小技

ここではデュエルリンクスの小技・豆知識について記述する。

ジェム拾い

デュエルワールドにあるゲートエリアの噴水、コロシアムエリアの電灯、ショップエリアのショップの屋根、デュエルラボエリアのゴミ箱はタッチするとたまに演出が入り、ジェムを1個or3個or5個手に入れることができる。(1日1ヵ所につき1回まで。連打は無意味?)
演出やオブジェクトはDM、DSOD、GX、5D'sのデュエルワールドによって多少異なる。

相手の伏せカードを推測する

相手が発動タイミングを満たすカードを伏せている時、または手札から発動できるカードを持っている時、砂時計が光る。そのタイミングを見て相手のカードを推測することができる。

豆知識

  • ゲーム内日付の更新は3:00、イベントの更新は14:00。
  • レンタルデッキデュエル、街頭リプレイは毎日報酬がもらえる。
  • ログイン、デュエル後などにデュエルワールドにたまに出現するギフト(「!」マーク)からはゴールドやゲート・キー、色付きゲート・キーがもらえる。
  • アップデートのインストール中にはクイズが出題され、任意で答えられる。また、今までの累積正答数が右上に表示される。
  • ニューロン?(画面左上のマーク)回復は1つにつき30分必要。ただし最初の1つは短い模様。
  • 画面でキャラ→デッキとタッチすると、デュエルラボへ行かずに使用キャラやデッキの変更を行える。
  • デッキ編集画面からURLを発行してフレンドとデッキを共有できる。他ではリプレイ・ルームの共有などもURL発行で可能。外部サイトにも貼り付けられる。
  • 画面下に4つ並んでいるエリア切り替えボタンは2回連続でタッチすると直接エリアのオブジェクトに入れる。
  • デュエル開始前に画面右上のデッキ情報をスライドすると使用するデッキを変更できる。
  • まだゲットしていないデュエリストは斜線で表示されているが、その色は現在選択中のデュエリストのデッキと同じ色である。
  • 名前の色はランク戦でプラチナランクになると橙色、デュエルキングになると赤色になる。ゴールドランクまではずっと灰色。
  • グローバルチャットでも名前をタッチすればフレンド申請やその人の保存したリプレイを見ることができる。
  • モウヤンのカレー店はコロシアムエリア左手の建物2F。
  • DMワールドのデュエルラボエリアの吊り看板にクリバンデットがいる。
  • カード変換は一度に30枚まで。
  • カードとジェム以外のアイテムは所持上限を超えると削除される。
  • チケットは一度に6枚まで交換可能。
  • イベントは繰り返し行われるものもある。というか多い。
  • イベント終了をまたいで行われたイベントデュエルの結果は無効となる。
  • カードの並び順は、儀式→効果→通常→魔法→罠。融合→シンクロ。その中でもUR→Nの順に並んでおり、さらにモンスターではレベル高→低の順がある。そして1番細かく見ると全てリリース時期順で並んでいる。
  • カードのあいうえお順は、記号・数字・漢字など関係なく読んだ音の順番となっている。また、「ー」は「あ」より前、「ヴ」は「う」として扱う。
  • モンスターの属性毎に攻撃時のエフェクトが違う。
  • デュエル中、手札のカードは長押しで拡大表示できる。
  • 墓地に存在するカードの説明文の左上にマークがつく場合がある。マークは重複できる。
    • 戦闘破壊されたカード:ナイフでカードを破ったようなマーク
    • 融合素材となったカード:背景に水色のうずまき、橙色のモンスターのマーク
    • 特殊召喚不可能:カードから光が上っている絵に禁止のマーク
    • 効果使用済み?:カードの絵が光っている所に禁止のマーク
    • 墓地効果発動可能?:カードに矢印のマーク
  • 過去に《陽炎獣 スピンクス》の効果で特殊召喚する時にモンスターを選択しても、選択肢の一番左のモンスターが守備表示で勝手に召喚されるバグがあった。
  • デュエル報酬でもらえるアイテムのレアリティは、パック・宝箱ともに通常→金色→虹色の順で高くなる。
  • アイテムではUR宝玉、SR宝玉、ニューロン・コード、各種ブースター、各種エクストラは入手が限られるので選択して獲得できる時は参考に。ただし、ジェムが最も使用頻度が高い。逆に色付きゲート・キー、R宝玉、各種石はそれほどでもない。EX宝玉はイベント時のみ獲得可能。
  • 最速LIMIT入りは配布では《カイトロイド》の25日、パック産では《A BF‐驟雨のライキリ》の29日。
  • デュエルリンクスに未OCGカードで実装されたのは《おジャマンダラ》が初。
    未OCGカード一覧(おそらく実装順)
    • 《おジャマンダラ》
    • 《マッハ・シンクロン》
    • 《シンクロ・スピリッツ》
    • 《縛られし神への祭壇》
    • 《アルカナフォースⅩⅡ‐THE HANGED MAN》
    • 《ザ・マテリアル・ロード》
    • 《ザ・スピリチアル・ロード》
    • 《ザ・ヘブンズ・ロード》
    • 《ディストレイン・カード》
    • 《プラズマ戦士エイトム》
    • 《アーマード・ホワイトベア》
    • 《聖騎士の盾持ち》
    • 《聖騎士の槍持ち》
    • 《花騎士団の駿馬》
    • 《ケンタウルミナ》
    • 《カイトロイド》