大人になりたいものだ、おれは」
浅田@ツン:「ありがとうございました、神様」
芝村:源は、いない。
浅田@ツン:「遥ちゃん、お参りしていこうか」
芝村:/*/
玄霧@参謀長:「(すでになってるんじゃねえかなぁ、とはるさんを見る)」
はる@ツン:「源...?」
鐘音@忍者国:「いない?」
双海環@芥:「あれ? 源ー?」
はる@ツン:まさか、一緒に食われた?w
VZA@ツン:「お? 源、いない? ……大丈夫か? 何か事件起こしてるんじゃ」
双海環@芥:Σ食われた
猫野@玄霧:(どうも話しかける機会がないなあ・・・しょぼ)
玄霧@参謀長:太った原因は源?(笑)
那限逢真@芥:「ん? 瀧川。源知らないか?」
玄霧@参謀長:「イワッチ、源くん知らないかな。雷電つれてたやつなんだけど」と、聞いてみよう
芝村:岩田もいないねえ。
浅田@ツン:居ないのは誰ですか?
芝村:なんかすごーい。嫌な予感がした。
双海環@芥:「点呼しないとー」>いない人がいる
浅田@ツン:……
りんく@忍者国:うわー;;<嫌な予感
玄霧@参謀長:「うわぁ、危険センサーが」
高原@ツン:見事にトラブルメーカー2名が
那限逢真@芥:「チビは?(遠隔知発動)」
双海環@芥:「探しましょう」
VZA@ツン:「あたりをちょっと偵察してこようか…」
玄霧@参謀長:「探そう、ヤバイ。危険だ」
鐘音@忍者国:「やばい」
芝村:源、岩田、エミリオ、スイトピーがいない
玄霧@参謀長:「ゆけ、ワサビー!」
高原@ツン:「さて、賭け事の後はかくれんぼか。相当に面倒だぞこれ」
はる@ツン:「ぎゃーー夢中になりすぎた。さがせー」
猫野@玄霧:男「性懲りもなく月子に話しかけようとしていて)む、おう」 猫「いくにゃ!」
那限逢真@芥:「双海さん。後で起こして(予知夢モードで速攻寝る)」
双海環@芥:「了解! 逢真さん」
VZA@ツン:「感覚11で周囲500mを偵察してくるぜ」
芝村:岩田は血を流して倒れている。
りんく@忍者国:「ええ!? それはまずいです。青森さん、エミリオくんとスイトピーちゃんを探しに行きましょう」
玄霧@参謀長:「・・・念のため、被害が出てたことを考慮して準備を・・・(薬など用意)」
浅田@ツン:岩田!
りんく@忍者国:岩田!!?
玄霧@参謀長:「って速攻使える!イワッチィー!」
鐘音@忍者国:「なんと」
浅田@ツン:「シオネアラダの守り手!」
那限逢真@芥:岩田!?(汗
高原@ツン:「何だ、また無理なギャグをしたのかあれは…」
VZA@ツン:「ぶは、何が起こってる?」
猫野@玄霧:男「イワッチ!?なにがあった!!」 猫「おい!?」
芝村:予知夢だよ。
高原@ツン:なるほど
玄霧@参謀長:「名医を舐めるなチキショーって予知夢?」
双海環@芥:大変だ
芝村:源も死んでるね。
高原@ツン:アイヤー
りんく@忍者国:死!!?
那限逢真@芥:あ。予知夢でしたかって、ぎゃ~す!!
浅田@ツン:ええええええ
双海環@芥:「めちゃくちゃ、ヤバいですよ」
玄霧@参謀長:うぉ、予想してた大惨事が!
那限逢真@芥:エミリオとスイトピーは見えましたか?
VZA@ツン:そんな、小笠原では生死判定がないはずなのにー(笑
玄霧@参謀長:「さがせっ!さがせー!」
双海環@芥:速攻、起こした逢真さんから、情報入手ー
鐘音@忍者国:「どこだろう。源ー」
VZA@ツン:「源、どこだー? ガムやるぞー?」
高原@ツン:「源はともかくグリンガムは相当目立つはずだ」
りんく@忍者国:「青森さん、エミリオ君たちがどこにいるか推測できませんか??」
双海環@芥:「逢真さん、場所は見えなかった?」>岩田の倒れている、源死んでる場所
玄霧@参謀長:「(瞑想通信でワサビに連絡)イワタキケン 源モキケン イソゲ」
はる@ツン:浅田と遥、青森とりんくを中心に捜索をかけよう。他のメンツもエースから離れるな。
芝村:スイトピーやエミリオはいないね。
高原@ツン:「情報を集めよう」(屋台のおっちゃんに聞き込みを始めます)
那限逢真@芥:場所は見えましたか?<予知夢
芝村:青森は腕時計を見ている。
芝村:青森:「宿だ」
鐘音@忍者国:「宿?」
玄霧@参謀長:「宿・・・?」
はる@ツン:「宿?」
高原@ツン:(急ブレーキ)「民宿ですか」
猫野@玄霧:男「(ふざけるな、これ以上悲しみを生んでなるものか)」 猫「(おう、シーズスターを友として迎え入れるまではな!!)」 そして青森の言葉に耳を傾ける
りんく@忍者国:「宿、ですか? じゃあ、みなさんいってみましょう。青森さんもいっしょにお願いします」
VZA@ツン:「…宿? このあたりか?」
高原@ツン:「確かあるはずだ」>宿
那限逢真@芥:「と言っても、宿多そうだな(観光地ですし)」
芝村:貴方がたが宿泊する宿があるよ
はる@ツン:「いそごう。入院患者はそのまま幽体離脱でサポートしてくれ」
双海環@芥:「私たちが取ってる宿?」
高原@ツン:ではそのまま宿に向かいます
浅田@ツン:「遥ちゃん、猫と偵察兵の本領は、早さだよね。いってみよう」
りんく@忍者国:「エミリオ君、スイトピーちゃん。どこ~!? 聞こえたら、返事して~」(宿に向かいながら)
