2006年ドラフト


ドラフト結果


  • 球団史上最も成功したドラフトである。「ドラフト当たり年」と言う人もいる(まだ7回しかやったことないが)。
  • この年の目玉は、なんといっても甲子園を沸かせた田中将大である。
    彼は指名されればどの球団でも入ると表明しており、プロ全球団の指名候補になっていた。
  • もちろん、戦力不足に悩まされていた楽天も当然のごとく1位指名。結果、4球団による抽選となった。
  • そして迎えた運命の抽選。神の手を持つ男、島田球団社長はその力をいかんなく発揮し、みごと交渉権を勝ち得た。
    球団社長が一躍ヒーローとなった瞬間である。
  • なお、これを記念して「黄金の右手ストラップ」が発売された。さすがと言うほかない(参考リンク)。

  • また、この年指名した選手のほとんどが主力選手となっている。
  • つまり、チームの勝ち頭2人と正遊撃手と未来の正捕手候補を一気に手に入れたことになる。
  • こうなったら、ぜひとも山本と横川にも覚醒してもらいたい。
最終更新:2011年05月13日 00:06