MMDのマニュアルを作ろう@wiki

モデルを眺めてみよう

最終更新:

mak3

- view
だれでも歓迎! 編集

モデルを眺めてみよう


MikuMikuDance(以後MMDと略します)ではメイン画面内に読み出したモデルを様々な角度から見てポーズを付けることとなります。


視点の大まかな移動

まずは前後左右に大きく視点を移動させてみましょう。それには視点移動パネルを利用すると便利です。また、基本的な視点位置に戻すのにも使用します。



視点移動パネルには6つのボタンがあります。このボタンを押すことによりそれぞれの視点となります。
この中でカメラボタンだけは特殊でカメラの視点が設定されていればカメラ視点になります。


操作モデル中心

先ほどからのパネルの画像で気になる操作モデル中心ですが、このチェックボックスにチェックを入れると選択しているモデルを中心に視点移動が出来るようになります。複数のモデルを使用するシーンでは便利です。

図の左側はミクさんが操作モデルになっています。
①操作モデルを切り替えて
②操作モデル中心のチェックボックスにチェックを入れる
③視点移動パネルの「正面」ボタンを押すとリンさんが中心に画面が移動します。



マウス等による視点移動

上記の方法は視点移動の基準として考えた方が良いでしょう。実際にはマウス等で視点移動の操作のほとんどを行います。

使用するボタン  動作        視点の移動
マウス右ボタン  ドラッグして移動  画面の中心に対してマウス等を動かした方に円周方向に移動
マウス中ボタン  ドラッグして移動  画面に対してマウス等を動かした方に平行移動
ホイールボタン  奥に回転      ズームイン(画面の奥に移動)
ホイールボタン  手前に回転     ズームアウト(画面の手前に移動)

アイコンによる視点移動

メイン画面の右上にアイコンがあります。このアイコンを利用しても視点移動が出来ます。



使用するアイコン 動作         視点の移動
ズームアイコン  ドラッグして上移動  ズームイン(画面の奥に移動)
ズームアイコン  ドラッグして下移動  ズームアウト(画面の手前に移動)
移動アイコン   ドラッグして移動   画面に対してマウス等を動かした方に平行移動