ウェールフーポ死

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフーポ死とはウェールフープ医学の概念の一つ。




概要

体内の持続的固有ウェールフープ学的魔法制限値を超えてWPを発動させたがためにWPが出来なくなってしまった状態を指す。ケートニアーにとっての一時的な間接的致命傷であり危険な状態である。この状態ではネートニアーと同じように体が回復することはない。このためにウェールフーポ死の状態でウェールフープ攻撃を受けることは非常に危険である。

ウェールフーポ死で死んだケートニアー

Ales.xal

Kranteerl y io xalでファルカスとの戦闘時にウェールフーポ死を発生させ通常では死ぬ事の無い状態で死亡した。
最終更新:2015年04月14日 14:14