キノウツン藩国 @ ウィキ

管理のススメ~脅威!管理十二神将!~

最終更新:

member

- view
だれでも歓迎! 編集
小宇宙 の発言:
こんばんはー
芝村 の発言:
こんばんはー
小宇宙 の発言:
予約していました生活ゲームで参りました
芝村 の発言:
記事どうぞ
小宇宙 の発言:
【予約者の名前】23-00443-01:小宇宙:キノウツン藩国
【実施予定日時】09/02/06/2000~2100
【予約の有無】予約 有り
【召喚ACE】
 ・管理委員長なおみ:滞在:0
【参加プレイヤーの食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計33マイル
【参加者:負担するマイル】
 ・23-00443-01:小宇宙:-33:入学済
http://cwtg.jp/ogasawara/wforum.cgi?no=3698&reno=3542&oya=3542&mode=msgview
こちらになります
芝村 の発言:
イベントは?
小宇宙 の発言:
芝村さんのオススメとかでも大丈夫でしょうか?
芝村 の発言:
いいよ。二分待ってねー

/*/

ここはキノウツンだ。
ずいぶん人がすくない
小宇宙 の発言:
「静かだな……」
芝村 の発言:
なおみ:「人斬り多いから」
小宇宙 の発言:
「だなぁ……少しは減ったかと思ったが」
芝村 の発言:
なおみは、何気に自然に貴方の隣ではわいてる。
なおみ:「管理がたりてないのよ」
小宇宙 の発言:
「うちのトップは上手くやっていると思うぞ?」
「それに、何から何まで思い通りに行くとも限るまい」
芝村 の発言:
なおみ:「毎日人がたくさん死んでるのがうまくいってる?」
なおみは手をひらひらさせた。
なおみ:「甘い。甘いわ。これからの管理番長はそんなんじゃダメよ」
小宇宙 の発言:
「じゃあどうしろと?」
芝村 の発言:
なおみ:「店子にそういうのいたらびしぃーと」
小宇宙 の発言:
「なるほど」
芝村 の発言:
なおみ:「・・・・・・」
小宇宙 の発言:
「?」
芝村 の発言:
なおみ:「とはいえ。管理番長はわずか二名・・・だめか」
小宇宙 の発言:
「ほう……自分の他にもいたのか」
「寡聞にして知らなんだ」
芝村 の発言:
なおみは自分を指さしてる。
小宇宙 の発言:
「……ふむ」
「あんた、委員長じゃなかったのか?」
芝村 の発言:
なおみ:「細かいことを言ってると虎にかまれるわよ」
小宇宙 の発言:
「それは怖いな」
「ふうむ……あんたなら何から始める?」
芝村 の発言:
なおみ:「そりゃあ・・・・」
#高笑い
小宇宙 の発言:
ニヤリと笑いつつ
芝村 の発言:
見ればビルの上に12人の管理番長たちがいる。
小宇宙 の発言:
「……誰だ?」
芝村 の発言:
”我ら、管理をするものなり”
なおみ:「まさか・・・そんな」
小宇宙 の発言:
「知っているのか?」
芝村 の発言:
”我々は世界の全てを管理するために存在する”
なおみ:「世界管理機構・・・」
小宇宙 の発言:
「ほう、奴らが……」
芝村 の発言:
”管理! 管理! それこそが世界を完成させる!”
”この国には統一した管理が必要だ!”
周囲が物珍しそうに見てる
小宇宙 の発言:
「面白くなってきたな……!」
芝村 の発言:
通行人:「なんだありゃ。ぶった切ってやる!」
次の瞬間、通行人はぶっ倒れた。
見えなかった。
小宇宙 の発言:
「今のは……!?」
芝村 の発言:
管理番長:「笑止」
小宇宙 の発言:
「ふん……中々やるみたいだな」
芝村 の発言:
管理番長:「たかがイアイドごとき」
管理番長達は微笑んだ。
小宇宙 の発言:
Q:もう国民にイアイドが出現しているのですか?
芝村 の発言:
A:ええ
すでに日に10万人が殺されてる
小宇宙 の発言:
げぇっ
芝村 の発言:
管理番長:「小宇宙……」
小宇宙 の発言:
「毎度のことながら辛い国だな……」とか呟きつつ
「何だ」
芝村 の発言:
管理番長:「この国を我々が管理する」
小宇宙 の発言:
「ほう?」
「あんたらに出来るかな?」と笑いつつ
芝村 の発言:
管理番長は次々ジャンプしてくるイアイド達をばたばた倒した
小宇宙 の発言:
♯イアイド多っ
「手前ら!あれは俺の相手だ!手出しするなよ!」
と辺りの国民に
必要ならメンチ攻撃でビビらせておきますが
芝村 の発言:
数名がびびった。
管理番長達:「古い手をやる」
小宇宙 の発言:
「ふん。それしか知らないものでね」
