※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

〔注意事項〕
  • なかなか叶わなくても弱気にならず、粛々と書き続ける。
  • スコットが試みた断言法がすべて成功したわけではない。

〔断言法の効果について〕
  • 断言法とは、単に一日15回目標(ゴール)を書くことで、
 あたかも魔法のように偶然が重なり、限りなく低い実現性にもかかわらずその目標が達成されるというもの。
  • スコットは、断言法を用いてとても実現しないと思われるような目標を驚くべき方法で達成してきた。
  • 断言法を行うと、いくつかの普通の出来事が重なり、一見普通ではない結果を生み出す。
  • 断言法を行うと、幸運な偶然が起こる。
  • 「猿の手」効果に関しては聞いたことがない。
  • スコットが断言法を知ることになった元ネタの本(タイトル・著者は失念したらしい)には、
 「努力では実現できない目標を選べ」とあるらしい。
 「そうじゃないと、この方法のおかげかどうかわからないからね」、と。

〔断言法を実践してみた人の話〕
(ttp://web.archive.org/web/20050531030449/http://blog.so-net.ne.jp/stimer/2005-03-20
  • 断言法は自分の思考により環境を制御できる技術。
  • 自分の願望をかなえる方法。
  • 自己暗示的なポジティブな思考を強制されない。
  • 人を目標に集中させるだけというものじゃなくて、直接、環境に影響をあたえているらしい。
  • 信仰心もいらない。
  • 偶然のような形をとって現れる。
  • いろいろ試してみたが、私個人については、70パーセントぐらいの成功率だ。
  • 特別な努力や、才能はいらない。

〔出典不明の断言法関係のコメント〕
  • 現実はこの宇宙に無数にある。断言法が望む現実を引き寄せる助けになるらしい。
  • スコットによると思いもかけないようなところから願いが叶うらしい。
  • 断言法をすると驚くべき偶然と思えることを経験する。
 この偶然は、表面上は当人の力が及ばない、努力とはまったく無関係なもの。
最終更新:2009年07月24日 13:46