星熊勇儀

「奇跡団だか何だか知らないが、私のシマで勝手はさせないよ」
「まだやるかい」「まだやるかい」「ま だ や る か い」
旧都地獄通りに事務所を構える任侠集団『大江組』組長代理。23歳。
長い金髪の長身で大柄な女性で、年齢に似合わぬ貫禄の持ち主。額に弾痕のような丸い傷跡がある。
数年前に行方不明になった組長に代わり大江組と旧都地獄通りの平和を守っている
嘘と曲がったことが大嫌い。好きなものは酒と喧嘩


実はその正体は…

「天に輝く大熊の星!オーガ・グリズリー!」
〇オーガ・グリズリー=星熊勇儀
ミラクルアイの怪力担当。イメージカラーは橙色。
正体は大江組の組長代理・星熊勇儀。仮面を被ると赤い一本角が生える。
衣装は赤い体操服・青い和服・黒い下駄・白い手袋・橙色の鬼を模した仮面。
剛力と己の肉体のみで戦う武闘派で、敵とは真正面から正々堂々と戦うストロングスタイル。
怪力乱心を操り、純粋な腕力"のみ"を以てして物理的に不可能な現象を引き起こすことができる。ただし全力を出せる状況下であること、それが『できる』と絶対の自信があること(あくまで必要なのは"全体に出来る"という自信であり根拠はなくてもいい)が前提条件。
(自分自身の襟首を掴んで持ち上げる、落ちる前に二歩目を踏み出すことで空中を歩く、実体の無い幽霊の類をぶん殴ってダメージを与える、地面へのパンチ一発で地震を止める、など…)

「…組の皆には内緒だよ?」




+実は勇儀は…
”星熊童子”の伝承を核にして生まれたオトギ種の奇跡獣士で、本当の名前はホシグマ・ドゥジー。
現在の勇儀は額に傷跡があるが、元々は立派な赤い角があった。
ケイオニアに寝返ったレオーガ・ナックル(旧名:シュテン・ドゥジー)を説得すべく単身ケイオスに挑んだ。
…がなにものかの不意打ちを喰らい角を根こそぎ奪われミラクルアースの頃の記憶を失いガイアアース(地球)へ。
そして大江組に助けられて恩返しをすべく居着く事にした。
なお記憶はオーガ・グリズリーになって少し蘇った模様だが…。
+なお二年後…
なお、折られた角は奇妙な縁でコンガラの手に渡り
へし折られた鬼針剣の打ち直しの材料として使われることとなる。
最終更新:2021年07月28日 20:41