ウェールフープ医学

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフープ医学(理:Werlfurpu'd lankirl/WPL)とは、ウェールフープの効果を疾病の予防、診断、治療に応用する方法を研究する学問である。

概要

ウェールフープは古くから医療に利用されており、アドルプド時代からその系統の技術を持つ人間はイコウカー・セル(ikouker cel)と呼ばれ尊敬されていた。後にADLPのAflicazan.leviaがPhil.45年に出版した「ウェールフープ医学研究報告」によって造・発モーニ体の存在が明らかになりケートニアー・ウェールフープ医学は発展を進めていった。

学派

ウェールフープ医学にはAflicazan.leviaのウェールフープ万能治療化を目指したレヴィア学、ケートニアーの治療を中心としたケートニアー学などが存在する。

関連項目

最終更新:2015年07月27日 17:02