猫野@玄霧:男「わかれるか?ワサビ」 猫「いや、おそらくわれわれの宿だろう、いくぞ。和錆」
VZA@ツン:「ああ、くそ、WDかI=Dもってくれば…」
玄霧@参謀長:「蘇生が必要ならいつでもいいぞ」
高原@ツン:「自転車を持ってくるんだったぜ」
鐘音@忍者国:「エミリオー」
鐘音@忍者国:「スイトピー」
猫野@玄霧:くそ~マッド間に合ってればなあ)
玄霧@参謀長:(こんなこともあろうかと!っていいてぇ)
双海環@芥:「何かあったら、私を盾に」>サイボーグアイドレス
鐘音@忍者国:「源ー」
りんく@忍者国:「青森さんも、はぐれないでくださいね;;」(いるのを確認しながら走る)
芝村:宿に着いた。
芝村:そこは割りと大き目の宿で、露天風呂がある。
玄霧@参謀長:「念のため警戒を怠るなよ・・・」
玄霧@参謀長:(あぁ、なんか、こう、よそうが)
那限逢真@芥:「蒼天呼べればな(一応ACE)」
りんく@忍者国:「エミリオ君? スイトピーちゃん?? どこにいるの?」
高原@ツン:「おーい、源ー、岩田ー、浸かってるかー」
双海環@芥:(露天・・・源ひょっとして・・・)
猫野@玄霧:男「鼻血ふいてぶったおれてましたとかいうオチじゃないだろうな」 猫「まじめにやれ」
玄霧@参謀長:「イワッチー、風呂かー?」
VZA@ツン:「……ピー様も女湯だったり」
はる@ツン:「」」こういまえがさけんだらおーるどしるばーくるんじゃないか」
双海環@芥:「女湯は、女性で見ます」
はる@ツン:すみません。無視してw↑
高原@ツン:礼儀に習って腰タオル一丁に桶持ってます
高原@ツン:来ないと思うよw>オールド
那限逢真@芥:Qの幸運評価に期待(苦笑
はる@ツン:じゃあ、おれ外で惨劇に備えておくよ
芝村:グリンガムが駐機している。
りんく@忍者国:えーと、女湯を確認しにいきます。スイトピーちゃんがいないかどうか。
那限逢真@芥:「グリンガムだ」
玄霧@参謀長:「・・・一応ひえ○た用意しておこう」
芝村:で、その近くに源とイワッチが血を流して倒れている。
高原@ツン:とりあえず男湯に向かいます
双海環@芥:「こらー! 待て不埒者どもー」>無視して
玄霧@参謀長:うは
はる@ツン:「わーいグリンガームだー」と抱きつきます
那限逢真@芥:「遅かったか……」
芝村:スイトピーはああ。いた。
玄霧@参謀長:「・・・(2秒考える)と、とりあえず蘇生を行う」
鐘音@忍者国:「よかったー」
高原@ツン:「おーい、エミリオー」
猫野@玄霧:男「・・・」 猫「・・・」
りんく@忍者国:「あ、スイトピーちゃん。よかった。姿が見えないから、心配したんだよ~」
芝村:エミリオとならんで、源をやっつけたらしい
VZA@ツン:「……源? 岩田?」
高原@ツン:源…
はる@ツン:男だねえ
高原@ツン:判ってはいたが…
玄霧@参謀長:無茶しやがって
双海環@芥:「よし、偉いスイトピー」
鐘音@忍者国:「何してたんだか…」
那限逢真@芥:「スイトピー。事情説明してもらえますか? エミリオでもいいですが」
りんく@忍者国:「お、お疲れ様……スイトピーちゃん、エミリオ君」
はる@ツン:「説明もなにも、見りゃわかるじゃんw」
猫野@玄霧:男「・・・やれやれ」 猫「ともあれ、世はこともなし・・・か」
玄霧@参謀長:「(岩田の脈の確認中)おい、ワサビー。源たのむ」
高原@ツン:「誰もいなかった…」(男湯で呟く)
那限逢真@芥:「いや、一応念のため。色々問題あると困りますし」
芝村:スイトピー:「まったく……」
芝村:エミリオ:「犯罪です」
双海環@芥:(いや、高原さんは、間違ってないよ)
はる@ツン:ふみこたんが呼べなかったのが残念だ。
猫野@玄霧:男。猫「応」(ぴっぴっぴーと応急処置してタンカではこぶ
浅田@ツン:「源さん……国に帰ったらメイド喫茶で三日間メイドさんの刑」
高原@ツン:呼んだらものすごい事になってたな
りんく@忍者国:「あ、青森さんはし、しませんよね、そんなこと……」(確認せずにはいられない微妙な心境)
双海環@芥:小笠原、吹っ飛んでたかもねー>ふみこ呼ぶ
那限逢真@芥:「……お疲れ様でした。ごめんなさいね。邪魔してしまって」<スイトピー&エミリオ
玄霧@参謀長:小笠原ですめばいいなぁ
猫野@玄霧:(そして某藩国でぶるりと震えて制服案をみつめる猫「なんか背筋が」)
VZA@ツン:「(……源、後でどんなのが見えたか教えろよ)」
高原@ツン:「とりあえず汗流して風呂入ろう…」
はる@ツン:「(青森命拾いしたな...」
芝村:源:「桃……」
高原@ツン:「脱いじまったし…」
玄霧@参謀長:「無茶しやがって・・・」
猫野@玄霧:源について介抱します
はる@ツン:「こりんなあおまえも...」
玄霧@参謀長:「イワッチ、えーと、意識はあるか」
芝村:スイトピーが顔を真っ赤にして源を踏みつけた。
猫野@玄霧:男「野郎と猫じゃあ桃とはいかんが」 猫「まあ、我慢するにゃ」
芝村:スイトピー:「女の敵、女の敵」
VZA@ツン:「桃、桃か…」
はる@ツン:(たららなら羨ましいと言うんだろうなあ...)
