ボントック族

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボントック族

  • フィリピン・ルソン島北部の山岳地帯に住む。
  • プロト・マレー系である。もしくは古マレー系である。
  • 総人口は2011年現在、3万人以上いるという。


ボントック族

  • 南方モンゴロイドである。
  • 背は高くはない。手足は短く指も短い。
  • 非常に大きな頭をしている。
  • 一般的なマレー系より髭が濃い。体毛は薄い。
  • 身長の割に面長である。
  • 歯は普通。新マレー系より小さい歯を持つ。
  • 目は大きな目の二重が多い。肌は湿っている。
  • 体毛は基本薄い。髭も基本薄い。眉毛は基本薄い。
  • 髪の毛はストレートから天然パーマまで。基本はストレート。髪は湿っている。
  • 唇は厚い。口は小さい者から大きい者までいる。
  • 鼻は高い者もいるが低い者も多い。
  • 血液型はO型89%、A型6%、B型5%。
  • 頭は短頭(頭の前後が短い)。
  • 農耕民である。畜産も行う。ごく一部狩猟。
  • 人に対する首狩りや、動物の生贄などの文化がある。首狩りは現在は行っていないとされる。
  • 独特の信仰がある。