※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ConvexGeometry」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

ConvexGeometry」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 #divclass(modif){更新日:&date(), r58}
 #divclass(hd){#hr()}
 #divid(d0){}
 (わかりやすくするためにワイヤーフレームなども一緒に表示。)
 
 ***説明
 >&b(){THREE.ConvexGeometry ( vertices )}
 凸包(3次元)を作る。頂点を与えると凹みのない立体を作ってくれる。埋没した頂点は削除される。
 上例は10コ点を与えたもの。緑の点は埋まってしまったので削除された。
 
 乱暴に点投げても適当につじつま合わせてくれるので便利そう。
 
 ***パラメータ
 :''vertices'' <array of vector3>
 |頂点ベクトルの配列。
 
 ***例
 ジオメトリ作ってマテリアルと合わせてメッシュにしてシーンに追加するまで。
  // 頂点ベクトルの配列
  var vertices = [
    new THREE.Vector3( 4.10, 5.91, 1.26),
    new THREE.Vector3( 2.57, 3.15,-4.73),
    new THREE.Vector3(-4.34, 6.78,-1.73),
    new THREE.Vector3(-6.64, 7.33, 6.75),
    new THREE.Vector3( 5.55,-7.44, 3.57),
    new THREE.Vector3(-5.42, 2.91,-6.98),
    new THREE.Vector3(-3.02,-5.97,-5.32),
    new THREE.Vector3( 0.00,-2.00,-2.00),
    new THREE.Vector3( 2.00, 0.00,-2.00),
    new THREE.Vector3(-2.00, 2.00, 0.00)
  ];
  
-  var convex = new THREE.Mesh(
-    new THREE.ConvexGeometry( vertices ),  // 与えられた頂点から凹みのない立体を作成
-    new THREE.MeshLambertMaterial( { color: 0xff0000, transparent:true, opacity:0.6 } )
-  );
-  scene.add( convex );
+ var convex = new THREE.Mesh(
+   new THREE.ConvexGeometry( vertices ),  // 与えられた頂点から凹みのない立体を作成
+   new THREE.MeshLambertMaterial( { color: 0xff0000, transparent:true, opacity:0.6 } )
+ );
+ scene.add( convex );
 
 
 
 
 #include(-g_convex)
 //.