カードリスト > 徳川家 > Ver.2.1 > 011_奥平信昌

武将名 おくだいらのぶまさ
UC奥平信昌 武田家に従属していたが、信玄の死後、家康
に仕える。長篠の戦いでは長篠城を死守し織
田・徳川軍の勝利に大きく貢献。その功によ
り、直臣ではないにもかかわらず織田信長の
「信」の一字を与えられた。また家康からも
名刀として名高い「大般若長光」を授かった。

「徳川家に賭けた以上、
.  途中で降りるわけにはいかないっ!!」
出身地 三河国(愛知県)
コスト 1.5
兵種 弓足軽隊
能力 武力5 統率6
特技 防柵
計略 蒼葵の痺矢連弓? 【三葵:蒼/発動時点灯】(点灯してい
る葵紋に応じて効果が変わる)移動速度
が上がり、矢を当てている敵の移動速度
が下がるようになる。その効果は同じ敵
に味方の矢を当てるほど大きい。
二葵以上:さらに武力が上がり、移動中
も弓攻撃ができるようになる
必要士気3
Illustration : 伊藤未生

今川家でカード化されている奥平貞能の息子で、家宝として馴染みのある「大般若長光」の所有者が登場。
テキストには無いが、亀姫の夫であり、家康の娘婿にあたる。
スペックはバランス型。同コストの弓足軽は他にR本多正信だけなので、同枠に武力弓が欲しいなら彼が選択肢に上がる。

計略の「蒼葵の痺矢連弓」は発動時に蒼葵が点灯する単体強化計略。
  • 計略効果:単独で使用した場合の効果は要検証、二葵点灯時に武力+3で移動速度+30%
  • 効果時間:約8c(ver.2.11現在)

痺矢弓術の亜種とでも言うべき性能だが、二葵点灯時の速度上昇は約30%程で、槍の迎撃を受けてしまう。
弓足軽である為、必要以上に敵に近付く事はないだろうが、速度上昇を利用し虎口攻めを狙う際は注意。