※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディルバート原文の訳です。

断言法(Affirmations)
数年前、それ以外は面白おかしく書かれた本「ディルバートの未来予測」という本の最後に、
断言法と呼ばれる方法を用いて、実現が難しいと思われるような目標を実現したと書いた。
それ以来、このことに関して自分が書いた他のどれよりも多くの質問が寄せられた。
ここでそれらに答えることで、多く寄せられたブログのコメントにも終止符が打たれるだろう

断言法とは、
単に一日15回目標(ゴール)を書くことで、
あたかも魔法のように偶然が重なり、
限りなく低い実現性にもかかわらず
その目標が達成されるというもの。

断言法とは、簡単な文章すなわち、私スコットアダムスは売れっ子漫画家になる。
“I Scott Adams will become a syndicated cartoonist.”と書くだけ。(この文章はは実際に自分が使用したもの)。
  1. 訳注:シンジケートカートゥニスト 全米に配信される全国区な漫画家

ディルバート(という漫画)の成功の前、私は断言法を用いて、
とても実現しないと思われるような目標を驚くべき方法で達成してきた。
その成功の一部は、私はとてつもない才能に恵まれていて、素晴らしくセクシー、という言葉で説明できる。
だから、その低い可能性にもかかわらず、私が目標を達成できたのは不思議でもなんでもない。
私はこの解釈を訂正はしない。私にはこの解釈が合っているように思われるからだ。

私が実現してきた目標の一部は、努力もスキルも要求されないものだった。
その低い可能性にもかかわらず、私はこれも実現した。
少なくとも私にとってこれは理解しがたいものだ。
なぜなら、平たく言えば、それは妄想と説明されるようなことだから。
断言法は私を魅了し幻惑した。
そこでこれを書いてみたのだ。
最終更新:2009年07月24日 13:48