玄霧@参謀長:「あぁ!医者として其れは止めます!タイムタイム」
鐘音@忍者国:「源…」
芝村:スイトピー以上にエミリオが怒ってる。
高原@ツン:「確実に目をつぶさんと懲りないぞー」>スイトピー
VZA@ツン:「(俺もうらやましい)」
那限逢真@芥:「スイトピー。止めを刺すなら首とか……」
玄霧@参謀長:「ちゃんと直してからにしてください」>スイトピー
はる@ツン:「いや、やっちゃってください。存分に」
浅田@ツン:急所にけりを一撃
りんく@忍者国:「女の敵……ごめんなさい、さすがに反論ができないかも…」
猫野@玄霧:男「やめろ」(スイトピーの前に立ちはだかる) 猫「医者の前で怪我人を傷つけるな」
双海環@芥:「源・・・・(深くため息をつく)」
はる@ツン:「じゃ、なおしてからボコろう」
玄霧@参謀長:「直ったら身柄を渡しますのでどうかゴカンベンを(土下座)」
高原@ツン:「まあまあエミリオ少年落ち着け。この手の人間はまともに成敗しても懲りないんだから」
那限逢真@芥:「大丈夫。入院患者になれば、逆にどこでも出撃できますから(違」
双海環@芥:「そだね」>治してからボコろう
芝村:肩で息をしているスイトピー。
りんく@忍者国:「まあまあ、エミリオ君、スイトピーちゃん。二人とも落ち着いて。きっとこのお兄さんやお姉さんたちが制裁を加えてくれるから」
玄霧@参謀長:「(軽く涙を流しながら)本気で無茶しやがって・・・」(手当て開始。岩田から)
那限逢真@芥:(スイトピーに水の入ったコップを差し出す(Qに調達させた))
VZA@ツン:「エミリオも大人になれば源の気持ちがわかるさ…」
高原@ツン:「ほれ、えーと、そこのドリル頭の嬢ちゃんも」
双海環@芥:「さあ、ちゃんと浸かってないのに上がると風邪引くよ。スイトピー一緒に入りなおそう」>お風呂
はる@ツン:(秘宝館誰に頼もうかなぁ...)
高原@ツン:(相当難しいぞこれw)
玄霧@参謀長:岩田の意識はあるんだろうか。さっきから無言だけど(苦笑)
芝村:イワッチ:「靴下がねらいだったのに・・・ガク」
鐘音@忍者国:(なんて無茶なw)
玄霧@参謀長:「お前ってヤツは!!(号泣)」
猫野@玄霧:男「イクさんが泣くぞ。」 猫「いや、喜ぶかもしれないにゃ」
那限逢真@芥:(流石<ソックス)
玄霧@参謀長:「イクさんのやつとかで我慢してくれ(ぼそり)」
はる@ツン:「浴衣姿にソックスがあるのかどうか...深遠な問題だな」
りんく@忍者国:「もう、尊敬すればいいのかあきれればいいのかわからなくなってきました・・・」(がくりと肩を落としつつ)
高原@ツン:「いやこの手合いはあらゆるものにソックスがあると信じて疑わない口だろ」
玄霧@参謀長:「カバとかなぁ(笑)」
芝村:青森は苦笑している。
猫野@玄霧:男「なんだか今日は本当に疲れたな」 猫「まあ、お前はそうだろうにゃ」
高原@ツン:「旦那もひとっ風呂浴びますか?」
りんく@忍者国:「それにしても、青森さんよくわかりましたね、みんなの居場所。どうしてですか?」
浅田@ツン:「遥ちゃんが入る前でよかった……」
はる@ツン:「そだな。これでゆっくり入れる」
玄霧@参謀長:「よし、とりあえず処置は完了。風呂はのぼせるので禁止」>源&岩田
浅田@ツン:「はるさんは男風呂ですよ」
はる@ツン:「ちぇ...」
芝村:青森:「この時間だ。子供は寝る時間だろう」
那限逢真@芥:「瀧川。チビ。オレたちも風呂はいるか? 月子嬢は双海と入ってもらうことになるけど」
芝村:青森:「しかしまあ」
鐘音@忍者国:「露天風呂いいですねー」
りんく@忍者国:「なるほど。言われてみればもっともですね」<寝る時間
芝村:青森:「はやすぎるだろ、一緒に風呂にはるなんて」
玄霧@参謀長:「うーん、速すぎると言うか遅すぎると言うか」
芝村:青森はスイトピーの投げた下駄が命中して倒れた。
那限逢真@芥:「そうか。チビはもう寝る時間だったか……」
那限逢真@芥:「お見事」<スイトピー
りんく@忍者国:「え。あ、いや、きっとそういうことじゃなくて…って、ああ;; そういうこというから…大丈夫ですか?」>青森さん
芝村:スイトピー:「なんですかその破廉恥な発想は!」
高原@ツン:「青森の旦那はこういうときに間が悪いと言うか何と言うか…」
VZA@ツン:「ち、羨ましいやつめ」>青森
浅田@ツン:「青森さん……どうしていつも」
芝村:エミリオは顔を真っ赤にして倒れた。
双海環@芥:「ああ、青森さん。キジも鳴かずばですよ」
高原@ツン:「そういう台詞は誰も見ていないときに二人っきりで呟くもんでしょうに」
猫野@玄霧:男「お待ちください、月子さん」
那限逢真@芥:「エミリオ。しっかり(ぱたぱた」
はる@ツン:「ある意味、源のナイスセービングだったのかな」
鐘音@忍者国:「おっと。抱きかかえて介抱しないとー」
高原@ツン:「少年ー、戻っってこいー」
玄霧@参謀長:「このままほっておくと無限にけが人が増える予感・・・」
双海環@芥:「エミリオー」
高原@ツン:ぺしぺしとエミリオの頬をたたきます
芝村:エミリオ:「す、すみません」
りんく@忍者国:「スイトピーちゃん、ナイスコントロールね……。しっかり跡がついてますけど、大丈夫ですか?」>青森さん
那限逢真@芥:「大丈夫か?」<エミリオ
芝村:スイトピーはエミリオが倒れているのを見て、口元を震わせている。
高原@ツン:「よし、おっさんが今日の夜はそれはそれは濃い漫談をしてやろう。少しは大人に近づくぞ」
浅田@ツン:「す、スイトピーさん、大丈夫?」
芝村:青森:「死ぬかと思った」
玄霧@参謀長:「とりあえず、シップ張っておこう」>青森の額
高原@ツン:「(爆発5秒前だなあれは)」
那限逢真@芥:「スイトピー?」
VZA@ツン:「ピー様?」
