15年戦争資料 @wiki

GlobalSecurity.org White Phosphorus (WP)

最終更新:

pipopipo555jp

- view
管理者のみ編集可
GlobalSecurity.org
Military

White Phosphorus (WP)


White Phosphorus (WP) - Incendiary
白リン弾 - 焼夷(試訳)

WP is a colorless to yellow translucent wax-like substance with a pungent, garlic-like smell. The form used by the military is highly energetic (active) and ignites once it is exposed to oxygen. White phosphorus is a pyrophoric material, that is, it is spontaneously flammable).

白リン=WPは無色から黄色の半透明のワックス状の物質で、ニンニク様の刺激臭がある。武器として使われるものは、高エネルギー(アクティブ)で、酸素に触れると即時に発火する。白リンは自燃発火性物質、すなわち自発的に燃えてしまう物質である。

When exposed to air, it spontaneously ignites and is oxidized rapidly to phosphorus pentoxide. Such heat is produced by this reaction that the element bursts into a yellow flame and produces a dense white smoke. Phosphorus also becomes luminous in the dark, and this property is conveyed to "tracer bullets." This chemical reaction continues until either all the material is consumed or the element is deprived of oxygen. Up to 15 percent of the WP remains within the charred wedge and can reignite if the felt is crushed and the unburned WP is exposed to the atmosphere.

空気にさらすと、自然に発火して急速に酸化し五酸化リンとなる。反応のとき生まれる熱はかなりのものだ。成分は爆発して黄色い炎となり濃い白煙を成す。また、リンは暗闇で発光し、その特性は「曳光弾」として利用される。 すべての材料が消費されるか或いは反応場から酸素が奪いつくされるまでこの化学反応は続く。 白リン=WPの最大15パーセントは、黒焦げたくさびに残って、フェルトが砕けて燃え残りの白リンが大気にさらされると、再発火する。

※the element:その成分 element:活動環境、反応場


White phosphorus results in painful chemical burn injuries. The resultant burn typically appears as a necrotic area with a yellowish color and characteristic garliclike odor. White phosphorus is highly lipid soluble and as such, is believed to have rapid dermal penetration once particles are embedded under the skin. Because of its enhanced lipid solubility, many have believed that these injuries result in delayed wound healing. This has not been well studied; therefore, all that can be stated is that white phosphorus burns represent a small subsegment of chemical burns, all of which typically result in delayed wound healing.

白リンは苦痛の大きな化学火傷をもたらす。 このやけどの典型は、最終的に黄ばんだ色と独特のニンニク臭をともなう壊死部分となる。 白リンには高い脂溶性があり、それゆえに粒子がいったん皮膚に埋め込まれると、急速な皮膚浸透力を発揮すると信じられている。 高い脂溶性のために負傷者の傷の快復が遅れると信じられている。 これはまだ研究が進んでないことだが、総じて言い得る事は、白リンのやけどでは小断片の化学火傷が再出現するので、典型的に快復が遅れるのだという。

Incandescent particles of WP may produce extensive burns. Phosphorus burns on the skin are deep and painful; a firm eschar is produced and is surrounded by vesiculation. The burns usually are multiple, deep, and variable in size. The solid in the eye produces severe injury. The particles continue to burn unless deprived of atmospheric oxygen. Contact with these particles can cause local burns. These weapons are particularly nasty because white phosphorus continues to burn until it disappears. If service members are hit by pieces of white phosphorus, it could burn right down to the bone. Burns usually are limited to areas of exposed skin (upper extremities, face). Burns frequently are second and third degree because of the rapid ignition and highly lipophilic properties of white phosphorus.

白リンの白熱した粒子は広範囲熱傷を発生させるだろう。 皮膚の上にできるリンのやけどは深くて苦痛なものだ。 堅い焼痂ができてそれは水疱によって囲まれる。 通常やけどは、あちこちにでき、深くて大きさも様々だ。 また、固体粒子が目に入ると深刻な重傷となる。 空気中の酸素が欠乏するまで、その粒子は燃え続ける。 白リンの粒子に触れると、そこに局所やけどを引き起こす。 白リンが消失するまで燃え続けるので、この兵器は極めて残忍だ。 兵隊が白リンの破片を被弾すれば、白リンは徹底的に、骨に達するまで燃えつづけるかもしれない。 通常、やけどは露出した皮膚(腕の先端や顔)の領域に限られる。 やけどは、急速な発火性と白リンの高い脂肪親和性によって、高い頻度で、第II、第III度の重症やけどを引き起こす。

