登場人物

このゲームに登場するキャラクターの紹介です。
※一部ネタバレを含みます


メインキャラクター

主人公

探偵業を営む男。影の街に飲み込まれた友人のジェイコブを追って自ら影の街に足を踏み入れた。
そして影の街で「物を探す能力」に目覚める。正義感が強く、街の住人からの信頼も厚い。誰の頼みも断らないナイスガイ。住人の頼まれごとに引きずられて、ジェイコブ探しが滞っている。
プレイヤー、つまりあなたのことである。

ジュリエット

女主人の召使い。美人だが臆病でドジっ娘。特技は裁縫。
マーサの予言により刑事とラブラブに。
主人公を「モナミ」「親愛なるお友達」と呼ぶ。
「モナミ」と呼ぶことからフランス人の可能性が高いが、ヨーロッパの上流階級が全員フランス語を話していた時代もあるから違うかもしれない。

刑事

名前はサム。「謎の記号」を追って1960年代のニューヨークから影の街に迷い込む。ジュリエットにぞっこん。
正義感が強いせいで色々と酷い目に遭うこと多し。
タバコは一日一本。昔は煙突のように吸っていた。主人公の捜索能力に一目置き、「相棒」と呼ぶ。

マーサ


街の住民ほぼ全員が頼りにしている善の魔女。

本名マーサ・スミス。連れているヘビの名前はウロボロス。
御年350歳、霊能師、占い師、そして「若き魔女学校」の主席卒業生であり、魔術にも精通している。
物言いがキツく、時には霊とすら喧嘩になることも。
基本的に争い事や面倒事は嫌いだが、なんだかんだで最後は助けてくれる面倒見のいい人。
何故か超常現象に懐疑的な態度を取り、超常現象が専門分野のイザベルとはあまり合わない。
アメリカのなかでも、かつてフランス領であり、ブードゥー教やクレオール文化が盛んな特異な歴史を持つニューオーリンズの出身である。
強力な魔力を持つエリンという姉がいたが…

案内人(Conductor)

酒と孤独をこよなく愛する男。現実世界では妻と3人の子供がいた。鉄道駅の監視員をしていたが、黒い霧に呼び寄せられ影の街へと引き込まれた。
影の街では一見ただの酔っ払いだが、影の街の新参者がどこに行くべきかが分かるという能力を持つ。
忘れられた夢の駅に住んでいて、新しく来た人を出迎える仕事をしている。
バレリーの事がお気に入り。
実はカード詐欺師ですら勝てないゲームの腕の持ち主らしい。
先祖にはスコットランド系の血も入っており、ウィスキー好きはそのためという説もある。

イザベル

開業魔術師。あまり感情の起伏がない。なぜか彼女の周りでは超常現象がよく起こるため、超常現象にとても詳しい。
幼い頃「毎日違う景色が見える部屋」に閉じこめられていたという。
同じ魔術師でもあるマーサとはあまり合わない様子。

カード詐欺師(Card Sharp)

欲望の赴くままに生きるお調子者。美しきマダムと儲け話が大好物。そのせいで様々なトラブルを引き起こす名人。
しかしたまに情にアツい一面を見せることも。
レッドローズカフェを拠点に活動しているが、カフェとは過去に因縁がある様子。
主人公のことを「相棒」と呼び、儲け話に引き入れることも。主人公もまんざらではないようす。

女狩人(Huntress)

街のモンスターの事なら彼女にお任せ。ありとあらゆる武器を使いこなすことができる。
儲け話は嫌いではないらしく、カード詐欺師とは馬が合うようだ。
ある事件がきっかけで「ルディ」という狼男の子を飼っている。普段は冷静だがルディの事となると取り乱す一面も。
主人公を「友よ」と呼ぶ。言葉の端々から、どうやらドイツ人らしいことがわかる。

バレリー

好奇心旺盛で何にでも首を突っ込む若く楽天的な女性。廃墟を探検中に影の街に迷い込む。怖い物知らずでトラブルを起こし、主人公に怒られることも。刑事からは「ミス・ポジティブ」と呼ばれる。
魔女や異能力者や幽霊だらけの「影の街」にあって、現代人のプレイヤーが感情移入しやすい貴重な存在。
アレックスと仲良し。
肩に乗せているのはフェレットのエドワード、通称エディ。ベジタリアンらしく果物が大好物。

アレックス

過去の記憶がない青年。
ある理由でバレリー以外の住人にあまり絡んでもらえない。
音楽好きで、楽器のうんちくを語ることがある。
たまにアレックスも主人公にもの探しを依頼するが、報酬は他の登場人物よりチープなことが多い。

市長(Mayor)


やたら存在感のある幽霊市長。かなり昔に亡くなっている様子。
普段は霊界の市役所で過ごしている。市長の持ち物があれば霊界から召還することができる。
家族愛に満ち溢れた人物で、特に娘には溺愛と呼べるほどの愛情を注いでいたが…

