キノウツン藩国 @ ウィキ

健康診断とダイエット

最終更新:

member

- view
だれでも歓迎! 編集
船橋鷹大 :こんばんは。24時からの生活ゲームで参りました。

芝村 :記事どうぞ


船橋鷹大 :予定ではこうなってるわけですが

芝村 :イベントは?

船橋鷹大 :健康診断の予定だったんですが可能でしょうか?

船橋鷹大 :あとPLACE着て行きます

芝村 :OK

芝村 :2分まってね

船橋鷹大 :はい。よろしくお願いします

芝村 :/*/

サーラ:「こんにちはー」

芝村 :ここは、仮住まいだよ

船橋鷹大 :「こんにちは。今日はよろしくお願いします」

芝村 :サーラはにこにこしてる

船橋鷹大 :Q:空歌はどんな様子でしょうか?

芝村 :A:元気そうだね。

芝村 :にこにこしてる。

芝村 :だいぶやせてる

船橋鷹大 :Q:まだ食事抜いてますか?

芝村 :A:ええ

船橋鷹大 :orz

船橋鷹大 :「えーと。見てのとおり痩せすぎなんですが、ちょっと診ていただけませんか?」

サーラ:「はあい」

サーラ:「じゃ、たくしあげて?」

空歌:「え」

サーラ:「え?」

船橋鷹大 :「あ、俺後ろ向いてたほうが良いですね」

船橋鷹大 :少し下がって後ろ向きます

空歌:「う、うん・・・」

芝村 :空歌真っ赤

サーラ:「んー」

芝村 :/*/

芝村 :調べ終わったみたいだ

船橋鷹大 :「空歌、もう良いか?」

空歌:「う・・・うん。いいよ」

サーラ:「やせすぎー」

船橋鷹大 :「(振り返って)ですよねー」

船橋鷹大 :「空歌ー。俺の手紙は読んだ?」

空歌:「うん」

芝村 :下見ながらいった

船橋鷹大 :#なんだかなあ…

空歌:「でもね、かわいくなったよ!?」

船橋鷹大 :「ダイエット止めるようにいったのに何でまだ続けてるんだ?」

船橋鷹大 :「うーん。悪いけど、俺はそうは思わないなあ。病人みたいだぞ」

芝村 :空歌、がーん

空歌:「お、お化粧してるし・・・!」

船橋鷹大 :「手紙に書いたろ?やせすぎは逆効果だって」

船橋鷹大 :「先生。このままだとどうなります?」

サーラ:「そうねえ・・・・」

サーラ:「内臓疾患。チアノーゼ。ケトン体も+」

サーラ:「4週間で入院。大規模なリバウンド」

芝村 :あ。空歌倒れた

船橋鷹大 :空歌を起こします

船橋鷹大 :「おーい」

空歌:「やめます・・・」

船橋鷹大 :「うん、それが良い。」

船橋鷹大 :「せっかくだから先生にアドバイスしてもらったらどうだ?」

船橋鷹大 :「こう、美容と健康について」

サーラ:「うん。そうね。きれいにー。なれるわよー」

空歌:「ほんとうですか?」

サーラ:「うん」

船橋鷹大 :「まあ、俺らと違ってちゃんとした知識を持ってるし、頼りになると思うよ」

芝村 :#なんかうまくいきそうだ

船橋鷹大 :#いやあ。まだ油断は出来ませんw

サーラ:「とりあえず、好きな人が褒めるまでたべることー」

船橋鷹大 :「まずはちゃんと食べて体重戻さないとですね」

空歌:「でも・・・水着が・・・」

船橋鷹大 :「水着?よくわからんけど、あの桜色の水着着てた頃が一番良いんじゃないのかなあ」

空歌:「胸ないし・・・」

船橋鷹大 :「いや胸は別に関係ないような」

芝村 :空歌は恨めしい顔で貴方を見てる

船橋鷹大 :「ちなみに俺は小ぶりの胸の方が好きなんだが、だめなのか?」