If burning particles of WP strike and stick to the clothing, take off the contaminated clothing quickly before the WP burns through to the skin. Remove quickly all clothing affected by phosphorus to prevent phosphorus burning through to skin. If this is impossible, plunge skin or clothing affected by phosphorus in cold water or moisten strongly to extinguish or prevent fire. Then immediately remove affected clothing and rinse affected skin areas with cold sodium bicarbonate solution or with cold water. Moisten skin and remove visible phosphorus (preferably under water) with squared object (knife-back etc.) or tweezers. Do not touch phosphorus with fingers! Throw removed phosphorus or clothing affected by phosphorus into water or allow to bum in suitable location. Cover phosphorus burns with moist dressing and keep moist to prevent renewed inflammation. It is neccessary to dress white phosphorus-injured patients with saline-soaked dressings to prevent reignition of the phosphorus by contact with the air.

もし白リン=WPの燃焼粒子が衣服に当たって突き刺さったら、燃焼が皮膚に達する前にすばやく白リンで汚染された衣服を脱ぐこと。そして、燃焼が皮膚に達することを防ぐ為に総ての衣服もすばやく脱ぐこと。もしそれが出来ないときは、リンに影響された皮膚や衣類は冷たい水に突っ込むか、火を消したり火を妨げるためにしっかりと湿らること。然る後速やかに、影響受けた衣服を脱いで、皮膚は冷たい重炭酸ナトリウム溶液か冷たい水ですすげ。皮膚をしめらせながら目視できるリンは(できるなら水にくぐらせたまま)角張ったもの(ナイフの柄とか)やピンセットで取り除け。指でリンを触ってはならぬ! 取り除いたリンやリンの影響を受けた衣服は水の中に投げ込むか、適当な場所に放棄すること。やけどは湿らせた衣服で覆い、湿らせることによって再発火を防ぐこと。白リンによって負傷した患者には塩水を染み込ました服を着せ、空気に触れて再点火することを防がねばならない。 


Some nations recommend washing the skin with a 0.5-2.0% copper sulphate solution or a copper sulphate impregnated pad. Wounds may be rinsed with a 0.1%-0.2% copper sulphate solution, if available. Dark coloured deposits may be removed with forceps. Prevent prolonged contact of any copper sulphate preparations with the tissues by prompt, copious flushing with water or saline, as there is a definite danger of copper poisoning. It may be necessary to repeat the first aid measures to completely remove all phosphorus.

いくつかの国では、0.5-2.0%の硫酸銅溶液か硫酸銅含浸パッドで皮膚を洗浄することが推奨されている。次に、用意できるなら0.1%から0.2%の硫酸銅溶液で傷口をすすぐ。黒くなったやけどの堆積は鉗子で取り除く。 できるだけたくさんの水か塩水を傷口に流して、硫酸銅調剤と組織との長時間の接触を防ぐこと。そうすることによって銅の毒による致命的な危険を防ぐ。繰り返しになるが、最初の救急ですべてのリンを数え上げるようにして(しらみつぶしに)完全に取り除くことが必要である。


White Phosphorus (WP) - Smoke
白リン弾 − 煙

White Phosphorus (WP) creates a smoke screen as it burns. Phosphorus smokes are generated by a variety of munitions. Some of these munitions such as the M825 (155-mm round) may, on explosion, distribute particles of incompletely oxidized white phosphorus.

白リン弾は燃えながら煙をつくる。白リンの煙は様々な弾種でつくられる。これら弾種の中には、M825(155mm砲弾)のように、爆発時に、酸化が不完全な白リン粒子をまき散らすものもある。

Smokes obscure vision and are used to hide troops, equipment, and areas from detection. Smoke screens are essential for movement in city fighting. In the December 1994 battle for Grozny in Chechnya, every fourth or fifth Russian artillery or mortar round fired was a smoke or white phosphorus round.

煙は視界をぼかし、兵士、装備、地域を探知から隠すために使われる。煙幕は市街戦での移動では欠かすことができない。1994年12月、チェチェン共和国グロズヌイの戦いでは、発射されたロシアの大砲や迫撃砲の4、5発中1発は、発煙弾か白リン弾だった。

White Phosphorus and Red Phosphorus burn to produce a hygroscopic smoke containing phosphoric acids. Red phosphorus (RP) is not nearly as reactive as white phosphorus. It reacts slowly with atmospheric moisture and the smoke does not produce thermal injury, hence the smoke is less toxic. The extinction for these smokes is primarily due to scattering in the visible and absorption in the infrared (IR). These smokes are composed of spherical liquid particles that grow with relative humidity to an equilibrium size by absorbing ambient moisture that depends on the ambient relative humidity. The mass extinction varies significantly with relative humidity.

