キノウツン藩国 @ ウィキ

郊外ファームタイプの遊園地

最終更新:

member

- view
だれでも歓迎! 編集
L:郊外ファームタイプの遊園地 = {
 t:名称 = 郊外ファームタイプの遊園地(施設)
 t:要点 = 家族連れ,遊具
 t:周辺環境 = 売店,モノレール
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *郊外ファームタイプの遊園地の施設カテゴリ = ,,,国家施設。
  *郊外ファームタイプの遊園地の位置づけ = ,,,生産施設。
  *郊外ファームタイプの遊園地の面積 = ,,,5000m2。
  *郊外ファームタイプの遊園地の生物資源生産 = ,,条件発動,(生産フェイズごとに)生物資源+15万t。
  *郊外ファームタイプの遊園地の資金収入 = ,,条件発動,(生産フェイズごとに)資金+5億。
 }
 t:→次のアイドレス = 変身ヒーロー(職業4),ドキドキデート(イベント),地下秘密基地(施設),ジェットコースター(施設)

設定文

キノウツンの新しい観光スポットとして建設されたファーム型遊園地、北方月兎園。
そういえば娯楽施設ってなかったね、という話題から建設されたキノウツン最新の娯楽施設でもある。
同じ階層に設置されているリゾートホテルとは経営提携を結んでおり、キノウツン駅→ホテル→デレ マスト シティの巡回路線が新たに増えました。
これによってチェックアウト後遊園地で遊んでから帰宅するコースも取れるわけです。

園内の名物アトラクションは、土いじりの楽しさを知ってもらおうとビル一つを丸々使って食物連鎖を体験できる農業体験ビル。
1Fの種蒔きからスタートして2Fでは生えて来た牧草の剪定。
屋上では牧草の刈り取りを行い、そのまま牛のところまで干し草ロールを持っていけるか競うレース。
また、同フロアで行われている乳搾り体験会では、絞ったミルクを使って新鮮なソフトクリームがいただけます。
砂漠の日差しは御心配無用。強い日光を和らげ、熱と砂を防ぐ特殊素材で覆われているのでお子様でも安心して過ごせます。

身体を動かしたい方には18歳未満お断りのツイスター観覧車。
ベテランパイロット特訓用の耐G訓練システムを流用することで、上下左右720度高速回転を悠々45分間味わい続けるというスリリングなアトラクションです。

内部軽食堂で使用される食材は摂政浅田氏が進めていた水耕ビルで作り出された無菌栽培作物。
それをふんだんに使ったベジタブルフルコースや野菜ゼリー、野菜ジュース、野菜ケーキと野菜尽くしの店です。
売店では管理番長小宇宙モデルのミニミニ計算尺に、虎と戯れるなおみブロマイド。
お勧めは番長ファイトで登場した全番長ブロマイド。コンプリートすれば番長ファイトの全てが貴方のお手元に届くでしょう。
その他、西国土壌での果実栽培の実験を行っているフルーツビルでの新鮮なフルーツジュースバーやラクダでのロデオ大会。
キノウツン国内温泉フリーパスなどが当る福引施設などもあります。

休日にはメインステージにて超辛戦士バンバンジーショーも1日4回開催。
キノウツンでバン戦士達と握手!

園内の移動には敷設されている移動用モノレール「ツンデレール」がお勧めです。
流麗に書き込まれた美少女イラストは新進気鋭の技族、VZ・LO=A氏の作で一台一台別の美少女が描かれており、全車両のイラストをぜひ確認してみてください。

料金は入場料含め、フリーパスが大人40にゃんにゃん、子供20にゃんにゃん
ご家族連れの際はそれぞれ30%割引と大変お得になっております。

「ていうかさ」
「なーにー?」
「ここってメインターゲットどこに置いてるんだろ?」
「わかんなーい」
「本当、統一感がないというか。ひょっとしてそれが売り?この遊園地って」
「いつもの事じゃない」
「ですよねー、あー太陽がまぶしい…」


マスコット設定



名前:北兎うささん
年齢:14歳

真ツンデレ中央教育大学付属中に通う女の子。
明るいクリーム色をした長い髪が自慢で、毎日手入れに3時間かかっています。
性格は周りから言わせると頑張りやのどじっ娘で家族想いの優しい娘・
何もないところでもよくこけるという特技(?)の持ち主。

得意教科は家庭科。苦手な強化は体育と外国語と数学。
好きな食べ物はにんじんのグラッセ。苦手な食べ物は魚料理。

家族はお母さんと妹二人。小さな家に住んでいます。

お母さんのウェディングさんは元メイドさんです。
結婚を機にメイドを退職して、今は娘たちを見守りながら家を守る強いお母さんです。
次女のはいうささんは三つ編みをした12歳。小学校では航空部に所属。
クールで突っ込み役ですが、寝るときに愛用の抱き枕が離せないのが玉に瑕。
三女のひんにゅーうささん、通称ひささんは10歳。
自転車に乗れないのと姉二人とのおっぱい格差が気になるお年頃。

お父さんはパイロットをしていたそうですが、大分前に飛行機に乗ったまま行方不明になってしまいました。
今でも帰ってくると信じて、食事は5人分用意されているそうです。

(文章:高原鋼一郎 イラスト:VZA)
添付ファイル