まがついざなぎ

公式

テレビの世界に追い込まれた足立透が、自称特別捜査隊と相対した時に発現したペルソナ。

外見は赤黒く禍々しい色を発し、毛細血管のごとき紋様が全身を巡っている。
手にした刃物を逆手に持ち替えているという点と上記の色合いを除けば、姿見は主人公の初期ペルソナ・イザナギとそっくり。
イメージとしては、ペルソナ2罪・罰で主人公達と敵対する立場にある人物らが所持していた「リバースペルソナ」に当たる。
ヒートライザにマハジオダイン、空間殺法と、攻防一通りバランス良くスキルを揃えてはいる。

P4が登場した当初は呼称が定まっていなかったため、本項においても初期には「イザナギ(足立VER)」の仮称が与えられていた。

その後、「公式設定画集」の166頁で「マガツイザナギ」であることが正式に発表され、更に時期を経て発表された本作のアニメーション作品「Persona4 the ANIMATION」においても、テレビの世界に形作られた禍津稲羽市の奥部で主人公と相対した足立透が「マガツイザナギ!」の呼応を以ってペルソナを召喚するなど、様々な場を通じてマガツイザナギの存在は浸透し、今日に至る。

更に、アッパーバージョン「ペルソナ4 ザ・ゴールデン(P4G)」においては、プレイヤーの使用可能ペルソナとして登場する。
アルカナは、新たに追加された「道化師」(欲望)。
ステータス画面のイラストもPS2版から手が加えられ、全身の赤黒い色が更に強調された。

神話

イザナギを参照のこと。
マガツは「禍津」と書き、これで「災厄の」という意味を持つ。

言うなれば「イザナギの負の側面を体現したもの」であり、生み出した万物を再び混沌に帰さんとする存在。
イザナミの死すら含めて、そこに至るまでの努力を全て無にする所業は、正しく召喚者の足立にふさわしいと言える。

性能(主人公使用時)

「道化師(欲望)」コミュがMAXに到達することで合体可能となる。
虚無へと誘う者。

初期LV:77

木っ端微塵斬り(初期) マハジオダイン(初期) 亡者の嘆き(初期)
マハガルダイン(78) メギドラオン(80) チャージ(82) ヒートライザ(84) 空間殺法(86)

光無効、闇無効

非公式

  • ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
2014年6月18日に追加コンテンツとして、サブペルソナとして召喚可能になった。
アルカナは「道化師」(欲望)ではなく「」。
LV92という事から、最終盤での起用を前提としたペルソナと言える。
レベルを上げれば光、闇の両方に耐性が、火炎、氷結、電撃、疾風に吸収が付く
最終更新:2015年03月27日 19:47