芝村 の発言:
管理番長:「我々はここに完全なる管理社会を作る」
小宇宙 の発言:
「管理社会ねぇ……」
芝村 の発言:
なおみ:「箸の上げ下げにも許可がいる世界を・・・」
管理番長:「そう、我々があげさげを手伝う!」
小宇宙 の発言:
「幸福は義務です!ってか?つまんねえ社会だなぁ」
「管理人が支配してどうするんだ」
芝村 の発言:
管理番長:「支配をするのではない。管理をするのだ」
イアイドは自由にのびのびとそうだそうだと小宇宙を応援した後、殺害を開始した。
辻斬りしてる。
小宇宙 の発言:
「管理すれど統治せず……俺の管理哲学だが」
「そんなこと言ってる暇もなさそうだな……」
Q:イアイドを止めることはできますか?
芝村 の発言:
管理番長はイアイド達を力で押さえつけた。
A:ええ
同時に押さえつけた。
管理番長:「この国は管理を必要としているのだ」
小宇宙 の発言:
「チッ……」
「なおみ……こいつらは何者だ?」
芝村 の発言:
管理番長が手をあげると、いろんな人がウラーバンチョーと言っている。
なおみ:「管理一二神将の一人、迅雷の力石・・・」
小宇宙 の発言:
「迅雷……なるほどね」
ウラーとか言ってる人たちは何か術でもかけられたんでしょうか
芝村 の発言:
いや。イアイドが歩き回って殺し回るよりはいいと思ってるひとたちらしい。
小宇宙 の発言:
なるほど。それは道理
芝村 の発言:
なおみ:「なっとくするなー!」
なおみ:「お話進まないでしょ!?」
#おぃ
小宇宙 の発言:
「む……すまん」
芝村 の発言:
なおみはずこーとなった
なおみ:「素直にあやまるなー!」
小宇宙 の発言:
「どうしろって言うんだ」苦笑しつつ
芝村 の発言:
管理番長:「そろそろいいかな!」
小宇宙 の発言:
「……ああ」
芝村 の発言:
なおみ:「はっ」(上を見る)
管理番長はマントを翻した。
いつの間にか手の中に包みがある
小宇宙 の発言:
「……何だ?それは」
芝村 の発言:
管理番長:「引っ越しの挨拶だ」
小宇宙 の発言:
「……」
芝村 の発言:
#かしわもちだ
小宇宙 の発言:
「こりゃ一本取られたな!」と笑い
芝村 の発言:
管理番長は少し笑うと、姿を消した。
残りの11人も次々姿を消した。
各地に散っていった。
小宇宙 の発言:
「丁寧なヤツらだ……」
芝村 の発言:
なおみ:「なんておそろしいやつらなの・・・」
小宇宙 の発言:
「ああ……」
「……食うか?」となおみにかしわもちを差し出しつつ
芝村 の発言:
なおみ:「お茶入れる?」
小宇宙 の発言:
「そうだな」
「じゃあ……めぞんにでも行くか」
「あそこならお茶位出せるぞ」
芝村 の発言:
なおみ:「よし。サッシが汚れているかチェックする」
小宇宙 の発言:
「ふん、見落していると思うか?」
芝村 の発言:
なおみ:「勝負は最後まで分からない」
小宇宙 の発言:
「それもそうだ」
芝村 の発言:
なおみはにこっと笑った。
なおみ:「高い柏餅だね」
小宇宙 の発言:
「美味そうだな……いいお茶を淹れねば」
ふっ、と笑いつつ
芝村 の発言:
なおみは歩きながら:「私もアパートやろうかな」
小宇宙 の発言:
「確かにアパートはいい」
芝村 の発言:
なおみは笑ってる
小宇宙 の発言:
こっちも笑いながら
芝村 の発言:
なおみは急に怒り出した。貴方には意味が、分からなかった。

/*/

はい。お疲れ様でした。
小宇宙 の発言:
お疲れさまでしたー!
ふぅ……
芝村 の発言:
戦って勝たなくてよかったな。
イアイドの被害が急に減り始めたぞ
小宇宙 の発言:
管理番長っ!
……いえ、いつかは雌雄を決しなければいけない予感もしますが
芝村 の発言:
そうねえ
小宇宙 の発言:
というか戦っても勝てる気がしませんが!
芝村 の発言:
まあ、そこを勝てば新しい特別アイドレスが
#あるいはプロモで強くなる
小宇宙 の発言:
……頑張りますw
芝村 の発言:
はい。なおみからは+1+1でした。
秘宝館からは1,1で依頼できます
小宇宙 の発言:
ありがとうございます
ちなみにこれ、「大番長学園都市要塞(イベント)」とは何か関係があったりしますか?
芝村 の発言:
ない。それとると、ムラマサとかのもんだいはなくなるねえ
小宇宙 の発言:
おお
何かまた別のものが出てきそうな気もしますがw
芝村 の発言:
でるなー。 では解散しましょう。おつかれさまでした。
小宇宙 の発言:
ありがとうございました!おつかれさまでしたー