詩歌藩国 @ wiki

音楽家

最終更新:

rilyuuguu

- view
メンバー限定 登録/ログイン
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (音楽家表題11.jpg)

L:音楽家 = {
 t:名称 = 音楽家(職業)
 t:要点 = しゃれた,楽士,魔法
 t:周辺環境 = 窓際
 t:評価 = 体格6,筋力7,耐久力4,外見8,敏捷7,器用9,感覚11,知識7,幸運8
 t:特殊 = {
  *音楽家の職業カテゴリ = ,,派生職業アイドレス。
  *音楽家の位置づけ = ,,音楽系。TLO
  *音楽家の歌唱補正 = ,条件発動,歌唱、評価+8、燃料-2万t。75%制限。#歌唱行為:一般:(知識+外見)÷2:何かを調べる場合、交渉する場合、士気をあげる場合に有効である。
  *音楽家の魔法={
以下、どれかを一日一度使える。100%能力。
鎮めの歌 歌唱評価までの対象を落ち着かせる。
破壊の歌 攻撃補正が歌唱評価-20分つく
癒しの歌 傷を癒す。耐久力補正が歌唱評価-20分つく。
水割の歌 水を割る。歌唱が終わるまで水は割れ続ける。
清めの歌 対邪悪補正が歌唱評価-20分つく。
}。
 }
 t:→次のアイドレス = なし

おんがく‐か【音楽家】

音楽と共に歩む者の総称。
―詩歌国語辞書より出典―


音楽を取り巻く環境は日々、変化しています。
ご存知の通り、詩歌には大勢の吟遊詩人が存在しています。
多くの吟遊詩人は作曲家と演奏家の両面を併せ持っています。
これは音楽の制作、演奏を一人で行うことができることを表しています。
つまり、いわば弾き語り、シンガーソングライターが一般的でした。
しかし、その事情も変わりつつあります。
その原因から言うと、

演奏技術の高度化。
音楽、演奏の形式の多様化。
技術の向上により進化、発明された楽器の多様化。

などが挙げられます。
これらはいずれも専門化、分業化を促すものです。

イリューシア音楽院の学科を見ればそれは分かりやすいでしょう。
科目は7つ以上あり、大部分の科目には選択コースがあります。
音楽の発展に伴い複雑化してきていることが分かると思います。

ですがそれは悪いことではなく、音楽が多種多様化した、それだけのことです。
シンガーソングライターも相対的に数を減らしましたが、居なくなった訳ではありません。
様々な楽器が詩歌藩国、愛鳴之藩国では製作されていきます。
それらは楽器によりそれぞれ違う音色を奏で、新しい音楽を創っていくでしょう。

そう、感動を伝えるという音楽の本質は何も変わっていないのです。
楽士達が奏でる楽に耳を傾けてもらえば、それは良く分かってもらえると思います。



音楽はもっとぶことができます。
音楽のインターネットによる配信、記録媒体の流通を活用することにより、
音楽の素晴らしさをより多くの人に届けることができ、より音楽を身近に感じてもらうことができるでしょう。
イリューシア音楽院でも収録や音質調整などの技能を持った音響技術者を教育しています。
また、電子音楽や電子楽器など機械を用いる音楽も誕生しています。
機械を動かす燃料については燃料グループによる潤沢な供給もあり、心配はありません。

機械に触れたことの無いあなたも、いずれ機械を活用するようになるかもしれません。
いざという時には、整備士2や名整備士といった機械の専門家を頼りにするのが良いでしょう。
ここは詩歌藩国。手を差し伸べてくれる人達が近くにいることを忘れないでください。


演奏家の美は大輪の

人に見られることを十二分に意識した体躯。
嫌味の無い洒落た服装、立ち振る舞い。
自然な笑顔は心を溶かす。
惹きつけ魅せる力に満ちている。

楽器を操る姿はさながら舞踏。
指遣いが斯くも人を魅せるのか。

永久に続けと誰もが願う。
それは魔法、幾多の幻想が心に浮かぶ。
幻想が、捨てるには惜しいものと思わせる。

それは矜持、高らかに響かせよう。
私の決意を、演者の誇りを。


作曲家の美は孤高の

対峙するのは己の心。
望む物、望まざる物。
寝食を忘れ、真っ白の五線譜に書き付ける。

誰も知らぬ夜更けの決闘。
月光差し込む小さな部屋で。

走り出し、倒れ。
立ち上がり、跪き。
睨み付け、俯いて。

果てなどないと、彼らは言う。
なぜならそう、目指すものが高みだから。

一切承知の覚悟であった。

楽器を弾く者、音を聞く者。
全ての者に示すのだ。

魔法はあると。この旋律が魔法だと。

窓際に貼られた一枚の楽譜。
音楽院での最高傑作。

超えてみせると決めたのだ。
あの日の自分を超えるのだと。



晩夏が終わろうとしていた。
嵐気が心地よい炎天が遠く感じられる。
たった一度の雨が詩歌藩国の空気を変えた。
稲光が宵闇を裂く。
轟音と雷光は月が山の端に消えるまで続いた。
夜露が枝葉に付き、霜になる。
寒風が吹き抜け、葉を揺らす。霜が散り、陽光に輝く。
長い夜が明けようとしていた。
秋晴れの朝が訪れる。
詩歌藩国収穫祭の朝が。

