鍵山雛

「ここで会ったのも神のお導き。貴女のために祈りましょう…Amen」
「おうカミサマよう、あんたは残酷だぞコノヤロウ!!」『誰か氷水もってきて!バケツで!!』

風神区郊外の古びた教会に住んでいるシスター。20歳。
現在学校には通っておらず教会のお勤めに専念している(最終学歴は妖山学園高等部卒)。
世のため人のため尽くす善人だが、そのために現在の世界の不平等に悩んでいる。
地霊区のイラン人女性パルスィとは友人。向こうは善人過ぎる雛を心配しているようだが…
無理をため込んでしまう性格のせいか、泥酔すると困った人になる。
そのため飲ませた本人であるパルスィからは「あんたは酒飲んじゃダメ」といわれているが、
彼女のところに遊びに行くたびに勇儀その他が酒を勧めてしまい…

実はその正体は…

「厄災舞わす黄金回転!シスター・エンガチョ!」
〇シスター・エンガチョ=鍵山雛
ミラクルアイのくるくる担当。イメージカラーは金色。
正体は世界を憂う教会のシスター、鍵山雛。
衣装は頭と腕の赤いリボン・深緑色と金色のゴスロリ衣装・緑色のゴム手袋・金色の狐を模した仮面。
両腕のリボンで厄を送り込んだり、手袋を脱いで触れる事で呪いを自分に溜め込む事が出来る。

(二年後編にて)
前作ラストのあと、平和が訪れたため、ミラクルマスクを返却してミラクルアイを引退
鍵山教会で世のため人のため布教活動に勤しんでいたが
ある日、街で暴れる奇妙な獣と、その傍に立つかつて炊き出しを貰いに来た少女の姿を目にする。
彼女が纏うオーラに不吉なものを感じ、救おうと試みる雛だったが…