寄石獣

二年前から、突如幻想町とその周辺、およびミラクルアース側のムゲンシティに出現するようになった"歪み"の結晶である
ジグゾーパズル状の空間に開いた穴【リヴァラック】
そして、それと平行して出現した謎のパズルピース状の石版【リヴァピース】

それらがさまざまな物体に影響を及ぼし、変異させた結果生まれた、高校生編の新たな敵が【奇石獣】である。
(名称は「ジャム×××」。その他の命名規則は奇跡獣と同じ)

物語後半では、対応していないピースとラックを無理やりはめ込むことで生まれる
世界の歪みの結晶体【ディストーン】により生み出される

【綺石獣】と呼ばれる別の敵が登場する。


【寄石獣】(プラス【綺石獣】)は、その性質により次のように分類される。


【寄石獣】のタイプ別分類

(『』内はヴィリームたち奇跡の戦士側での呼称。〔〕内は敵の黒幕側からの呼称)

『フツタチ』〔タイプ:レッド〕
生物融合型。
リヴァピース(orディストーン)が動植物と融合を果たした場合に誕生する。
もとになった動植物の持つ能力に加え、それを増強、発展させた能力を使いこなす
由来は妖怪化した動物を表す古語"経立"から。

『グスク』〔タイプ:グリーン〕
空間変異型。
リヴァラック(orディストーン)が開いた場所にあった建造物、あるいはその場所そのものとの融合。
その場所とその周辺部を迷宮化させ、内部に立ち入った者に歪みのエネルギーを撒いて操る。
また、その内部にいる場合に限り、分身を一体生み出して直接戦闘も可能。
由来は沖縄方言で城を表す"ぐすく"から。

『ツクモ』〔タイプ:ホワイト〕
無生物融合型。
リヴァピース(orディストーン)が器物と融合した場合に誕生する。
(自動車など例外を除き)自力で移動することが不可能、
というハンデを負っている
(自らを手にした相手を操るか、巧みに騙して持ち運ばせる)
その分一点特化の強力な能力を持つ場合がほとんど。
由来は妖怪化した器物を指す『九十九神』から。


【綺石獣】のタイプ別分類

※この2タイプに加えて、上記の3タイプの【綺石獣】が存在

『カムナギ』〔タイプ:グレー〕
人妖合一型。
リヴァラックが開いた場所が人間の体で、そこに対応しないリヴァピースを嵌め込まれてディストーンとなった場合。
この場合、"歪み"の力を使いこなす半人間・半奇石獣となる。
普段の姿は普通の人間となんら変わりないが、背中の何処かに小さくジグソーパズル状の穴が開いている。
全力で"歪み"の力を振るうときは奇石獣としての姿を顕す。
由来は神の依代となる人間『巫』『神凪』から。

『ヌバタマ』〔タイプ:ブラック〕
輝石昇華型。
まれに誕生する"歪み"の結晶であるディストーンそのものが意思を持った場合の分類タイプ。
形状はさまざまな色の宝石だが、意思を持ち、接触した相手から自らの色と同じ色を吸収しパワーを増す。
色を吸い取られた相手は代わりに"歪み"を注入され、ひどく衰弱したり擬似的な奇石獣と化したり、明度彩度を失い影法師になってしまったりする。
一定量以上の色を吸収したヌバタマはそれを自らのコピーである偽ディストーンとして放出する。
ヌバタマが破壊されると性質が反転し、それまで呑み込んだ色の力で願いを叶える宝石、ウィストーンと化します。
この性質のため、『ミッドヴィリームHigh!!』の黒幕はせっせとリヴァラックにリヴァピースをはめ込んで
ディストーンを生み出している…という噂が
呑み込んだ色の力で人間型の分身を生み出し、自らを持ち歩かせることが可能。
分身の外見は人間そっくりだが、必ず瞳の色は本体の宝石と同じ色になる。
由来は古語で"黒"にかかる枕詞にしてヒオウギの真っ黒な実『射干玉』『烏珠』から。




奇石獣/綺石獣の一覧

※☆…綺石獣

ジャムスタリオースト
ジャムスターギャレコン
ジャムサンドロッサム
ジャムハイオーク
ジャムライタンスロープ
ジャムダンマクローン
ジャムクロコシャーク
ジャムルービー
ジャムヴァーネッツ
ジャムスモーキングオーツ
ジャムサンドバク
ジャムアンバージャック
ジャムティンダイフ
ジャムジャックオランダム
ジャムキャンディアリー
ジャムマンジュアリー
ジャムリリアリー
ジャムナルシッサリー
ジャムシャクナリー
ジャムマンドラリー
ジャムべインベアリー
ジャムアオイアリー
ジャムスカラサイト
ジャムハバキアリード
ジャムアースロイール
ジャムクロウホーガン
ジャムオルゴボイジョーズ
ジャムショージメアリクイ
ジャムトルネーダツ
ジャムビィメンジョウ
ジャムクリオリオン
ジャムステゴロザウルス
ジャムディシャスト
ジャムスシエール
ジャムキハダマグナム&メバチマグナム
ジャムウォスシップ

+幻想奇跡隊ミッドヴィリームFrontier!に登場する綺石獣