※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


クトゥルー(CTHULHU)

クトゥルフとも。ほかにクチュリュー、チューリュー、クトウルフ、ク・リトル・リトル、九頭竜などの呼び方がある。
神話(にかかわる作品)の冠名に記されているが主神というわけではなく、主神たるアザトースや、ナイアルラトホテップなどの「外なる神」と呼ばれる存在たちより1~2ランク下の「旧支配者」に分類される神格で、実力も中の上といった所。(それでも人間などから比べれば桁外れに能力が高く、とても太刀打ち出来るものではない)

その姿は、蛸か槍烏賊のような頭部に、竜の鱗と翼、人間的な四肢と鋭いカギ爪を持つ。普通の人間ならば、その姿を一目見ただけでも正気を失って発狂するだろう。気まぐれに人間にテレパシーを使った精神干渉でちょっかいを出してみることもあり、これもまた人間にはとんでもない狂気をもたらす。
ただ、時としてこのクトゥルーからの精神干渉がきっかけで、悪魔的な感性を身につけた芸術家もいるが、もちろんそういった人間はごく一握りだろう。

遥か太古の地球に降り立ち、「ルルイエ」という都市を拠点にしていたが星辰の微妙なずれ等で都市ごと海の底深くに沈んでおり、その生命活動は停止しているという。しかし、完全に死亡しているわけではなく再び星辰が彼らにとって都合の良い並びになると復活し地球を荒廃に導くという。

古代、ぺリシテ人が崇拝していた海神ダゴン?ギリシャ神話ヒュドラ(ハイドラ)などもクトゥルーの眷属であるという。

なぜ神話の冠名に記されているのかというと、原作者であるH.P.ラヴクラフトの著作の数々を埋もれさせてはいけないと考えた自称一番弟子のオーガスト・ダーレスが、クトゥルーをはじめとするそれらに善悪二元論や四大属性を与えて神話として体系させた際に、全ての始まりとなった作品「クトゥルフの呼び声」から神話の冠命として取り上げたとされる。
ここではクトゥルーは四大属性のうち「水」に分類されており、「風」に属するハスターと対立しているとされている。
最終更新:2005年08月27日 05:33