芝村:スイトピーは嫌いと言って走って逃げた。
芝村:エミリオは追って行った。
高原@ツン:「あーもう仕方ねえなあの嬢ちゃんは」
りんく@忍者国:「あれは、自業自得ですよ。子供をからかっちゃかわいそうです」>青森さん
那限逢真@芥:「あ。ちょっと!?」
高原@ツン:大急ぎで着替えて追います
那限逢真@芥:「あ~。こういう場合、どうすれば良いと思います? 月子嬢」
鐘音@忍者国:「追いかけます。」
玄霧@参謀長:ぬぅ、一応けが人が2人いるんで待機かな
猫野@玄霧:男「・・・(聞こえないような嘆息、落胆)いくか。」 猫「・・・ああ」
那限逢真@芥:(男性より女性の方がこの場合は良いと判断)
はる@ツン:野暮だなあ。こういうのは入院患者でこっそり見まもるのが礼儀じゃないか。
玄霧@参謀長:デバガメかよ(笑)
浅田@ツン:「はるさん、ちょっと」
高原@ツン:入院患者じゃねえものw
芝村:青森:「いや、からかっては」
双海環@芥:「青森さんは、りんくさんとお風呂にはいってくるといいよ」(やれやれ)
那限逢真@芥:双海さんかチビか瀧川か月子か吉田が行かないと(苦笑<遠隔知
芝村:青森は腕を組んでうーん。
はる@ツン:「へいへい。グリンガム、源運ぶの手伝ってあげてよ」
高原@ツン:(着替えながら)「旦那は正直者過ぎるんですよ」
鐘音@忍者国:「双海さん。ナイスアイデアですw」
りんく@忍者国:「まあ、本気の言葉にしても、まだスイトピーちゃんたちにはそれこそ『早すぎ』ますよ」(苦笑)>青森さん
玄霧@参謀長:「確かに違いない」>速すぎ
芝村:グリンガムは尻尾振って源をくわえて歩き出した。
りんく@忍者国:(って双海さん、何を言い出されるのですか!!?/笑)
那限逢真@芥:「源。大丈夫かね……」
はる@ツン:「ついでに、岩田も。気絶しているうちに女集は風呂に入ってしまいなさい」
浅田@ツン:「前にテレビで芸能人が言ってたんですけど、「ぜんらよりしたぎすがたがいい」ように、物事は少し隠れてたほうが良いそうです」>青森
VZA@ツン:「まあ、源だし」
玄霧@参謀長:「とりあえず、イワッチもはこんでやってくれないかな」>グリンガム
高原@ツン:「まあ夜も更けてきたし、保護者も必要だろうからちょっくら行ってきますわ」
高原@ツン:「傷害事件とか起こされてもあれだし」
芝村:イワッチは戦闘腕で運ばれていった。
高原@ツン:浴衣を尻端折りして外に出ます
浅田@ツン:イワッチ……
芝村:青森:「全裸ねえ」
高原@ツン:「さてどこに行ったのやらあの二人」
玄霧@参謀長:「(ホロリ・・・)あ、一応付いていこう。目を離すと何するかわからん」>岩田と源
鐘音@忍者国:「おーい」
浅田@ツン:「いえですね、全裸に注目をせずにですね」
双海環@芥:「りんくさん、がんばってねー」りんくさんに手をひらひら振って、高原さんに続いてスイトピーたちを追います
りんく@忍者国:「青森さん……秘するが花、ということを浅田さんは言いたかったのでは」
りんく@忍者国:「って、双海さん!? あの、私に何をがんばれとー!!」(笑)
高原@ツン:「全く行方知れずは困るんだがなあ」(決定的瞬間を撮影する用の暗視カメラを持ち出しつつ)
猫野@玄霧:男「とりあえず、俺たちの出番は」 猫「ないな。風呂でもつかるか」 見守ることにして風呂に入ります
那限逢真@芥:「気をつけてな~(瀧川、チビ、月子、吉田がいるので待機)」<双海さん
はる@ツン:「若いっていいねえ(客室で倒れた二人をうちわで扇ぐ)」
玄霧@参謀長:「まったくで」
双海環@芥:まあ、いろいろと(笑)>りんくさん
芝村:では2系統に分かれて処理しよう。
芝村:1個目が、スイトピー&エミリオ
芝村:もう一個が、風呂だ。
芝村:どっちが先がいい?
玄霧@参謀長:はっ、倒れた二人についていってしまった場合はどっちでしょう
はる@ツン:脱落
玄霧@参謀長:脱落かなぁ(笑)それはそれで
りんく@忍者国:えーと、場所的には私はお風呂かな?
はる@ツン:自分も脱落で~。
浅田@ツン:「遥ちゃん、どうしよう」
芝村:風呂>玄霧コース
那限逢真@芥:私は遠隔知で双海さんとリンクしているので、何気にどっちも把握できますね(苦笑
芝村:遥:「お風呂……」
那限逢真@芥:(援軍能力でどっちにも出現はできるのかな……)
高原@ツン:「どこだろうなー」(相変わらず探しつつ)
りんく@忍者国:(スイトピー&エミリオ組からのほうがいいのでは。誰が行ったか確定しているので…)
玄霧@参謀長:む、風呂ですか。了解
双海環@芥:「どこいったんでしょうねー」>同じくきょろきょろ
VZA@ツン:「(……ピー様はあがってしまったが、月子や吉田や浅田は今から風呂っぽいな)」
那限逢真@芥:「(遠隔知で状況だけは把握中)」
芝村:スイトピーとエミリオは発見した。
双海環@芥:さて、声をかけるべきか見守るべきか
浅田@ツン:「じゃあ、おふろいこっか」
高原@ツン:「(まあ待てまあ待て)」暗視カメラの望遠で覗きます
りんく@忍者国:(望遠!?w)
高原@ツン:「(さてさて少年少女は一体何を話しているのかな)」
双海環@芥:(高原さんが、デバガメしてるー。一緒にみるけどw)
芝村:二人で手を繋いで歩いてきた。
高原@ツン:「ち」すばやくカメラを繁みに捨てます
芝村:何か話しながら歩いてるぞ。
那限逢真@芥:「(双海さんの目を通して遠隔知中(デバガメで盗撮(悪))」
高原@ツン:「ドラッグ注入ー」
芝村:あ。高原に気付いて手を離した。
高原@ツン:感覚を鋭くして読唇術を試みます
高原@ツン:ち、気付かれたか
双海環@芥:あらら、残念>手を離した
りんく@忍者国:(初々しいカップルにみえる…/笑)
高原@ツン:「イヤアコンナトコロニイタノカ、ヨカッタヨカッタ」
はる@ツン:(片言に...)
