カードリスト > 豊臣家 > Ver.2.0 > 012_加藤清正

武将名 かとうきよまさ 猛勇虎之助
R加藤清正 豊臣秀吉子飼いの家臣。山崎の戦いや賤ヶ岳
の戦いなど、主要な合戦で活躍した。六尺三
寸の大男で、片鎌槍を手に名馬・帝釈栗毛に
またがった姿は勇壮であったといわれている。ま
た、藤堂高虎と並ぶ築城の名手としても知ら
れる。

「この槍ひとつで、
        勝利を導いてみせるぜ」
出身地 尾張国(愛知県)
コスト 1.5
兵種 槍足軽
能力 武力6 統率5
特技
計略 日輪の猛勇 【日輪:3段階強化】
武力が上がる。
3消費:さらに移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : 恩田尚之

同レアリティ同勢力でなぜか二枚登場した加藤清正の片割れ。
特技の豊国はないものの、槍足軽では全勢力を見ても1.5コストで最高の数字スペックをもつ一枚。

計略の日輪の猛勇は、日輪の使用数に応じて武力を上げる自身単体強化。
効果時間は4.0c、日輪3消費の場合は4.4c。統率依存0.6c。(2.12C)
日輪を3消費することで武力に加えて速度も約+60%上がる。素の足軽よりやや早く、軽騎馬には追いつけない程度で迎撃は無し。
武力上昇値は以下の通り。
日輪消費 武力上昇
0 +6
1 +7
2 +8
3 +9
(3.00c)

日輪0でも武力は12であり、士気効率は悪くない。日輪を使えば士気4としては破格の単体超絶強化となる。
Ver2.01Aでは日輪0の武力上昇値が低下した日輪の構えに代わり、使用率が跳ね上がった。
スペックや日輪の蓄積や大絢爛と幅広く優秀であり、豊臣デッキでは十分に採用の価値があるだろう。