カードリスト > 徳川家 > Ver.2.1 > 005_石川数正

武将名 いしかわかずまさ 徳川家参謀
R石川数正 人質時代より家康に近侍、苦難をともにし家
老も務めた。桶狭間の戦い後に徳川氏が自立
すると今川氏と交渉、人質であった嫡男信康
と正室築山殿を取り戻した。西三河衆を率い
て主な徳川氏の戦いにはすべて参加しており、
家康の前半生における信頼は比類ない。

「我が策の完成、
その目でとくとご覧あれ」
出身地 三河国(愛知県)
コスト 1.5
兵種 鉄砲隊
能力 武力5 統率7
特技
計略 蒼葵の山津波? 【三葵:蒼/発動時点灯】敵に土砂によるダメ
ージを与える。ダメージはお互いの統率力
で上下する。
二葵以上:さらにダメージが上がり、敵を吹
き飛ばす。
必要士気6
Illustration : 松野トンジ

徳川軍の参謀もレアで参戦。

計略は蒼葵ゲージ追加を付加する山津波。
既に別の葵が点灯している場合は、威力追加と共に火牛の如く相手を吹き飛ばす効果がある。
その際の威力は統率3まで確殺、統率4がわずかに兵力を残して撤退しない程度と士気相応かそれ以上である。
また徳川唯一のダメージ計略…なのだが、如何せん一気にゲージを吐き出すタイプの徳川軍で、一人で士気を6使ってしまうのが難点。
しかも蒼葵を溜めるだけならば、1.5コストの武将には優秀なカードが多いのも厳しい。
徳川家1.5コスト唯一の鉄砲隊(ver2.1現在)という点も考慮していくといいだろう。

裏書のごとく信頼が厚かったが、小牧・長久手の戦いの後、突如豊臣家へ出奔。
軍の機密を遍く知る和正が抜けた穴は大きく、家康は軍制を根本から改めざるを得なくなった。
出奔の理由は今なお良く分かっておらず、研究が続けられている。