那限逢真@芥:「(何をしているのやら……)」
鐘音@忍者国:かわいいですね
高原@ツン:「ブジカ?ケガシテナイカ?」
玄霧@参謀長:(ナントイウカタコト)
双海環@芥:高原さんの横でにこにこしてます>スイトピーとエミリオが可愛いので
浅田@ツン:はるさん
芝村:ははは。
芝村:では、風呂のほうを
那限逢真@芥:それを遠隔知で見て苦笑しています<双海さんから見たスイトピーとエミリオ
浅田@ツン:(其処は突っ込んでは駄目(笑)
芝村:玄霧さんは傍にいたんだよね。
玄霧@参謀長:ええと、岩田とかですよね
玄霧@参謀長:それならばハイで。横で内輪であおいでたんじゃないかと
はる@ツン:自分も介抱してますよ。グリンガムと。
芝村:岩田、源は人の気配がなくなると、むくりと動き出した。
玄霧@参謀長:多分はるさんも近くにいそう
芝村:源:「いったようだな」
芝村:岩田:「ククク」
玄霧@参謀長:「やっぱりもう元気か。恐ろしいヤツメ」
高原@ツン:懲りない面々がw
芝村:岩田:「肉を切らせて骨を絶つ」
双海環@芥:(懲りてないなー)
那限逢真@芥:(笑
VZA@ツン:(さすがだぜ源)
りんく@忍者国:きっと、浅田さんや遥かちゃんたちとお風呂に入ってるんだろう私はどうすれば(笑)
玄霧@参謀長:「まぁ、まて」
鐘音@忍者国:(なんとw)
玄霧@参謀長:「なにがしたいのかは大体予想が付くが」
玄霧@参謀長:「綿密に作戦をたててだな」
高原@ツン:しまった同士しかいないw
那限逢真@芥:月子と吉田(可能性としてはあとチビ)も入っているでしょうね<風呂
双海環@芥:Σ玄霧さん
玄霧@参謀長:いえ、わたしはくつしたのとりこ
VZA@ツン:「……同士源、協力しよう」
はる@ツン:「いや、お前等...」
芝村:ええ>三影さん
那限逢真@芥:(爆笑<同士
はる@ツン:「風紀委員はいないのか!w」
芝村:源と岩田はVZAと硬い握手をかわした。
芝村:源:「生まれるときは別々でも」
鐘音@忍者国:(何て事を…)
VZA@ツン:「死すときは同じ」
玄霧@参謀長:「まった、まぜろ。協力するから!」
芝村:岩田:「死ぬとき、死に場所は」
那限逢真@芥:うはぁ。こっちは瀧川と私しか動けないのか(苦笑
双海環@芥:(ああ、せっかく上がったVZAさんの株がw>「……同士源、協力しよう」
りんく@忍者国:「いいお湯だね、遥ちゃん、月子ちゃん、浅田さん。」(のほほ~ん)
浅田@ツン:「遥ちゃん、背中流そうかー?」
VZA@ツン:「よし、玄霧もはるも同士だ!」
高原@ツン:桃園の誓いがwwwww
玄霧@参謀長:「ごめんなさい見栄を張りました作戦を立てましょう」
鐘音@忍者国:(あらーw)
那限逢真@芥:(あえて言うと、遠隔知を使えば安全に覗き見できたりする(苦笑))
芝村:遥はうん。とうなずいた。シャンプーハットをつけている。
りんく@忍者国:「あ。じゃあ、月子ちゃんの背中は私が流すね。こういうのも、楽しいよねぇ」(ごしごし)
浅田@ツン:巌の楯が使えたら……
はる@ツン:「いやあ、おれはガキには興味がないんだが...」
芝村:源:「やめろ!グリンガム!」
はる@ツン:「グリンガム、叩き伏せろ」
那限逢真@芥:さて。瀧川と私はどうしよう(汗(多分阻止?)
芝村:源は大声をあげながらグリンガムに指で指示した。
高原@ツン:グリンガムに濡れ衣を着せる気か…
玄霧@参謀長:「(がっちりと腕をつかむ)」>VZAさん
鐘音@忍者国:(猫の前参謀長と現参謀長がー)
浅田@ツン:「じゃあ洗うよー。わ、ここの石鹸泡がすごい。泡だらけ」
猫野@玄霧:(普通に風呂に。普通に入浴を楽しむ。)
芝村:グリンガムはがうと言って壁をぶっ壊して女湯に入った。
浅田@ツン:「泡が洋服みたいだね」
高原@ツン:調教されてやがるwwwww
りんく@忍者国:「肌白いね~。あ、浅田さん。石鹸……って」
玄霧@参謀長:グリンガムえらいこ!!