詩歌藩国における収穫祭は3か所を拠点として行われる。
一つは亀神殿。
ここでの収穫祭は冬護祭とも称される。
一つは蛇神殿。
ここでの収穫祭は冬眠祭とも称される。
この両祭は対になっており、神官達の正装も対極的。
豊穣の象徴たる亀神の神官は黄金の小麦をモチーフにした髪飾り。
再生の象徴たる蛇神の神官は深緑のクローバーをモチーフにした銀細工。
各々の儀式が示すのは神々への深い感謝である。
そして、最後の一つが音楽院。
国を問わず、著名な音楽家を招き演奏会が行われる。
あるいは、こう言うこともできる。
かつて音楽院で学び、巣立っていった者達が大きくなって帰ってくる日でもあった。

「おっそいわね、あいつら。どこほっつき歩いてんのよ、ったく」
音楽院の中央に位置するコンサートホール。
その正面入り口に、人影が三つ。
「まだ30分もありますよ、ソフィア。楽器はもう会場にありますし」
「連中、もう学生じゃねぇんだから大丈夫だっての」
ソフィアと呼ばれた、いらつく短い銀髪の女性をなだめすかす二人の男。
一人は筋骨隆々の顎鬚男。もう一人はひょろりとやせた長い銀髪に長身の男。
「何いってんのよっ!プロだったら1時間前に会場入りして音合わせ4,5回するでしょうがっ!
パーヴォ、アルベルト、あんたら30超えて丸くなってんじゃないわよっ!」
「おめぇはちっとぐらい年相応の落ち着きをだな・・・」
「・・・・噂をすれば。来ましたよ」

コンサートホール正面入り口に続く赤レンガの道を正装した5人の男女が歩いている。
モヒカン頭の大男。
銀に輝く白雪色の長髪と高い背が特徴的な女。
メガネをかけた細身で理知的な男。
小柄だが無駄のない脚線美の女。
目つきの悪い金髪の青年。

「おそいっ!!」
「悪い、悪い。マシューの工房に寄って来たら遅くなった」
「ごめんなさい」
モヒカン頭の大男、ディーノ・ベッテンドルフと長身の女、ロレーラ・レーンが答える。
「なにカリカリしてるんですか、ソフィア女史」
「カリカリなんかしてないっ!」
「その年でもう更年期障害か」
「トマス、あんたぶっとばされたいわけっ!?」
メガネの男、トゥーサン・プーサンと目つきの悪い金髪青年、トマス・オルディアス。
「私先に着替えに行くね」
「いってらっしゃい、アネッテ」
一人会場へと走り去る小柄な女性は、アネッテ・エドベリ。

5人は、かつて音楽院で共に学び研鑽を重ねた学友であった。
各々が選んだ音楽家としての姿。
それは、かつての自分よりすこしだけ誇らしい自分、夢に一歩近づいた自分の姿だった。

「あー、続きはコンサートが終わってからにしろ」
「そうですね、ソフィア」
「わかってる。・・・あんた達が今日まで何してたか、見させてもらうわ」

「まかせとけって」「はい」「あー、はいはい」「ふん」

返事はてんでバラバラだった。
けれど、一様にその眼差しは一点の曇りもなかった。




ここは音楽の研鑽厳しい激戦区にしてパラダイス、詩歌藩国。
世界から様々な音楽が集う地にして新しい音楽が誕生する地。



★特設コーナー★


詩歌藩国出身のアイドルを紹介するぞ!


神楽・詩歌

箱入り娘。運動が苦手でややどんくさい。
今までは神殿で歌っていたので歌唱法とかがなんかちょっと違う。
天然ぽさは実は計算…?
t:要点 = ツインテール,ぱっちりお目目,天真爛漫な雰囲気
t:デビュー年齢 = 13

アイドル 神楽ちゃんの歩み(きみプロの該当ページを別窓で開きます)

ロレーラ・レーン

基本的に真面目な努力家だが、どんくさくて世渡りが下手。
人前で話すのは苦手だが、41火プロのスカウトに声をかけられ
いつの間にかアイドルを目指すことになってしまった。
t:要点 = 背の高い,赤面症の,無口系
t:デビュー年齢 = 18

アイドル ロレーラ・レーンの歩み(きみプロの該当ページを別窓で開きます)

ソット子

詩歌藩国の観光名所、ソットヴォーチェのいる湖でいつも読書をしている少女。
ちょうどそこに通りかかったスカウト(もしている弱小事務所のP)が一目惚れして口説き落とし、アイドル候補生となった。
いつも音楽院の制服を着ているので、おそらく音楽院の生徒だと思われる。
また、黙っていればそれなりに可愛いが、会話の時間跳躍がすさまじい。
無表情のまま謎のうんちくを垂れ流すため、意思疎通に若干のコツがいる。
それ以外の経歴は詳細不明(名前と年齢は自己申告だった)。
だが、そういうミステリアスなところもかわいいよねということで突っ込んだ話は(Pの独断で)おいおい聞いていくことになった。
t:要点 = 短い海色の髪,背の低い,無感動な表情
t:デビュー年齢 = 15

アイドル ソット子の歩み1(きみプロの該当ページを別窓で開きます)
アイドル ソット子の歩み2(きみプロの該当ページを別窓で開きます)


明日のアイドルは・・・君だ!



スタッフリスト

竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン
士具馬 鶏鶴
鈴藤 瑞樹
星月 典子(アイドル神楽設定文)

星月 典子 鬼才チェンバリスト
岩崎経  星の楽譜 音符に彩られた窓
竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン 表題 アイドルだって・・・音楽家だ!!!
編集
竜宮・司・ヒメリアス・ドラグゥーン