白リンと赤リンは燃えてリン酸を含む吸湿性の煙を生成する。赤リン(RP)は白リンほどの反応性は無い。赤リンは水蒸気とゆっくりと反応し、その煙は熱傷をつくらないので毒性は小さい。どちらの煙の不可視度も、主として可視光の散乱と赤外線(IR)の吸収によって決まる。煙は球状の液体粒子で構成される。粒子は相対湿度を保ちながら、周囲の湿度に見合った量の水蒸気を周囲から吸収することによって、平衡的な大きさまで成長する。だから不可視度の大きさは相対湿度によって著しく変化する。

The White Phosphorus flame produces a hot, dense white smoke composed of particles of phosphorus pentoxide, which are converted by moist air into phosphoric acid. This acid, depending on concentration and duration of exposure, may produce a variety of topically irritative injuries.

白リンの炎は、五酸化リンの粒から成る熱く濃い白煙をつくり、それは水蒸気によってリン酸に化学変化する。リン酸は、濃度と被爆の時間により局所に刺激性の傷害を起こすかもしれない。

Most smokes are not hazardous in concentrations which are useful for obscuring purposes. However, any smoke can be hazardous to health if the concentration is sufficient or if the exposure is long enough. Medical personnel should be prepared to treat potential reactions to military smokes once such smokes have been introduced to the battlefield. Exposure to heavy smoke concentrations for extended periods (particularly if near the source of emission) may cause illness or even death.

ほとんどの煙は光の吸収目的に役立つ濃度では危険ではない。しかし。濃度が高すぎたり、被爆がとても長ければ、どんな煙も健康上の危険となり得る。医療従事者は、このような煙が戦場に導入されたら、軍用煙幕に起こり得る対処に備えなければならない。濃厚な煙に長期間曝されれば(特に放出源に近ければ)、病気を生じたり、死ぬことすらありうるからだ。

Casualties from WP smoke have not occurred in combat operations.At room temperature, white phosphorus is somewhat volatile and may produce a toxic inhalational injury. In moist air, the phosphorus pentoxide produces phosphoric acid. This acid, depending on concentration and duration of exposure, may produce a variety of topically irritative injuries. Irritation of the eyes and irritation of the mucous membranes are the most commonly seen injuries. These complaints remit spontaneously with the soldier's removal from the exposure site. With intense exposures, a very explosive cough may occur, which renders gas mask adjustment difficult. There are no reported deaths resulting from exposure to phosphorus smokes. Generally, treatment of WP smoke irritation is unnecessary. Spontaneous recovery is rapid.

戦闘作戦では白リン弾の煙で犠牲者は出ていない。室温では白リンはいくらか揮発性があり吸毒性の傷害を引き起こす可能性がある。湿った空気中で五酸化リンはリン酸を生成する。この酸は、濃度と被爆時間により局所的な刺激性炎症を起こすかも知れない。目の刺激性炎症と粘膜の刺激性炎症はとてもよく見受けられる症状だ。これら症状は兵士が被爆場所から移動することで自然回復する。ひどく被爆すると、激しい咳が出て、ガスマスクの調整を難しくするかも知れない。白リンの煙に曝されたことによる死亡は報告されてない。一般的に、白リンの煙による炎症の治療は必要がない。自然治癒は速い。

White phosphorus fume can cause severe eye irritation with blepharospasm, photophobia, and lacrimation. Irritation of the eyes and irritation of the mucous membranes are the most commonly seen injuries. These complaints remit spontaneously with the soldier's removal from the exposure site. The WP smoke irritates the eyes and nose in moderate concentrations. With intense exposures, a very explosive cough may occur, which renders gas mask adjustment difficult. There are no reported deaths resulting from exposure to phosphorus smokes.

白リンの刺激性ガスは、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)、羞明(しゅうめい)、流涙(りゅうるい)を含む重い目の刺激性炎症を引き起こし得る。目の刺激性炎症と粘膜の刺激性炎症はとてもよく見受けられる症状だ。これら(軽度の)症状は兵士が被爆場所から移動することで自然回復する。白リン弾の煙は中程度の濃度で目と鼻を刺激する。重度の被爆だと、激しい咳が出てガスマスクの調整を難しくするかも知れない。白リンの煙に曝されたことによる死亡は報告されてない