浅田@ツン:「グリンガム!はるさんがよんでる!」
芝村:ざぶんと湯があふれて、浅田は遥と流された。
はる@ツン:「所詮飼い犬かw」
浅田@ツン:「あー」
VZA@ツン:「流石だぜグリンガム…!」
玄霧@参謀長:其の好きに岩田と脱衣所に
猫野@玄霧:(ため息、眼をふさぐ)
玄霧@参謀長:「狙いは一つ!」
那限逢真@芥:「……瀧川。この場合、オレたちは止めるべきだと思うのだがどうする?」
りんく@忍者国:「あ……浅田さん、遥ちゃん!? っていうか、何!!?」
VZA@ツン:「グリンガムに気を取られてるスキに、別の場所から…!」
那限逢真@芥:「(←何気に戦闘行為が無い)」
芝村:岩田と玄霧は走って脱衣所に
玄霧@参謀長:ビックビィストを開放せざるを得ない状況(爆笑)
芝村:その瞬間に大きな物音で驚いてきた職員とはちあわせした。
高原@ツン:ますますやばい状況にw
玄霧@参謀長:「・・・撤退っ!!」
那限逢真@芥:うはぁ(笑
はる@ツン:「(呼んだら来ないかなあ)金城さーん」
りんく@忍者国:「グリンガム…っていうことは、なるほど」(タオルを巻いているので落ち着いてますw)
玄霧@参謀長:とりあえず近くにあったくつしただけ付かんで逃走を試みます
芝村:グリンガムは湯船に使ってしあわせそうだ。
高原@ツン:グリンガム…国で風呂作ってやるか…
双海環@芥:(グリンガム可愛いなぁ)
芝村:玄霧と岩田はアメショー警備仕様で追われた。
りんく@忍者国:「まあ、一緒にはいろうかv 気持ちいいもんね」(いっしょにつかります)
はる@ツン:グリンガムってメスだったっけ...
那限逢真@芥:∑ 和んでいるグリンガムに和みました
浅田@ツン:我々はどこに流されたんでしょうか
高原@ツン:性別はどうだったか…
玄霧@参謀長:「うひゃひゃひゃひゃ」(とても楽しそう
芝村:源は「やめろグリンガムと言いながら全力の笑顔で突撃」
那限逢真@芥:「アメショーが出たなぁ……(眺めている)」
はる@ツン:「グリンガム! 掛け湯もせずに入っちゃダめっ」
猫野@玄霧:(足をひっかける、源の)
高原@ツン:「…あー、やっぱああなったか」(遠くからアメショーを見つつ)
玄霧@参謀長:「イワッチ、此処の場合どうする」>アメショをチラ見しながら
VZA@ツン:「参謀長と岩田はもうだめか… ならば俺たちだけでも!」
りんく@忍者国:「え。ちょ……!? きゃ~~~~~っ!!」(思いっきり叫んでみますw)
芝村:そして帰ってきたスイトピーたちの気配に気付いて足をとめた。
芝村:源:「あ」
高原@ツン:「むう、聞こえる聞こえる乙女の悲鳴が」
那限逢真@芥:「まぁ、時間切れだが(一応遠隔知で(以下略))」
はる@ツン:う~む、さっそく黄オーマに目覚めて源をぶった押すことは出来ないものかw
芝村:源(あしをとめて):「あー。かえってこーい。グリンガム」
双海環@芥:「源・・・懲りないなぁ」
VZA@ツン:「うお? ピー様?」
はる@ツン:逃げよう...
はる@ツン:くわばらくわばら
玄霧@参謀長:果てしなく遠くへ
芝村:スイトピーが下駄投げるより先に、エミリオの式神が炸裂した。
那限逢真@芥:「警備員さ~ん。こっちこっち(手を振る」
浅田@ツン:「は、遥ちゃん大丈夫ー?」
芝村:/*/
高原@ツン:「派手やなあしかし」
芝村:遥はうん。とうなずいた。
芝村:さて。
双海環@芥:「エミリオ、ナイス突っ込み」
りんく@忍者国:阿鼻叫喚……(笑)
芝村:最後の1分間です。
芝村:りんくさん。あなたはどうしてたんだっけ。
はる@ツン:「馬鹿は殺して蘇生させたぐらいじゃ直らない...」
高原@ツン:「(そういや青森の旦那はどこ行ったんだろう)」
りんく@忍者国:お風呂に入って悲鳴をあげてました…
はる@ツン:それはやばいw
双海環@芥:あー
芝村:そうか。
玄霧@参謀長:あー
猫野@玄霧:(なにもできんなあ、湯につかろう)
はる@ツン:あーーーあーーー
VZA@ツン:あらー
高原@ツン:展開が見えた気がしてきた
玄霧@参謀長:(俺、死んだかもしれない)
那限逢真@芥:あははは……
芝村:りんくさんに落ち着けという声がした。
鐘音@忍者国:(青森?)
りんく@忍者国:「え、あ、はい。って…え?」(声のほうを見ます)
芝村:青森:「大丈夫だ。俺がまもってやる」(りんくの隣で湯船につかりながら)
高原@ツン:やっぱりかー!
那限逢真@芥:(爆笑
芝村:かぽん(しし脅しの音)
玄霧@参謀長:なんと堂々と
鐘音@忍者国:さすがw
浅田@ツン:いつのまにw
双海環@芥:青森さんw
高原@ツン:「何故だろう、旦那の命がとても危うい気がするんだ…」
りんく@忍者国:「…………~~~~っっっ!!!」(声にならない叫び。桶を掴んで投げます)
玄霧@参謀長:「無茶しやがってっ!(見えないはずなのにありありと何かが見える)」
芝村:青森、死亡。
VZA@ツン:「……師匠と呼びたくなったぜ」
芝村:/*/
芝村:はい。それではお疲れ様でした。
高原@ツン:お疲れ様でした
VZA@ツン:お疲れ様でしたー
浅田@ツン:お疲れ様でした。
那限逢真@芥:お疲れ様でした
鐘音@忍者国:お疲れ様でしたー
双海環@芥:お疲れさまでしたー
りんく@忍者国:お、おつかれさまでした…orz
猫野@玄霧:お疲れ様でした
玄霧@参謀長:お疲れ様でした・・・ちょーたのしかったです。ラスト30分くらいが特に
浅田@ツン:どれだけのものを失ったんだろう……
高原@ツン:とりあえず蘇生判定をお願いします>名医の皆様
玄霧@参謀長:ラジャ
鐘音@忍者国:色々とw
玄霧@参謀長:大神殿建設中でよかった!(笑)
高原@ツン:男としてけじめ取らせないと行かんので
りんく@忍者国:最後の一分に……撃沈しました(笑)
玄霧@参謀長:其の前に私が警察に捕まらないことを祈っておいてください
高原@ツン:まあ嫌がるようなら熊本に連絡してクックック
芝村:ははは。
猫野@玄霧:結局月子と一言も話せなかったなあ・・・
りんく@忍者国:私はどうすればよかったのか……(笑)とっさに、桶投げるしか思いつかなかった;;
玄霧@参謀長:ニャンニャンニュースのトップに乗ってしまう!見出しは「新旧参謀長、女湯に乱入」で
那限逢真@芥:Qを助けられて良かったです(オーマ覚醒も惜しかったですが)
浅田@ツン:私のもらったもの、あけられますか?>芝村さん
高原@ツン:王道パターンとしては気絶してそのまま介抱されるとか>りんくさん
芝村:ええ>浅田さん
りんく@忍者国:(ああ、そうすればよかったww<気絶)
芝村:乙女のキッスだ。
高原@ツン:やはりか
浅田@ツン:わあああああああああい!
