八尾市の責任

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



平成24年7月 及び 平成24年10月
付けで、大阪府より社会福祉法人、保育所、etc の認可、定款変更、報告徴収・検査、業務停止命令、解散命令等の業務権限が八尾市に移譲されております。

ですが、八尾市の平野佐織(ヒラノサオリ)副市長をはじめ、各市議会議員や、子ども未来部職員、地域福祉部職員、ともに私達保護者に対しては、
『八尾市には認定こども園や社会福祉法人に対して、指導監査する責任も権利も一切無いんです。その中でなんとか頑張って【さくら会】とは交渉を行いました。ですが、無理だったんです。』
など、という説明を何度も繰り返ししております。

この説明をどのような意図でしているのか理解しかねますが。

  1. 中核市という制度を理解しておらず、自分達の責任と義務を理解していない。

  1. 制度や義務を理解しているが、保護者に誤った判断をさせる為の説明として、「自分達には何も出来ない。」と言ったのか。

説明の裏にはこのどちらかの意図が含まれていたと私達は考えております。




名前:
コメント: