カードリスト > 上杉家 > Ver.3.0 > 075_於松

武将名 おまつ
SR於松 直江兼続長女。慶長9年、直江家に養子入り
した本多政重を婿に迎える。しかし於松は婚
姻の翌年に没した。直江兼続・お船の夫妻は
仲睦まじく、生涯を添い遂げるほどだったが、
子供運に恵まれず、後年、直江家は断絶した。

「そ、その結婚とか言われても……
                            わたし、まだ……」
出身地 越後国
コスト 1.0
兵種 槍足軽
能力 武力2 統率1
特技 制圧 魅力
計略 愛嬢の響声 修羅ゲージの回復速度が上がり、自
城のダメージを徐々に回復する。た
だし、自身が撤退または城内に移動
すると効果が終了する。
必要士気4
Illustration : 赤賀博隆

直江兼続の早世した娘が登場。
スペックは厳しいが、後方支援にマッチした特技を持つ。
上杉家の1コストで唯一の制圧持ちである。

愛嬢の響声は上杉家に追加された修羅/羅刹計略のサポート計略。
修羅/羅刹計略に限らず、城ダメージを受けていれば回復の対象となる。
効果時間は約8c。その間に3秒間隔で自城を回復し続ける。総回復量は6%。(3.00B)

終盤の接戦時等、緊迫した状況で使えば逆転の糸口になるが、前述の回復量が微々たるものの為、
大差を付けられた時等だとほぼ無意味に等しい。また、本人のスペックの低さ故、彼女に十分な
サポートも付けなければ撤退もしくは城内の移動を強いられ、城ダメージの回復を絶たれてしまうので御注意。