玄霧@参謀長:(それはそれできけん>気絶)
高原@ツン:おめでとー
VZA@ツン:おおおお
那限逢真@芥:チビと話せなかったのが惜しかった……次回の課題にしようって、おお<乙女のキス
玄霧@参謀長:パチモンじゃない・・・
りんく@忍者国:うわ~、よかったですねv>浅田さん
猫野@玄霧:は~・・・
双海環@芥:わー、よかったですね>乙女のキス
VZA@ツン:おめでとう!
猫野@玄霧:ちょっと本当に凹むわ・・・
浅田@ツン:つ、つかってもいいですか
猫野@玄霧:おめでとうございます・・・
玄霧@参謀長:ガンバレワサビ
那限逢真@芥:おめでとうございます
玄霧@参謀長:イイコと在るさ
玄霧@参謀長:いいことあるさ
芝村:いいよ>浅田さん
はる@ツン:さっそくw
浅田@ツン:以前に芝村さんとの質疑で同性でも連れて帰れるとの事でしたので
芝村:あ。俺も忘れてた。その質疑。
浅田@ツン:このまま一緒に遥ちゃんと帰ります
芝村:はい。
はる@ツン:お持ち帰りw
高原@ツン:この吉田はたけきのさんのヤガミみたく、別の派生をするんでしょうか?
玄霧@参謀長:おもちかえりで
猫野@玄霧:うらやましい。
りんく@忍者国:うわ~、いいなぁ(笑)>お持ち帰り
芝村:別の派生しそうだねえ。
浅田@ツン:えっと、この遥ちゃんは存在確率の概念が存在しますか?>芝村さん
那限逢真@芥:えっと、この場合、戦闘エントリーの際に確率存在になるのでしょうか?
那限逢真@芥:(被った
浅田@ツン:かぶったー
芝村:確率存在だよ。
浅田@ツン:あら。一人だけの、でも確立存在になるのですね
芝村:たけきのヤガミみたいに変わったやつなら別キャラで認められる。
高原@ツン:浅田遥にしちまえw
那限逢真@芥:出撃の際には気をつけます<確率存在
浅田@ツン:なるほど……
那限逢真@芥:プロモーションですか……
はる@ツン:このままイベント進めれば。個性ある遥にプロモーションするんじゃないかな
浅田@ツン:うーん、少し残念です。
高原@ツン:しかしこれ、秘宝館で起こすのたいへんそうだな…
芝村:最初に変な遥を選べばいいよ。
双海環@芥:Σ変
りんく@忍者国:Σ変!?
高原@ツン:普通と一本隔てた感じのやつですかねえ>変
玄霧@参謀長:少なくとも4・5人は必要か(笑)>秘宝館
那限逢真@芥:∑
芝村:明るい吉田とか、根暗で引きこもりとか。
芝村:指とれてるとか。頭が蛇とか。
浅田@ツン:えっと、前から一緒に居る遥ちゃんは
双海環@芥:ちょ>頭が蛇
高原@ツン:獣人ですね
はる@ツン:浅田が最初に選んだのは根暗遥です。
りんく@忍者国:(浅田さんにラブな遥ちゃんとか・・・?
浅田@ツン:根暗な遥ちゃんの、そのままではないのですか?
浅田@ツン:私はずっとあの遥ちゃんと一緒に居ると思ってました。
はる@ツン:いままで、それを引き継いでいるつもりなので、別キャラなのでしょうか。
玄霧@参謀長:獣人っていうかメドゥーサとかそういう系・・・
芝村:むむ。
はる@ツン:他ほか、ええと。秘宝館の発注数と、ログ精製の依頼をこの場にいるどなたかに。
芝村:まあいいか。では別キャラとして認めてあげよう。
高原@ツン:ありがとうございます
はる@ツン:訂正:秘宝館の発注数は芝村さんへの質問です。
那限逢真@芥:ありがとうございます
玄霧@参謀長:愛ですなぁ
りんく@忍者国:おお、よかったですねぇv
浅田@ツン:わーい!
はる@ツン:愛の粘り勝ちかな
VZA@ツン:おめでとうー
双海環@芥:おめでとうございますー
芝村:アシタがいじけそうだが。
はる@ツン:もういじけてます
芝村:ああ。
芝村:やっぱり。
那限逢真@芥:いじけてましたね……
VZA@ツン:いつもどおりです・・・
浅田@ツン:ごめんなさいアシタさん……
玄霧@参謀長:ギャンブルのあたりで
芝村:ついに浅田にすら裏切られた
りんく@忍者国:ごめんなさい…アシタさん;;
玄霧@参謀長:「因果地平の彼方で待つ!」とか言ってたなぁ
芝村:まあ。仕方なし。
玄霧@参謀長:仕方なし
芝村:さすがアシタ。
浅田@ツン:う、裏切り!?
玄霧@参謀長:アイドレス流行語大賞が狙えそうだ>仕方なし
那限逢真@芥:(涙
浅田@ツン:でもあの落ち込んでた遥ちゃんをはげませるのなら……でも今まで散々お世話になってるのに……う、うーーーー
猫野@玄霧:仕方なしかあ・・・
玄霧@参謀長:しかし
猫野@玄霧:芝村さん、質問があります。よろしいでしょうか
玄霧@参謀長:ネコリスぬいぐるみはリアルでほしい・・・
玄霧@参謀長:(どこか製品化してくれー(笑))
浅田@ツン:でももう一回小笠原に行かないと、励ませないだろうし……もうどうすればいいんでしょう
芝村:まあ、アシタにもいいことあるよ。うん。俺の勘だけど
VZA@ツン:いや、もう。願ってますよ>いつかアシタにいいこと
芝村:(あたったことないけど)
はる@ツン:かなり切実にそうあって欲しいですねw
玄霧@参謀長:アシタくんはこう、きっといいことがあります。俺の感はたまに当たります
りんく@忍者国:芝村さん、お聞きしてもよろしいですか?今回の感情値の変化って、どうなりますでしょうか?
はる@ツン:わすれてたーーー
玄霧@参謀長:ものすごい面倒っぽいなぁ、感情値
芝村:友情+1 ALl
那限逢真@芥:ああ。そうですね(汗<感情値の変化
猫野@玄霧:あの、芝村さん、質問よろしいでしょうか~
芝村:はい>猫野さん
那限逢真@芥:あの状況下では愛情は上がらないでしょうね……(汗
りんく@忍者国:友情ALL+1…まあ、そうだろうな……とは思ってましたが;ということは、スイトピーちゃんとは友情マックス…(笑)
浅田@ツン:愛情はみんな0ですか……
玄霧@参謀長:(桃園の誓い・・・)
高原@ツン:青森→りんくさんは上がってると思ったが外れたか…
はる@ツン:もうちょっと待とうw
猫野@玄霧:射的のぬいぐるみなのですが、あれはかわいいもの好きなACEの子に使用した場合、滞在していただけるとのことですが
双海環@芥:りんくさんと青森さんは上がってそうだったのにw>愛情値>お風呂でラブコメ
猫野@玄霧:確立存在になるのでしょうか?
玄霧@参謀長:既にどこかが取っているACEの場合、ですな
芝村:さあ>猫野さん
猫野@玄霧:さあって・・・
猫野@玄霧:了解しました。使ってみるまでわからない、ということですね。
芝村:状況次第だね。
芝村:全てのケースを列挙すると死ぬので、ぼかしています。
りんく@忍者国:(きっと最後で桶をなげなければ、愛情が上がってたかもしれません/笑)>高原さん・双海さん
猫野@玄霧:他の藩国さんに迷惑がかかるようなことはできないのでとても気がかりなんですが・・・そういうこともありそうですね
芝村:頭を使うことはやろうよ。最低でも(笑) ゲームやってんだから。
玄霧@参謀長:ケースバイケースなら
玄霧@参謀長:気力で解決可能。そういうことで>ワサビー
はる@ツン:愛情友情値の変化は以上でしょうか?
猫野@玄霧:了解。色々考えて見ます
芝村:はい>はる
はる@ツン:秘宝館への依頼はSS・イラスト何件ずつ行えますか?>芝村さん
芝村:3づつどうぞ。
はる@ツン:了解しました。
芝村:では解散しましょう。
玄霧@参謀長:はい、おつかれさまでしたー
双海環@芥:あ、すいません、芝村さん。そういえば、私のもらった地図はどんなものなのでしょう?>宝の地図
VZA@ツン:はい、お疲れ様でしたー
りんく@忍者国:はい、今日はありがとうございました。
芝村:おお。
はる@ツン:おつかれさまでおお
玄霧@参謀長:そういえば宝の地図
浅田@ツン:3つづつ……全員で3つかな?
りんく@忍者国:ああ、地図!
那限逢真@芥:あ。そういえば
浅田@ツン:あ、そういえば
芝村:1000億でゲートを開く必要がある。
VZA@ツン:あら。
那限逢真@芥:(というか、双海さんはアイテムゲッターだなぁ)
双海環@芥:うわぁ>1000億デゲート
りんく@忍者国:!!! なんと!?<1000億ゲート
はる@ツン:全員だとびっくりするから多分違うぞw>3つずつ 
芝村:次に冒険艦で移動しないといけない。
那限逢真@芥:……ラスボスへの道?
はる@ツン:パーフェクトワールドっぽいなあ
芝村:移動先はパーフェクトワールド。
那限逢真@芥:冒険艦の取得はどこがしてましたっけ(汗
高原@ツン:あ、済みません。あと自分の貰った指輪と那限さんの妖精はマジックアイテム名としてはどういう名称になりますでしょうか
高原@ツン:FVBさんが確か
浅田@ツン:おー
高原@ツン:蒼天号を
りんく@忍者国:うわー。うわー、なんかすごいですねぇ。
高原@ツン:もしくは避け藩国さんのダイバとか…
芝村:印のついたマークは小笠原を示している。
那限逢真@芥:やっぱり、パーフェクトワールドですか……
双海環@芥:確かに、私一人ではどうにもなりませんね。みんなで、宝を探しに行きましょう。
芝村:妖精の名前はピクシーQ
玄霧@参謀長:何が眠ってるんだろうか
芝村:指輪の名前は結婚指輪だ
浅田@ツン:たんぽぽ……?
高原@ツン:ありがとうございます
芝村:では解散しましょう。
那限逢真@芥:やっぱり、女性だったりするのでしょうかね……<Q
玄霧@参謀長:はーい
那限逢真@芥:はい
芝村:皆さんお疲れ様でした。
浅田@ツン:はい。お疲れ様でした、どうもありがとうございました。
高原@ツン:はい、ありがとうございました。
玄霧@参謀長:(メガテンのピクシーしかでねぇ>Q
りんく@忍者国:はい。本当にありがとうございました~
双海環@芥:はい、ありがとうございます。お疲れさまでしたー
芝村:妖精に性別あるんかいな。
那限逢真@芥:ありがとうございました