あんさいくろぺでぃあマビノギWIKI

NPC/ガイレフ

最終更新:

uncyclopediamabiwiki

- view
だれでも歓迎! 編集
#shadowheader

セイマス

#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。

#ref error :ご指定のページがありません。ページ名を確認して再度指定してください。
位置 ドラゴン遺跡発掘場 職業 発掘場の現場監督兼作業員
バイト -- 好きな贈り物 ワイン
改造 -- 修理 --
販売アイテム クエストスクロール(パーティ)
Seumas 「コボルト語……はぁ……息を切らすこと……
はぁ……ちょっとだけ習えば……はぁ……誰でも……はぁ……できます……。」
メイキング 髪:スポーツ 目:やさしい目 口:真剣 肌:?
装備 バンダナ 大工用作業服 スタンダードグローブ レザーブーツ ツルハシ

ガイレフの坂道には、古代に作られたと思われる巨大な竜の石像があります。この竜の石像を傷つけずに発掘するのは大変難しいことです。この作業をしているのがバンホールの鉱夫、セイマスです。ショーンが口癖のように会いたいと言っている、そのお父さんです。どうしてセイマスがそんな大仕事を一人でやっているのだろうか……、と思う人も少なくないでしょう。元々、この石像の発掘作業はセイマス一人がやっていたわけではなく、コボルドたちと一緒にしていたそうです。古くて傷つきやすい遺跡を発掘するには、人より掘削作業が上手いコボルドたちを雇うのが良く、コボルドと仕事を進められる人が必要だったのでです。セイマスはコボルドと簡単なコミュニケーションを取ることができたので、この役に選ばれました。 今ではバリダンジョンに住んでいたコボルトたちが、同僚と共にみんな逃げてしまい、結局一人で仕事をしていますが…。

でも、常に笑顔を絶やさず遺跡を発掘しているセイマス。発掘はほとんで終わりましたが、息を切らせながらも笑顔でこれをどう収拾するかを話す彼を見ていると、ショーンが素直に育った理由についても理解ができます。

  • 台詞 「ラララ〜」 「75…76…77…」 「気合入れて掘るぞ!」 「ハァ…ハァ…ハァ…」 「ウッシャ、ウッシャ、」 「あれ?忘れちまった…」 「最初からやり直しだ…」 「この辺りは石が多いな…」 「これくらいどうってことないさ!」 「もう少し…もう少しだけ働いてから休もう…」 「思ったよりはかどってないぞ、このままじゃまずいな…」

コメントフォーム

名前:
コメント: