ウェールフープ発電所

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフープ発電所(理:La werlfurp-jetlaoseal,LWJ)はウェールフープのNy管理論に従って設計されたWP発電を行う構造物であり主にイステードウェール式のWPo状態をNy間の中で移行することによって得る熱で蒸発した水蒸気を利用してタービンを回すことで発電を行う。

概要


ウェールフープ発電所はクワイエ国で急速に研究が進んだが、戦争とその後の復興により予算が無く不幸な道を進んだ。しかし、ユエスレオネではこの研究の結果からNy管理論に従った小型の発電実験装置の稼動にphil.2002年にフェーユ・シェユが成功するがこの頃、安全性の不安から各シェユは導入を断念した。しかし、phil.2003にユエスレオネ連邦総務省電力開発院ウェールフープ発電保安委員会が「安全な発電に成功」と発表し連邦で初めてこれが実用化されphil.2007年には旧発電炉の廃路が完了し連邦の電源は全てウェールフープ発電となった。

原理と特徴


ウェールフープ発電はNy管理論に基づいてNy管にウェールフープを循環させることで発熱させそれで水蒸気を発生させてタービンを回す。この関係でWP線が発生するため炉外は何重もの防護壁とイールドで囲まれている。特徴としてはウェールフーポを循環させていれば燃料など消費無しに無限に電気を作れる所である。

問題点


WP圧理論学者は「旧時代のNy管理論に基づいて作られた建造物であるため何時どんな動作をしてもおかしくはないと発表したが政府に反応は無かった。DAPE時代にフラストジーケーンWP発電所事故が発生し数万人もの人間がWP線によって死亡した。これによってウェールフープ発電所の安全性に異議を唱える派閥が成立しWP発電推進派と反対派による攻防は今も続いている。

フラストジーケーンWP発電所事故

phil.2010年9月11日、反連邦レジスタンスが発電所に侵入、WP炉建屋、事務管理室に侵入し銃を乱射する事件が起きた。この事件で21人の作業員に死傷者が出たが点検の結果、侵入された第一号炉に異常は見られなかった。

しかし、10時間後に一号炉冷却系の80%が破損し冷却機能を失った。このためにNy管の温度は上昇し続けた。伝熱板の温度異常のためにLNDA(自動制御装置)が作動。自動的にイステードウェールの少量排出機能が作動を開始したが操作室へアラートが出たに所員が誤ってWPC(強制復帰装置)を稼動させたために移送用Ny管が超高温のイステードウェールに曝され破損、イステードウェールが容器を溶かして下の循環系に接触し、水蒸気爆発を起こした。爆発の影響でNy管を急速に通ったイステードウェールにより強力なWP波が発生し管理室を破壊しフラストジーケーンの町をWP波が襲った。これにより数百万人もの人々に影響が出たと共にウェールフープ発電所の安全性についても疑問が出た。
最終更新:2014年12月17日 00:12