カードリスト > 島津家 > Ver.1.2 > 013_川上久朗

武将名 かわかみひさあき 島津四勇将
R川上久朗 川上忠克の息子。弱冠18歳にして、主君の
島津義久から家老、および守護代に任命され
た逸材。武勇に優れ、数々の合戦でその才能
を遺憾なく発揮した。しかし、相良氏との大
口上の戦いで島津義弘を守るため奮戦し、深
手を負う。その傷が元で、若くして没した。

「任せてくれ。
.  君の背中は、俺が守ってみせる」
出身地 薩摩国(鹿児島県)
コスト 2
兵種 鉄砲隊
能力 武力7 統率6
特技 気合 車撃
計略 座禅の陣 【陣形】(発動すると陣形が出現し、
その中にいる間のみ効果が発生する。
陣形は複数同時に使用できない)
自身の武力が上がり、敵と自身の移
動速度が下がる。ただし効果終了時
に撤退する。
必要士気5
Illustration : Daisuke izuka
7/6に特技2つと、島津の鉄砲らしく優秀なスペックを持つ島津四勇将の一角。
同コスト同兵種に破格のスペックを持つR山田有信がいるが、鉄砲主軸の島津家に速度低下計略は需要が大きい。

計略の「座禅の陣」は妨害陣形。捨て奸の強化型と考えるのがいいだろう。
  • 計略効果:自身の武力を+8、敵への速度低下は0.4倍(早駆け・疾風迅雷などは突撃不可、毘天・闇駆けなどは突撃可)
    自身への速度低下は敵より緩めで、通常速度の相手なら例え騎馬だろうと追いつく事ができ、効果時間目一杯陣内に留め置く事ができる。
  • 範囲:自身の左右にカード2枚づつ置ける程度と広め。陣外からの突撃も届かない。
  • 効果時間:7c程度

スペックといい計略といい、C猿渡信光のコストアップ版のような印象を受ける一枚。
相手を捕らえた上で武力14の射撃を打ち込み、乱戦までこなせる、とあって非常に強力。
大筒上や虎口前での防衛にはうってつけで、打っておくだけでも並の采配程度なら何とかしてしまえる。

余談

  • 2コストながら使用率1位、最高勝率60%以上とver1.20A、Bを代表する強カードになっていたが、あまりにも使われすぎたため、
    Ver1.20Cにおいて範囲縮小、武力上昇値低下、速度低下値減少、効果時間短縮と、「計略の全ての要素が弱体化する」という手厳しい修正を受けた。
  • 計略名が「座禅の陣」なのは、関ヶ原からの退却戦で実際に使用された捨て奸において、
    殿軍となった鉄砲隊が鉄砲の命中率を上げるために座禅(あぐら)を組んで敵を迎え撃っていたことに由来すると思われる。