新生人工言語論

演出型のこれから

最終更新:

lideldmiir

- view
管理者のみ編集可

演出型のこれから


演出型は物語の架空言語として登場し、物語に不思議さやリアリティを添えます。
異世界人が独自の言語で話していたほうが異世界っぽいですし、リアリティを感じます。異世界なのに英語が通じるのはおかしいわけです。
アリスのような児童文学ではご都合主義でもいいわけですが、リアルなファンタジーを考えていくと、どうしてもそこに住む人々の文化や言語が必要になってきます。

とはいえ、ほとんどの読者は細かい設定を気にしません。物語の根幹はストーリーにあるので、話が面白いほうが大事です。
それゆえ21世紀になった今でも、演出型人工言語のほとんどは手軽に作れるアポステリオリ言語です。

一方、お話よりも異世界そのものに興味があるという人もいます。
その人たちにとってはエルフ語が古ケルト語から作られているのがとても気になります。異世界にケルト人がいるはずがないと考えるからです。
それを突き詰めていくと言語も文化も風土もすべてゼロから作ることになります。

この発想自体は難しいものではないので前世紀にもあったと思いますが、なにぶん労力がかかるため、21世紀になってようやく作られました。
21世紀になってパソコンとインターネットのブロードバンドが普及したおかげで、個人レベルで世界を作ることができるようになりました。

演出型は21世紀になってパターンが増えたわけです。ですので、今後はこのタイプの言語が微増するでしょう。
微増と述べたのは、労力のわりに需要が少ないためです。ほとんどの読者はそこまでこだわらないので、需要がないのです。
記事メニュー
目安箱バナー