女主人(Mistress)


影の街の領主であり影の街最強の黒魔術師と謳われる女性。
彼女の祖母エベッタ・ポン・リンデルもまた強力な黒魔術師だった。
ある理由により彼女の恋が実る事は絶対になく、世の男みんなに崇拝される代わりに人を愛する心を失ってしまった。
人の恋路を邪魔したり、召使いであるジュリエットをこき使う容赦のない悪の魔女ではあるが、おろかな魔法を使った報いを受けている面もあるといえよう。
時折、善の面を出してその魔力と威厳で場をさらうこともある。

ジェイコブ

主人公の友人。現実世界から主人公と共に影の街に引きずり込まれる。
なぜか影の街の「ガーゴイルの牙」のネックレスを身に着けていたり、100年前の写真に写ったレオナルドという人物と瓜二つだったりと謎が多い。
「街の中心の赤い窓の建物にいる」「別の時間軸か異次元にいる」という話だが…

収集家


街で一番有名かつ謎多き人物。裕福で奇人、探検家にして街の秘密の熱心な収集家と称されるが、ある日突然姿を消す。
数十もの機械を発明した優秀な発明家でもあり、レオナルドの手紙を隠していた「機械人間」もそのひとつ。
秘密結社「知識の守護者」のメンバーであり、「願望充足機」の秘密を知る一人でもある。
マスターの時の研究についても、裏で調べまわっていたようだ。



サブキャラクター

レオナルド

夢を現実にする装置「願望充足機」を作り「影の街」を生み出した張本人。なぜかジェイコブと瓜二つ。
幻のように現れては消えるという「赤い窓の建物」に住んでおり、そこで様々な発明や実験をしていたようだ。
100年前に「天使」と恋に落ちるが、同時に女主人に惚れこまれた結果悲劇的な運命を辿ることに。


ドレイク船長

海賊船「さまよえるオランダ人号」の船長。ニンフの女王アンフィラと恋に落ちる。
アンフィラのために無敵の存在になるべく自分の心臓を引きちぎるが、同時に人間としての感情を失ってしまう。

アンフィラ

海の王の娘でありニンフの女王。愛を失ってしまったドレイク船長を待ち続けている。

ジャック

元々は人間であるが、悪魔を2度騙した報復で、死後天国にも地獄にも行けずに霊として地上をさまようことになる。
そして霊たちに生者と死者の境界の番人という仕事を与えられ、ハロウィンの守護者となった。
以後数百年の間、影の街を悪霊から守り続けてきたが…

ドラキュラ

刑事の身体を乗っ取りハロウィーンを支配しようと企む吸血鬼。

サンタクロース

ご存知世界中に愛と夢と希望を振りまくおじいさん。広い心と強大な魔力の持ち主。
その心の広さは、自分の命を狙う雪の女王の頼み事すら快く聞いてしまうほどである。

雪の女王

その名に違わぬ冷徹な魔女。
自らの脅威となる存在はあらゆる手段を用いて容赦なく排除する。
毎年クリスマスになると温かい心の力で氷の王国が溶けてしまうため、サンタクロースを亡き者にしようと企むが…

アイシー

クリスマス関係者

春の精霊

春を司る精霊。自然に力を与え、世界のすみずみまで春を広めている。

孔雀嬢(Lady Peacock)

インドの国王の娘。英国のギャラハード大佐と恋に落ちるも女主人に目を付けられ…

マスター

時の秘密を研究していた男。ある恐ろしい実験を行っていた。
オルガン室の時間を歪めるオルガンも彼の発明品である。

捜査官


教授


メイ

中国架空王朝の姫。

ユイ

中国架空王朝の姫。

中国の僧



占い師

ほぼ365日24時間、雪の中でもアセンブラーを売っている。大変そうだ。
イベントによっては交代してくれる人がいることもある。

レディ=ローズマリー

運河のほとりの館の主。街に春を呼び込む「生命の木」を育てるために街の魔法によって呼び寄せられた。
1920年ごろに大流行したアールデコファッションがよく似合う。花とお菓子作りが好きな、見るからに育ちの良い女性だが、非常に活動的な面がある。
助手の門番と共に生命の木に花をつけさせようとするが…

門番

レディの助手を名乗る男。密かにレディに好意を寄せているようだが…

アデリーン・スベンソン

明朗活発なジャーナリスト。画家ジョバンニ・ディ・フィオーリの絵画の謎を探るうちに影の街に取り込まれる。
影の街でも「影の街タイムス」に記事を載せているようだ。
名字から見てスウェーデン系と思われる。

鳥捕り


梅さくら

日本人。目鼻立ちのはっきりした明るい女性。着物の着付けが下手なのが少し残念。

花子

日本の女性。茶室に住んでいる。鶴の化身で、姿のない「魂たち」に仕える、しとやかな巫女。
正義感が強く、自他ともに厳しい。どうやら何か辛い過去を背負っているらしい。

アッパーシティの住人たち