通信合戦成績表 2016.4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


幕内

         東          番付          西         
14勝1敗 デス スターズ 大関 日雇い精鋭戦闘部隊 4勝11敗
休場 じんたん 大関 カメっち軍 13勝2敗
3勝12敗 スーパーつばやん 大関 ページ 9勝6敗
7勝8敗 修行軍 関脇 asjvr;easi 12勝3敗
5勝10敗 chips 小結 k189 11勝4敗
1勝14敗 jamma ラララコッペパン 15勝0敗
9勝6敗 はるん軍 えむ's 5勝10敗
3勝12敗 秋時雨 爆竹軍 6勝9敗
3勝12敗 自軍です。 よっくん 13勝2敗
13勝2敗 1876569 sssr 1勝14敗
5勝10敗 銀河連邦自由同盟 一色党 14勝1敗
13勝2敗 強いでー TOK-715 2勝13敗
8勝7敗 dom ハル義兄同盟 8勝7敗
2勝13敗 colt まっく 6勝9敗
10勝5敗 六反田 316 1勝14敗
0000 PT 0000


幕内最高優勝

ラララコッペパン



殊勲賞

asjvr;easi



敢闘賞

1876569



技能賞

デス スターズ



東西戦

西軍の勝利




十両優勝

ダークネスドラゴン



優勝はラララコッペパン

息をひそめていたダークホースが、颯爽と賜杯をその手中に収めた。
3月31日夜、先場所優勝のデス スタースをはじめとする大関陣が白熱した戦いを繰り広げる中、ラララコッペパンは静かにその後ろを追いかけ、好機を伺っていた。
ランキングリセットが延長になるのを確信した前頭は残り勝数で上積みを決行、一夜にして圧倒的差をつけて1位へと躍り出し、見事に初優勝を飾った。

久しぶりの本格参戦で顕となった、その成長ぶりに多くが驚いたであろう。
鉄壁の甲羅と称されるカメっち軍に自ら教えを乞うたこともあり参戦当初から被対戦への熱意には定評があったが、経験と兵力の不足からランクインを狙うだけで精一杯な状態が続き、そのまま自然と一線から遠のいたように思われた。
しかし、時を経て再び通信合戦へと帰ってきたその姿は以前のそれとは比べ物にならないほど逞しく皆の目に映った。
今や対戦・被対戦共にトップレベルの実力を持ち、次なる大関・横綱候補との呼び声も高い。
ひy理事長代理は、「また強い軍がいるのかぃ、期待しておるぞぃ。ららら〜」と鼻歌混じりであった。

デス スターズが準優勝し、三賞はそれぞれ殊勲賞:asjvr;easi、敢闘賞:1876569、技能賞:デス スターズとなっている。

デス スターズの横綱昇進は見送りか

先場所優勝したデス スターズは、今場所で横綱昇進の目安となる準優勝を果たしたが、理事内では消極的な意見が多く、昇進は見送られる可能性が高い。
ひy理事長代理は、「今場所はヘタレ大関ばかりじゃった。来場所で(昇進の是非を)決めようかのぅ。」と肩をすぼめていた。


前月の結果はこちら


翌月の結果はこちら



最終更新者:日雇い
最終更新:2016年08月17日 12:28