船橋鷹大 :#なんだかよく分からない展開に

空歌:「うそ・・・」

船橋鷹大 :#なぜ食べる話から胸の話にw

サーラ:「お邪魔みたいね・・・」

サーラ:「ごゆっくりー」

芝村 :サーラは消えた

船橋鷹大 :「えー?」

船橋鷹大 :「何で嘘だと思うんだ?」

空歌:「・・・胸のおおきいひと、みてたから」

船橋鷹大 :「んー?高原のとこのアララのことか?別に好きで見てたわけじゃないぞ」

船橋鷹大 :「見せびらかす様にしてたから見えただけで」

芝村 :空歌はうらめしそう

船橋鷹大 :#よく覚えてるなー

芝村 :#女ですから

船橋鷹大 :「あのな。そもそも胸の大きさをいちいち気にするわけないだろ。」

空歌:「スタイルだよね」

船橋鷹大 :「それも違う。つーか俺が指輪渡したのは誰だ?」

芝村 :空歌は涙目で貴方を見てる

船橋鷹大 :そっと抱きしめます

芝村 :空歌はじっとしてるかとおもいきや、だきついた。しがみついてる。

空歌:「心狭いよね。私」

船橋鷹大 :「んー?色々あって不安になってるだけだろう。気にしなさんな」

空歌:「とおくにいっちゃやだ・・・」

芝村 :空歌しくしく泣いてる

船橋鷹大 :「行かないよ。大丈夫」

頭を撫でます

芝村 :空歌はぎゅーと抱きしめてる。

空歌:「泣かないときめてたのに・・・だめだなあ。だめだなあ・・・」

船橋鷹大 :「泣きたい時は泣けば良い。でも頑張って生きてりゃ笑える日も必ずある」

芝村 :空歌、落ち込み中

船橋鷹大 :「ま、なんだ。俺が好きなのは、俺の嫁になるのは空歌、君だけだ。だから」

船橋鷹大 :空歌の顎をあげてキスします

芝村 :空歌、目をつぶって受け入れた

芝村 :睫毛が揺れてる

船橋鷹大 :「一緒に生きていこう。これからもずっと」

空歌:「うん・・・」

船橋鷹大 :#なかなかセリフが出てこないorz

船橋鷹大 :#というかサーラさんごめん

空歌:「ウエディングドレス、きたい」

船橋鷹大 :「そうだな。そのためにはまず、ちゃんと食べないとな」

芝村 :空歌はエーという顔だ

芝村 :/*/

芝村 :お疲れ様でした

船橋鷹大 :お疲れ様でした

船橋鷹大 :核だ空爆だと言ってる横でダイエット…

芝村 :空歌にはでかすぎて無理だな

船橋鷹大 :まあそうですね。しかしダイエット問題でこれだけ苦労するとはw

芝村 :あははは

船橋鷹大 :あの時止めていればーとか言ってたんですが、止めていてもダイエットしてそうですね、この様子だと

芝村 :いや、やめるよ。

船橋鷹大 :そうですか?

芝村 :ええ。

芝村 :こわがりなので・・・

船橋鷹大 :ああ、あの時というのは先月のゲームの時のことなんですが

芝村 :ええ

船橋鷹大 :ということはあの時止めなかったせいで無駄に苦労したことにw

芝村 :そだね。ははは。

船橋鷹大 :まあ、とりあえず一息つけそうでよかったですw

芝村 :また女性ファンが増えるに違いない

芝村 :評価は+1+1でした

芝村 :秘宝館には1、1で依頼出来ます

船橋鷹大 :はい。ありがとうございます

船橋鷹大 :ああ、そういえばサーラさんの名前なのですが

芝村 :ええ。

芝村 :サーラ・サーシャ

船橋鷹大 :あれ。絢爛だとシェーシャになってましたが

芝村 :綴り読み方次第だね

船橋鷹大 :なるほど、そういうことでしたか

芝村 :ええ

芝村 :では解散しましょう。お疲れ様でしたー

船橋鷹大 :はい。お疲れ様でした